スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄貴な彼女

2006年05月20日 08:21

 色々なサイト、ブログを徘徊していて気づいたんだけどね。
 ゲイのスケートファンの間で、何気に彼女、今ブームみたい。

ジョ兄ぃー! カナダのジョアニー・ロシェットです。
 トリノでは5番。 世界選手権は何番だった?
 予選1位から、坂道を転がり落ちるリンゴのごとく自爆ったFSだったのは覚えてます。

 顔も綺麗だし、演技も綺麗。
 きれいなだけで終わってしまう女子選手が多いなか、彼女はしっかり地位・ポジションを確立しました。

 美川ケンイチと仲良しな神田うの的、というべきか。
 (この場合美川さんの役は、振付のデヴィッド・ウィルソンのパート)

 色んな意見を聞くと、彼女の「マッチョさ」が支持を集める理由のようです。
 つまり、キーワードは筋肉、ってね。

 実は去年、ゲイのファンじゃなくって、女性のスケートファンの方とロシェットのことで盛り上がったことがあります。ちょうど「火の鳥」を演じて、お尻を突き出すポーズで驚かせてくれたときだったけど。そのファンの女性、こう言ったんですよ。

 彼女は、筋肉に色気がある

 名言だなぁ、と妙に感心しましたよ。
 「さすが!」な言葉えらびと思いました。

 ここ数年「美」の価値観の幅が随分と広がったような気がします。
 女性的な美。草木などの自然美。
 その中に新しく仲間入りしたのが「筋肉美」じゃないでしょうか。
 筋肉モリモリ…までいかないにしても、一生懸命汗かいて、何かを極めようと思う人の姿って、尊敬の対象にはなりえても、「美」にはあっさり結びつかなかったんじゃないかな、と思います。尊敬の対象にすらならず、結果が出なかった場合には「筋肉を持て余す」と嘲笑され、寂しい後姿が滑稽に映ることもあったはず。

 いやはや。筋肉美って市民権を獲得しちゃいましたね。

 マッスルマッスルしてなくても、さりげなく覗く腕だったり、背伸びしたときに顔を出す割れたおなかだったり。男性ヌードも珍しくなくなってきて、「次はなんだ?」と思ったら、女性の筋肉。もちろん、メディアに頻繁に登場する女性セレブリティのドレス姿は優雅さ、豪華さを前面に出すものだけれど、かすかに覗く部分はキュっと引き締まり、呼ばれ方も「二の腕」ではなくて必ず「上腕二頭筋」。

 男性美=逞しさ
 女性美=柔らかさ

 こうイコールで結びつける時代も終わりつつあるんでしょうね。
 ロシェットの筋肉、「うわぁ」と声は洩れてしまうけれど、滑稽では決してありません。ただ、”優雅な”女子シングルの中では異色の存在かも。イメージと実体との差、がね。

 女子スケーターの筋肉美がアリとして、僕が次に望むものは、これ。

 逞しい男性のしなやかさ。

 ムロフシコージにバレエのチュチュを着せようとは思わないけど、茶道、華道に興じる姿を見たら、また新しい美のジャンルが出来るような気がします。

 なにかあるたびに彼を持ち出す自分。
 よっぽど「ムロフシ萌え」なんだな、と再認識しました。

スポンサーサイト


コメント

  1. エマ@ケータイ | URL | 79D/WHSg

    ジョアニー最初に見た頃は今みたいにマッチョじゃなかったし、グラマーな選手と思ってたのだけど、
    ジャンプを勢いよく跳ぶタイプだったから、細身優雅系よりは筋肉美にいってくれた今のほうが個性的でいいなと思いますね(^^)
    女性の筋肉美ではアイスダンスのリタさんの二の腕が好きでした(笑)。

  2. おロシア人 | URL | 79D/WHSg

    友達が「一つずつのパーツはめちゃくちゃ美人なんだけど、全部合わせると何かがちがう」と叫んでました。やはりあの筋肉美のせい?こるぴーも筋肉美人(文字にするとすごいわね)ですよね。ギリシャ彫刻的っつうのともチガウ。ナイスなネーミングありませんかねぇ?

  3. Plutake | URL | 79D/WHSg

     Worldの予選でチームメイト3男子選手が悲しい出来だっただけに、ジョアニーの演技で兄貴(笑)なところを感じてしまいましたわ。
     Japan Openの女子メンバー、ジョアニーを含む半数は筋肉美の選手だと思いましたが、怪しい意味でなく安心して観る事が出来るところです(^^)。

  4. ふらこ | URL | 79D/WHSg

    ジャパンオープン観てきたけど、
    ジョアニーが一番良かったんだよ。
    ムロフシコージって、そんなスケーターいたっけ?と
    しばらく考えちゃった。

  5. 黒子 | URL | 79D/WHSg

    一応現体型からの脱却を図るとのうわさもありましたが。。
    筋力の目的は3+3(or+half~+3S)のためだったとしか
    想像できないの私だけ? 

  6. フレディのパパ | URL | 79D/WHSg

    ▼エマさん
    初めて見たのは2003年の世界選手権でした。
    強烈な印象を残してくれたのは翌年の世界選。
    ドルトムントの会場でFSはショートサイドからの観戦だったんだけど、
    最後の3-3へのシークエンスに向かう助走のスピードに
    たまげたものです。あのプログラム好きでした。
    キレイなだけじゃなくてパワフルさもあるし、
    大好きなスケーターのひとりですよ(^_-)

  7. フレディのパパ | URL | 79D/WHSg

    ▼おロシア人さん
    筋肉美人…(笑)
    でも、競技エアロビクスの選手なんかと比べると
    まだまだ柔らかな雰囲気はありますよね。
    一度「女子ボディビルディング」の試合を見たことが
    あるんだけど、顔まで筋肉でちょっと怖かったです。
    たまたま旦那の実家に帰省してて、夜遅くその試合が
    放送されてたのです。夢に出てきそうと、見始めて後悔しました。

  8. フレディのパパ | URL | 79D/WHSg

    ▼プルタケさん
    カナダ男子3人って、えーっと…(一応自粛)
    ジェフと仲良しみたいで一緒のオフ写真も見るけど、
    そのへんの女友達を見てるみたいで微笑ましいです(爆)
    冗談は置いといて、ジョアニー。
    別に兄貴ーとは思わないけど、力強さは感じます。
    少女でもなくて、かといって完全に完成されたわけでもなくて、
    今後もますます期待出来そうです。来季が楽しみだね。

  9. フレディのパパ | URL | 79D/WHSg

    ▼ふらさん
    ジャパンオープン行ってきたんだ!
    ミス一個くらいであとはすごく良い出来だったと聞きました。
    カルガリーでは「久々にカナダ女子のメダル!」っていう
    プレッシャーに負けちゃったようで気の毒でした。
    室伏さんがシングルってのは想像つかないね。
    滑るとしたらペア競技でしょーか。
    ショートサイドから反対側のショートサイドまで
    軽ぅ~くスローイングしてくれそう。
    「スローイング7サルコウ」くらい余裕じゃない?(笑)

  10. フレディのパパ | URL | 79D/WHSg

    ▼黒子さん
    筋肉はジャンプのため?(笑)
    僕も詳しいこと全然わからないけど、どうなんでしょうね。
    上半身、腕の鍛えられ方がすごいなと思わされるけど、
    彼女の滑りで僕が好きなのは、背筋だったり、足元だったりします。
    すごく安定してますよねぇ。来季はどんなプログラムを滑るんだろ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/83-21197dec
この記事へのトラックバック

シャマリナ ウンダバダで GO!!!

ジャンプのパンクもミスと考えるとノーミスの選手がいないし、順位も入り乱れ、凄い試合でしたね、カナダ大会。結果は[http://www.isufs.org/results/gpcan06/ こちら]男子は、オールバック短髪王子がジャンプミスを連発して、SP首位から陥落(総合2位)。...



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。