スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトハウスのJapanese American

2006年07月03日 08:00

Japanese American 小泉首相、日米首脳会談のため訪米中のようですね。
 エルビス・プレスリーの邸宅を訪れるなど、楽しまれてるご様子。

 現地時間で6月29日、ブッシュ大統領夫妻主催の公式晩餐会が行われて、日本と関わりのある人たち、日系アメリカンの人たちも招待されたとのこと。ゲストリストの一部を見て、思わず「へぇぇ・・・」。僕が見ただけで4人、冬季五輪で頑張ったスケーターも招待されました。

 彼らに加えて宇宙飛行士の野口聡一さんも招待されたとか。
 写真を探してみたんですが、見つかりませんでした。

井上玲奈&ジョン・ボールドウィン 井上怜奈ちゃん、あぁ、そうかぁ。
 トリノ五輪を前にしてアメリカ国籍を取得したんでしたね。
 だから五輪に出場出来たわけだけど、ちょっと切なくなるのは、彼女の場合、「アメリカ国籍を取得した」のであって、「アメリカ国籍・・・」ではないから。

 クリスティは日系3世?4世?
 オーノ選手は、お父さんが日本の人だとか。
 で、怜奈ちゃんは、ご両親ともに日本人。
 じゃあ、彼女が一番日本に近い日系人?

 といっても、怜奈ちゃんがジュニアの頃から見てきたファンとしてみれば、彼女がアメリカ国籍を取得したからといって、「あ、アメリキャ~ンなレナ!」と認識を切り替えることは出来ないんですよね。

 1992年のアルベールビル、1994年のリレハンメルには日本の代表として参加。2003年の世界選手権からは米国人のパートナーと組んでアメリカ代表で滑り、2006年彼女自身3度目の五輪はアメリカ人として出場。普通のスケーターの何倍、何十倍も密度の濃い競技生活を送ってきたのでは、と思います。リンクを離れたところで色んな悲しみを克服してきた彼女にとって、昨シーズンは全ての苦労が報われたシーズンだったことでしょう。ペア史上初めてのスローイング3アクセルを五輪、世界選手権で成功させるという快挙もありましたね。

 クリスティやオーノ選手みたいに金メダルは持っていないものの、「アメリカで頑張るジャパニーズ」として称えられた結果のホワイトハウス。政治のことは全然わからないので、こう言ってもOKなのかな。「おめでとう」って。
 どんな食事がサーブされたんだろ。
 晩餐会でのドレスも含めて、公式サイトの更新が待ち遠しいです。

【余談】
 夏のスポーツでも頑張ってる日系選手多いです。
 最近活躍してる人だと、陸上のブライアン・クレイ、とか。
 去年の世界陸上で優勝はしたものの、実は自分、喜んでませんでした。
 だって、自分のお気に入りのチェコ選手(ロマン・シェブレ)を負かしての優勝だもんね。
 ここでは国籍が全てではないってことは、スケートファンの間では常識でしょうか(笑)。

■参考リンク


政治ニュース - 6月30日(金)13時2分

悪との闘い、盟友を見捨てぬ=大統領主催の公式晩さん会-小泉首相

 【ワシントン29日時事】小泉純一郎首相は29日夜(日本時間30日午前)、ホワイトハウスで開かれたブッシュ米大統領夫妻主催の公式晩さん会に出席した。
 冒頭、大統領は「わたしたちの親しい友情は日米の強い同盟関係で生まれる」と首相との盟友関係を強調。内外での人気ぶりや独特の髪形に言及し、エルビス・プレスリーに「いろんな意味で似ている」と持ち上げた。
 これに対し、英語でスピーチした首相は、初老の保安官が1人で無法者と闘う西部劇映画「真昼の決闘」を引き合いに出し、「悪に立ち向かうときに米国は1人ではない。日本は常に米国の味方だ」と述べ、会場を沸かせた。
 晩さん会には宇宙飛行士の野口聡一さんや女子フィギュアスケート金メダリストのクリスティ・ヤマグチさんらも招かれた。(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060630-00000057-jij-pol

スポンサーサイト


コメント

  1. サマンサ | URL | 79D/WHSg

    個人的にはブライアン・セッツアーが演奏していたり、リサマリー・プレスリーがいたのが印象的でした。リサマリーは現在の夫との結婚式を日本で挙げています。
    セッツアーに関してはブッシュ嫌いが多い業界だけど、あんたは平気なの?とちょっと心配。民主党で演奏するのは喜ばれても、共和党のパーティーだとなんかバカにされる印象があるので…。

  2. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ホワイトハウスで・・・とはいえ、呼ばれる人たちが
    政治的な価値観を推測されるのも気の毒かなぁ、と思います(^^;
    詳しくは知らないけれど、ミシェル・クワンがデートしている男性、
    彼の父親は共和党の有力議員さんらしいじゃないですか。
    そこで「ミシェル=共和党支持者」って批判(?)するファンも
    居るようですが、「父親が共和党の人だからって彼、そして
    彼とデートするミシェルまで共和党・・・」という発想は
    好きじゃないですねぇ。

  3. サマンサ | URL | 79D/WHSg

    いや、私は批判しているのではなく、B・セッツアーのファンなので、変なイヤガラセを受けなければいいがなあ、と心配しただけです。例えば評論家や一般人のブログでイヤミを大量に書かれるとか、もっと酷いこともあるかもしれないし。ただそれだけだったんですけど。

  4. Hiro | URL | 79D/WHSg

    あ、僕のほうこそ誤解まねく言い方でした(笑)
    「批判」じゃなくて、もっと別のことば使うべきでした。
    ごめんなさーい!
    B・セッツァー氏のことは全然知らないんですが、
    確かに嫌味を言われたり・・・もするんでしょうねぇ。
    僕的にはそういうところにお呼ばれするだけで、
    「すごいなぁ」って思っちゃうので(^^ゞ
    そういえば4月に胡錦濤中国国家主席が訪米したときには
    ミシェル・クワンがお呼ばれしてましたね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/66-036fe980
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。