スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3アクセル+2トウ

2008年11月28日 11:00

 Yahooからリンクされていたスポニチの記事。

真央が跳ぶ 世界初の難度Aジャンプ
11月28日7時1分配信 スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000042-spn-spo

 フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯は28日から3日間、東京・国立代々木競技場で開催される。27日は公式練習が行われ、浅田真央(18=中京大中京高)らが最終調整。フランス杯で得意のジャンプが不調だった浅田だが、フリーで女子初となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―2回転トーループのコンビネーションを跳ぶと宣言。GPファイナル(12月12~14日、韓国・高陽)進出へ意気込みを見せた。

 前日練習からジャンプに対する意気込みが伝わってきた。浅田は6種類すべてのジャンプを繰り返し跳んで、繊細な感覚を確認。午前と午後の2度の公式練習で跳んだ回数は普段の2倍近い計46回に及んだ。GPファイナル進出が懸かる大会を前に、ジャンプの練習に時間を割いた。

(中略)

 今季は、フリーで単発とコンビネーション、計2度のトリプルアクセルに挑む準備をしてきた。この日の練習では3回転半―2回転トーループの連続ジャンプ1回と単発3回を成功。「そういう方向で、できたらいい」。最終的には直前練習の状態で決めるが、この大会で挑む方針だ。

 トリプルアクセルを2度跳ぶのも、トリプルアクセルからのコンビネーションもともに、成功すれば国際大会初の快挙になる。そして何より、失いかけた自信を取り戻すことができる。2位以上なら出場が決まるGPファイナル。それよりも、自信を失いかけている浅田が復活できるかが、この大会の大きなテーマだ。

(以下略)



 上の赤字で書いたとこだけど、ホントにそうなの?
 トリプルアクセルからのコンビネーションを成功させたのって、伊藤みどりさんが最初なんだと思ってた。
 アルベールビル五輪のシーズンの演技を思い出すけれど、アメリカのトニア・ハーディングも3アクセルのコンビネーションを試合で降りてたっけ。



 ↑の動画は1991年11月のラリック杯(フランス)のもの。
 フリー直前6分間練習のときに跳んだ3アクセル+3トウループ。
 本番では3+2になっちゃったけど。



 ↑が本番の演技。
 ミスは少しあったけど、鬼のようなジャンプ構成。

 この試合の一ヶ月後のNHK杯(広島)ではSP(OP)でも3アクセル+2トウを決めたんだったね。
 五輪本番での演技より構成変える前の「ジェラシー」のほうが好きだったんだけどな。

-----

 さてさて、いよいよNHK杯ですね。
 浅田選手がボンパール杯からどれだけ精神的に復調してきてるか、楽しみにしています。
 プログラムがどうのこうの、ジャンプの確実性がどうの、とネガティブな見方もあるけれど、流されず、強気に滑って欲しいなと思います。
 観戦に行かれる方もぜひ楽しんできてくださいね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/428-1ae82f60
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。