スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレデリック引退

2006年07月29日 01:34

フレデリック&アニック ソルトレイクシティ、トリノの両五輪代表で、長く第一線で活躍してきたフレデリック・ダンビエが昨日、正式に引退を表明しました。引退を決めた理由などがかなり長い記事になって紹介されています。

>>こちらの記事へどうぞ(仏語)

 昨日7月27日は僕(Hiro)の誕生日だったわけですが、彼からのプレゼントは「引退するぜ」のニュースだった…ってことですね(笑)。

 今週末にでも久々に話してみようと思いますが、好意的に書かれた記事の中で、特に感慨深くなった箇所をここでも少し。

 引退を決めたのは今週火曜日。
 右膝に新たな怪我をしてしまったことが決め手。
 サイコロジストとも相談し、
「これ以上現役を続けることは難しい」
 という判断に至った・・・とのこと。

「トリノ五輪以降早く進退をはっきりさせなきゃと思いつつ決断を先送りにしていたのには、まだやれるという気持ちがあったから。けれど、競技スケートからの引退は避けては通れないものだし、長い人生の中の一部分だと思う」

 結果的にトリノ五輪FSが、競技者としては最後の滑りになりました。
 その演技をこの目で見届けられたこと、幸運だと思っています。

 世界選手権でのメダルも、欧州選手権でのメダルもありませんでした。
 そしてフランス国内での大きなタイトルも得ることは出来ませんでした。
 ブライアン・ジュベールの陰に隠れていた感もあったと思いますが、グランプリシリーズでは2度表彰台に上がり(2003年ロシア杯、2004年NHK杯)、世界選トップ10選手として広く認知されていた(と思う)フレデリック。記事の中で彼自身も

「五輪の舞台にも2度立つことが出来たし、グランプリシリーズでも2度表彰台に上がることが出来て、競技生活には満足している」

 と語っています。そしてSLCからずっとナショナルチームのメンバーとして数多くの試合に一緒に出場したブライアン・ジュベールについては

「彼が居なかったら国内チャンピオンになてていたかもしれない。けれど同時に彼が居たからこそ、自分自身を高めていこうという、良いモチベーションに繋がったと思う」

 と、僚友への感謝と賛辞・・・なのかな、が聞かれました。

Frederic Dambier, the best skater (at least for me) スムーズなスケート、音楽表現のセンスには感動させられることが多々あったし、時には妙な振付、疑問符が頭に浮かぶ衣装などで驚かされもしました。それが今後見れなくなる(少なくとも競技者としては)のはもちろん寂しいことですが、28歳になるまでトップクラスで頑張ってきて、酷使し続けてきた肉体をまず癒して欲しい。これが僕の今の気持ちです。

 完全にスケートを止めるわけではなく、来シーズンは仏国内のツアーに参加する予定とのこと。これは嬉しいですね。プロフェッショナルな滑りを見る機会はまだあるようです。そして、休んでいた修士課程に復学し終了したい、と学業での意欲にも満ちているようす。さすが「先生」。

 「後悔はしていない」

 このことばが本当に嬉しいです。
 長年指導したアニックも、愛弟子の旅立ちを喜んでいるんじゃないでしょうか。

 ここでも事あるたびに彼をネタにして、時には皮肉たっぷりの言い回しで好き勝手に書かせてもらっていましたが、これからは「選手である彼」ではなく、選手だった頃の彼、もしくは引退後の彼として、変わらずに登場してもらおう、と思っています。

 フレデリック、ありがとう。
 新しい人生がまた充実したものとなることを心から願います。
 これからもエロディーと仲良く、幸せにね。

 Allez, Frederic!!

スポンサーサイト


コメント

  1. おロシア人 | URL | 79D/WHSg

    トリノ後意外に進退保留のスケーターが多くて油断していたら、(東京ワールドで見納めのつもり)バタバタと引退表明で…N杯のあとポストカードが届いてそれが野原にいるフレドで滑っている写真じゃないのが印象的でした。怪我は大丈夫なのかしら?また情報教えて下さいまし。なんせおふらんす語わかんないんですな…。

  2. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼おロシア人さん
    野原のフレッド・・・(笑)
    そのポストカード、多分僕も・・・(^^;
    慢性的な怪我に、今回の怪我。
    歩けなくなるほどではないみたいで、
    実際昨日かな、一昨日も滑ってる姿を見せたようですが、
    もう一シーズンをフルで頑張るというのは限界だったのかな
    と思います。
    ニュースになってすぐでしたが、メルが届きました。
    「後悔はしていないけれど、すごくヘンな気持ちだ」
    と、「Feeling Strange」を連発してましたね。
    11月のボンパール杯には多分「観客として」会場に行く
    とも話してましたが、その終わりにも「Strange」がついてました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/54-39c6f9a4
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。