スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたに逢いたくて

2006年08月19日 01:40

号泣! 9月にちょっと旅に出る予定です。
 航空券を手配したのが7月上旬でした。
 その後、何度
「キャンセルし、予定変更してエアを取り直そうか」
 と思ったことでしょう。

 関係ないんですが、7月下旬。
 スコットランドに1泊で行こうか、と思ったんですね。
 エジンバラとグラスゴーの中間にある小さな街で、とあるアイスショーが開かれたんです。
 そのキャストがものすごく魅力的でねぇ。
 自分にとっては「どんぴしゃ」なメンバーでした。

 トッド・エルドリッジに佐藤有香&ジェイソン・ダンジェン。
 スティーブン・カズンズに、現役アマではダンスのケア姉弟組も。

 その時期、ちょっと留守にするわけに行かなくて、
「まあ、試合じゃなくてショーだから」
 と諦めたわけ。

「9月の旅程を変更したい」
 と思わせた理由も、実はスケート関係。
 エアを決済してから、かなり後悔しています。

■9月9日-ノッティンガムでのショー
 スコットランドでのショーのメンバーを中心に、イングランド中部の街で、なかなか!なメンバーが揃うアイスショーが。トッドは出ないようだけど、有香ちゃんがいます。スティーブンもいます。ゴルデーワもいます。サレー&ペルティエもいます。

http://www.skateworld.co.uk/

 で、僕的に「なぜこの時期だったの?!」と号泣したくなる人も出演。

ブライアン・ボイタノ ブライアン・ボイタノ。

 あぁ、ブライアン・・・。
 アマ時代の演技は、1988年のカルガリー五輪くらいしか知りません。
 けれどプロになってからの演技、数え切れないほど見てきました。

 ・・・テレビでね。

「引退するまでに一度は生で見たい」
 と思わせられる選手って、いますよね。
 スケートファンなら、みんな、絶対ひとりはいると思う。
 僕にとってはブライアン・ボイタノがまさにその人で、
「見るならアメリカに行くしかないのかな」
 なんて、悲観してました。

 その彼が、イギリスでしょう?
 しかも一度行ったことがある、馴染みのある都市。
 で、悔しいのが、彼らのショーが

「僕らが旅に出た翌日に行われる」

 ということ。
 なんか「お前ら来るな!」と言われてる感すらあります。

 これが1週間早かったら、絶対行ってましたよ。
 もしくは、これをもっと早く知っていれば、旅のスケジュールは後にズラしていたはず。

 ついてない。ホント悔しい。
 この先、近場でボイタノの演技を見る機会なんてあるんだろうか。
 上のショーの公式サイトに掲載されてるボイタノの写真。
 これを見ると、もっと泣けてきます。

 このプログラム、彼の演技で一番好きなものだから。

「Gone」っていうピアノ曲なんですよ。
 1999年あたりから2001年くらいまで、色んなショー、プロ試合で滑ってきたナンバー。
 僕、CDまで買っちゃったから(笑)

 日本で行われる試合・ショーにしても行きたいけど行けないものが多いです。
 でも、どんな場合でも観戦・観賞に行くファン友には
「楽しんできてね」
 と声をかけられたわけ。

 けれど、今回ばかりは、恨み節炸裂でしょうね。

 9月9日。
 現地到着後、空港近くのホテルに宿泊。
 ブライアンに思いを馳せながら、自棄酒あおるのは必至です。

スポンサーサイト


コメント

  1. おロシア人 | URL | 79D/WHSg

    本当になんちゅうメンバーじゃい!ですよね。そしてここにトッドの名前があったら…。飲み過ぎにきをつけて下され

  2. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼おロシア人さん
    もうホントそう思いますよ。
    「いじめか?!」と思うようなメンバーが大集合だもの。
    多分自棄酒じゃなくて、自棄ゴハンになるかと思います(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/44-e35e0b00
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。