スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この笑顔はキミのもの!」

2006年08月09日 09:28

ケビン・バンデルペレン ・・・と言ってるわけじゃないだろうけど、あらまぁ。

 ケビン・バンデルペレンが婚約という噂が流れてます。
 少し前に公式サイトのMBでもちらっと話題になったことですが、今日FSUのほうにもリークされてました。

 ⇒FSU-ケビン婚約のスレッド

 で、お相手ですが、「やっぱそうなのね」な彼女。
 別に深い意味はないんだけど、笑いが止まらない。

ジェナ・マコーケル ジェナです。マコーケルです。
 去年は出番がなかったけど、まだ滑ってます!

 今年の春だったかな。
 彼女練習拠点をベルギーに移したんですよ。
 長年指導してくれたロシア人先生のもと離れて、ケビンの先生に師事することになった、と聞き、そのときにも驚いたんだけど、「そういう」理由もあったわけですねぇ。

ジェナ・マコーケル公式サイトニュース

「男のため」とは言えないもんね(爆)

 ケビンとジェナで思い出すのは2004年のスケートカナダです。
 ヨーロッパから出場した選手の多くは、日曜深夜の便でロンドンに飛び、その後各地へ・・・という帰路だったと思います。ジェナはロンドン近郊の街へ、そしてケビンはベルギーへ戻るために同じフライト。僕らも同じフライトとなりました。

 ハリファクスを出発して1時間ほどの島、セントジョンズ。
 ここを経由してのフライトだったので、1時間ほど休憩。
 機外に出られるわけではないので、暇な時間だったんですが、通路を挟んで僕らの真横にジェナ&ジェナ陣営が座っていたので、再び離陸するまではケビンが僕らの半径30センチのところに居ました。居たっていうか、彼は起立体制だけど僕らは座ってるわけで、ちょうど目の高さにケビンのジーンズ越しの尻があるわけ。嬉しくないわけではないんだけど、無防備すぎるのもいただけないもんです。

 脱線しました。そう機内のケビン&ジェナ。
 再離陸までの1時間弱。ずーっとキャッキャ♪と話してました。
 自席に戻るケビンへ彼女、こう叫んでもいましたね。

「ねぇケビン!キャンディー食べるぅ?」

 こういう思い出があると、「おい大丈夫か?」と心配に思ってしまうわけ。
 ジェナ、ごはん作れるのか、と。
「晩ゴハン作ったことないから、キャンディーでいい?」
 という彼女のキャラ。勝手に築いてしまってます。
 けど、「有り得ない!」と言い切れない部分もあると思うわけですよ。
 彼女まだ19か20でしょう?で、ケビンも22、3。

「もうちょっと考えるべきなんじゃないのー?」

 と正直思いますが、真実の愛を見つけるのに早いも遅いもないものね。
 人類の数だけ、愛の正論が存在するわけですからね。

 でもそういえば昔、松田聖子の元恋人Jeffが離縁後、彼女へのほとばしる激情を一冊の本に仕上げ大反響を巻き起こしたようですが、その本のタイトルも確か「真実の愛」でしたね。真実の愛の前にはフィクションの恋愛話なんて霞んでしまうものなのか、Jeffの告白本を読んでない自分でさえも記憶される事件でした。まあ、そのときに「胡散臭い」という言葉の意味を学習したような気がします。

 再び脱線しましたが、ジェナとケビン。
 一スケートファンとして、スケーターとしての彼らの印象を。

 トリノのケビン、頑張りましたね。
 ジェナは昨シーズン怪我に泣き、五輪予選のカールシェファーで惨敗してからは試合に出てきませんでした。
 久々にイギリスから出てきた才能ということで、期するものはあるんですよ。
 それだけにここ1-2年の不調は残念です。
 大柄で見栄えもするし、トリプルアクセルを降りてたほど、ジャンプも持ってます。

 ケビンと一緒になることで、「もう一度世界の舞台へ」というモチベーションに変わるといいですね。婚約おめでとうの前に、そうエールを送りたいものです。そもそもこれが正式なニュースなのかはわかりませんが、才能ある2人が一緒に頑張っていく姿は応援していきたいと思っています。

 半分バカにしながらのエントリーUpでしたねー。
 でも、嫌いなスケーターだったらスルーしてますからね(笑・言い訳?!)

スポンサーサイト


コメント

  1. 黒子 | URL | 79D/WHSg

    ジェナ・マコーキル? という選手のこと全然存じ上げておりませんでしたが、
    3Aも成功済みなのですか、へえ~。

  2. Plutake@携帯 | URL | 79D/WHSg

    まずはおめでとうですね(^^)
    携帯からみているので、ケビンが婚約と文面を拝読しただけでお相手が一発で判ってしまいました(笑)。
    ジェナも才能がある選手ですし、お互いにプラスになりますように!

  3. Alex | URL | 79D/WHSg

    絶句・・・若すぎる。
    っていうのが最初の感想でした。
    まだまだガキっぽいところがあるので10代かなーぐらいの目で見てましたし>ケヴィン君。トリノの開幕式でもお前どこでビデオ撮影してんねん!ってつっこみたくなるような行動してませんでした?
    それにしても「つきあってます」って話でなくて「婚約」って話ですからね。びっくり。

  4. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼黒子さん
    ジェナは、北アイルランド出身の子です。
    2002-3シーズンのヨロ選でシニアデビューだったと思います。
    世界選でも決勝FSの24人に残っていたし、怪我なく滑れていれば
    五輪最終予選も楽に通過出来ていたと思うので気の毒でした。
    ▼Plutakeさん
    なんだかねぇ。びっくりでしたよ。
    結婚は少し熱さをフゥフゥして冷まして
    現実を見極めたときにするべきもんだと思うわけです(笑)
    まあ、「婚約」であって「結婚」ではないし。
    約束は守るためじゃなくて破るためにもあるもんでしょ(爆)

  5. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼黒子さん
    ジェナは、北アイルランド出身の子です。
    2002-3シーズンのヨロ選でシニアデビューだったと思います。
    世界選でも決勝FSの24人に残っていたし、怪我なく滑れていれば
    五輪最終予選も楽に通過出来ていたと思うので気の毒でした。
    ▼Plutakeさん
    なんだかねぇ。びっくりでしたよ。
    結婚は少し熱さをフゥフゥして冷まして
    現実を見極めたときにするべきもんだと思うわけです(笑)
    まあ、「婚約」であって「結婚」ではないし。
    約束は守るためじゃなくて破るためにもあるもんでしょ(爆)

  6. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼Alexさん
    ははは、ホントそう。
    「付き合ってる」んじゃなくて「婚約」ですから。
    ベン・アフレックとジェニファー・ロペスが婚約してたとき、
    その2人を「ベニファー」と一般人は呼んでたと思うんです。
    ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョーリーの場合
    「ブランジェリーナ」とか。
    で、どっか(FSUかな)で読んで笑ったんですけど、
    ケビンとジェナのことをこう呼ぶ人が出てきたみたい。
    「バンダーコーケル」
    バンダーペルンとマコーケルを足して2で割った名前だそうです。
    トリノ閉会式のときのケヴィン。
    思いっきりテレビに抜かれてましたね。
    IOCの会長さんがベルギー人だったから、
    「1枚撮ってこよ・・・」って感じに見えました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/48-09865875
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。