スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯男子-日本表彰台独占

2006年12月04日 04:42

 女子の表彰台独占はある程度予想されていたこと。
 しかし男子の表彰台独占に関しては、
 「まだ難しいんじゃないか」
 と個人的に思っていたのだけれど。

 世界各地で行われる試合の結果をリアルタイムで追うのは、
 時差の関係もあって、必ずしも出来るとは限りません。
 こちらの時間で深夜・早朝に行われるときなんて、
 「起きてようか、一旦寝ようか・・・」
 と迷ったり、翌日のことを考えて結果を追うのは諦めたり。

 NHK杯最終日、男子シングルFS。
 日本時間ではお昼の1時開始。
 こっちの時間では午前4時。
 部屋のあかりを付けたまま横になり、
 念のために午前5時に目覚ましをセット。

 けれど、必要ありませんでした。
 結局ずっと起きてたから。
 ってわけで、今日の起床時間、昼12時ちょっと前です(苦笑)

 織田くんが160点を超える高得点を叩き出したときには
 「あ、ダメだろうな」
 なんて思ってしまいましたが、
 この試合の高橋くん、強かったですね。
 まだ演技は見てないんですが、この後動画を探しに徘徊する予定。
 久々に4回転を降りたのも凄いことだけれど、
 このプレッシャーの中、ほぼ完璧に滑りきった心に感服。

 高橋1位、織田2位、小塚3位。
 長野に観戦に出かけたお客さんにとって、
 今日は忘れられない1日になったんじゃないでしょうか。
 そして、表彰台独占の記事を読みながら、
 ふと頭をよぎったのは、本田武史くんのことでした。

 長年日本男子を引っ張ってきた・・・
 というよりは、 ひとりで世界と戦っていたエース。
 2002年に高橋くんがジュニアの世界王者になり、
 2005年には織田くんが、翌年は小塚くんが、
 と 女子だけではなく、男子の層の厚さも注目され始めました。

 現役最後の年となった昨季の本田くんは、
 正直、見ていて苦しくなるほど痛々しい姿でした。
 ピークを過ぎた選手と、成長過程で勢いに乗る若手。
 最終選考会の全日本ではSPで出遅れ、
 FSでも挽回しきれずに現役生活にピリオドを打った彼ですが、
 最後の瞬間に見せた泣き顔と笑顔が混じった表情には、
 自分も、こみあげてくるものがありました。

 高橋、織田両選手が今、
 高いレベルで競い合うことが出来ているには、
 本田武史くんがいなかったらありえなかったこと。
 上手くは説明出来ないけれど、僕はそう思っています。

 本田くんが初めてNHK杯の表彰台に上ったのは1998年の札幌。
 初めて優勝したのは2001年の熊本でしたっけ。
 なんだか、ついこの前のことのように思い出されます。

 NHK杯で勝ったからといって、即世界選のメダルに・・・
 とはならないだろうし、正直厳しい試合になるでしょうが、
 チャンスは見えてきましたね。現実味を帯びてきました。
 東京には2人の選手が派遣されます。
 その2人が世界選でも揃って台に上がったら、
 夢のような光景ですね。

 2週間後にはグランプリファイナル。
 ジュベール、ライサチェクらがライバルとなる試合。
 試合続きで疲労もたまってきてるでしょうが、
 シーズン後半の大きな選手権に向けて、
 ファイナルでも世界のファンを驚かす滑りに期待します。

 ファイナル進出を決めた高橋くん、織田くん、
 シニアデビューのシーズンでGSのメダルを獲った小塚くん、
 3選手ともお疲れさま。そしておめでとう。

スポンサーサイト


コメント

  1. おロシア人 | URL | 79D/WHSg

    今から長野を出ます。本田くんが「明日は歴史に残る日になるかもしれません」と嬉しそうに言った時には…
    「ええ~そんなこと、ああた、ちと難しいのでは?」と思ったんですが…やって下さいましたね。
    よかったです。
    五十嵐さんも喜んでいました!

  2. おばちゃん | URL | 79D/WHSg

    大輔君、何が一番変わったと思います?
    顔つき、これが一番、8・0です。
    兎に角目が澄んでました。緊張の中にも自信が
    溢れてる。よほど練習したのでしょう。
    昨日の演技が今後も続くことを祈ります。
    小塚君の爽やかさにはこのおばちゃんも
    やられました。有香さんのお言葉を
    お借りすれば、会場の空気を本当に爽やかにしてくれました。

  3. ゆりっぺ | URL | 79D/WHSg

    いや~~~すごかったですよね!!
    本田くんの頑張りが・・・というのは、確かにその通りですよね。
    彼の世界選手権銅メダルのときは、すごく嬉しかったです。
    男子ひとりで頑張ってる時代から、のぼってきたなぁ・・・。
    ファイナル、世界選手権、楽しみですね!!
    小塚君もこれから楽しみです~~~!

  4. Hiro (master) | URL | 79D/WHSg

    ▼おロシア人さん
    NHK杯の解説は本田くんだったんですね。
    「NHK杯=五十嵐文男」の方程式が自分の頭の中にありますね(^^;
    ▼”おばちゃん”さま
    高橋くんの演技ですが、FSに関しては自分、
    去年のラフマニノフのほうが好きなんですよ。
    ただたんに自分の好みの曲だ、という理由なんですけどね。
    ただ強気でいくだけじゃなくって、
    強気でいられるだけの自信は、去年以上に増えたんでしょうね。
    FSの動画見ましたが、頼もしい演技で感服しました。

  5. Hiro (master) | URL | 79D/WHSg

    ▼ゆりっぺさま
    こんにちは(^_-)
    レスが大幅に遅れてしまいましたが、
    ホント、凄かったですね。
    この日のお客さん、ラッキーだと思います。
    世界選手権でのメダルは、70年代の佐野さんがいますが、
    ここ最近では本田くんしか手にしていない勲章ですね。
    自国のワールドでの表彰台、夢ではなくなってきましたが、
    まずは自分の力を発揮出来ること、そしてそれがメダルに
    繋がれば言うことなしですね。本当に楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/8-4392b5bf
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。