スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナルな週末 (3)

2008年12月22日 12:20

 キーワードは「復活」でしょうか。

=フィンランド=
 怪我で今季調整が遅れていたキーラ・コルピが、復帰戦で鮮烈なフリーを滑りました。
 ダブルアクセルで転倒し初日3位からのスタートでしたが、フリーではほぼノーミスの演技で1位を獲りローラ・レピスト、スザンナ・ポイキオを逆転。欧州選の切符を取るだけじゃなく、「初優勝」というおまけつきの嬉しい結果となりました。こちらのサイトでコルピのFSが視聴できます。

女子FS
1. Kiira Korpi - 113.79
2. Laura Lepisto - 94.98
3. Susanna Poykio - 93.27

女子最終結果
1. Kiira Korpi - 167.13
2. Laura Lepisto - 150.34
3. Susanna Poykio - 147.80

その他のカテゴリーを含む詳細結果はこちら >>




 大会前は出てくるのかどうかすら不安視されていたコルピが、難度をかなり下げた構成とはいえ、ノーミスの演技をみせるとは驚きました。去年・一昨年と滑った「オペラ座の怪人」とは違った力強い曲調のこのフリー、いいですね。彼女のイメージによく合っていると思いました。スポンサーに事欠かないほど容姿に恵まれた彼女ですが、人気が先行することでのプレッシャーは大きいはず。それに加え怪我から完全に復調できていないことでの心配もあったでしょうが、この日の演技で大きな山をひとつ乗り越えたんじゃないでしょうか。今後はルッツやフリップを再び構成に加えられるようにするために練習に励むとのこと。来月の欧州選での活躍に期待したいです。また、SP首位のレピストはフリーでは3回転ジャンプがひとつしか入らない残念な出来。2位のポイキオは転倒がひとつあったほかジャンプのダウングレードあり、得点を伸ばせなかったようです。


=ハンガリー=
 女子シングルはユリア・セベスチェンが8度目の優勝。
 演技内容は、後半失速・・・という「いつもどおり」だったそう(苦笑)。
 しかし、今年のハンガリアンのハイライトは、この2人だったんじゃないか、と思います。

Nora Hoffman & Maxim Zavozin

 ノラ・ホフマン&マキシム・ザボジン組です。
 女性のノラ・ホフマンは2006-07年シーズンまでアッティラ・エレックと組み、2003、2004年世界ジュニアで銀メダルを獲得。男性のマキシム・ザボジンは2007年までモーガン・マシューズと組み、アメリカ代表として出場した2005年世界ジュニアで優勝するなど、ジュニア時代の2人はトップ選手として活躍していました。

 ホフマン&エレック組は2007年の欧州選手権で、初の一桁台を目前にしたフリーダンス当日朝の公式練習で男性が足首を骨折し、涙の途中棄権。3月の世界選手権も欠場。シーズン終了後にパートナーシップの解消が発表されました。マシューズ&ザボジン組もホフマン組と同様、2007年の全米選手権にチーム解散となりました。マキシム・ザボジンはトリノ五輪直前の2005年12月にアメリカ国籍を取得したロシア生まれの選手。しかし国籍を取得した翌月の全米選手権ではフリーで痛恨のミスが出て、五輪出場のチャンスを逃しました。

 同じ時期にそれぞれカップル解消をした2人がチームを結成するまでの経緯は、「icenetwork.com」のこちらの記事で詳しく説明されていますが、2人ともさりげなく刺のあることを言ってるのが興味深かったです。

ノラ:
「Maybe we should have broken up a few years sooner than we did,
 because once we did break up, I felt so free.
 (もう2-3年前にカップルを解消していれば良かったかも。
 別れたあとはとてもスッキリしました)」

マキシム:
「We're very good friends. It's important to get along off the ice,
 so when you get to the rink in the morning, you're not already annoyed with each other.
 (僕とノラは良いともだちです。オフアイスで良好な関係を築くのは大切です。
 仲良くしていれば、朝の練習が始まる前にもう、
 お互いにムカついている、なんてことはないわけですから)」



 言うよね~!

 って、ちょっと、はるな愛のマネを・・・。

 アイスダンスを”真面目に”見るのはもちろん大好きです。
 けれど、自分がアイスダンスが好きな他の理由って、こういうところにもあったりします。

 チクチク。ネチネチ。グサグサ。

 「いやぁ、アイスダンスって本当にいいもんですね!」
 と、モノマネついでに水野晴郎氏の名セリフのパクリも。

 脱線しましたが、この新カップル、ホフマン&ザボジン組。
 チームを結成したのは2007年の秋。
 しかし国際試合には出られない状態が続いていました。
 国を変えて出場するまでには、一定期間の出場停止というISUの規定に従わなければならなかったことがまずひとつ。
 そして、ザボジンがアメリカ代表ではなくハンガリー代表として出場するためには、アメリカ連盟の承認(とリリース)が必要だ(った)ということ。
 国際大会で好成績をおさめてきた選手はそう簡単にリリースされないもので、アメリカに限らず、フランスでもロシアでも、国を変えて出場しようとする選手がチャンスやタイミングを逃してしまうケースがあります。しかし、新しい国のパスポート(=国籍)を取得してしまえば、連盟がいくら放出を拒んでも無駄。そんなわけで昨日のエントリーで少し触れたイタリア国内チャンピオンのサミュエル・コンテスティは、イタリアンになっちゃったわけです。
・結婚相手がイタリア国籍を持っていたいうこと。
・イタリア人と結婚することが国籍取得のための正当な理由だということ。
・そして、多重国籍が認められている国からの転出だということ。
 ラッキーでしたね、彼。

 3年前にアメリカ国籍を取得したザボジンは現在、アメリカとハンガリーを行き来しながらトレーニングしているとのこと。アメリカでいう「グリーンカード」にあたるハンガリーの永住権は既に取得。国籍取得の申請も終わり、現在はそれが認可されるのを待っている段階だとか。「まだハンガリー人じゃない」ということは、アメリカ連盟からのリリースがなされない限り国際舞台には出られないわけですが、今日終わったハンガリー国内選の優勝後に「ヨーロッパ選手権代表」がアナウンスされました。つまり、連盟間のリリース問題も無事解決された、ということなんでしょうね。ハンガリー側から結構な額が支払われたという記事も少し前に出て、翻訳されたものを先日読みました。

 なにはともあれ、久しぶりにノラ・ホフマンの滑りが見られそうで楽しみです。
 ヘルシンキではトップ10入りが目標とのこと。不可能じゃないと思います。
 ニュースで放送されたホフマン&ザボジンがYouTubeに。マスカラが・・・。 >>
スポンサーサイト


コメント

  1. まりえ | URL | -

    Re: ナショナルな週末 (3)

    こんにちは。ヨーロッパの情報はなかなか入ってこないので、とてもありがたいです。アイスダンスの人間模様といえば、オリンピックで喧嘩していたカップルを思い出しちゃいます☆ 
    ところで、先日、リンクを張っていらした、英語の方のサイトもお邪魔したのですが、あちらはオフィシャルな感じのサイトなんですか? なんか雰囲気違うので。真面目な感じ?

  2. mamakuma | URL | EFbHoeiw

    Re: ナショナルな週末 (3)

    幻のボイタノコーチ以来のコメントです。
    コメント返していただいていたのいま気がつきました。
    ありがとうございました。

    コルピ大丈夫かなあ、と心配してたので嬉しいです!
    初優勝なのですね。おめでとうございます。
    FSの紹介もありがとうございました。
    こちとら生粋の日本人なのでどうもよそ様のサイトは・・・
    もっとちゃんと勉強しておけばよかったです。
    森高ちゃんにいわれてたのに・・・後悔。

    素敵な写真がいっぱいでこれからも楽しみにしてます。
    では!

  3. megane | URL | zFeoAktY

    Re: ナショナルな週末 (3)

    おじゃまします。キーラ・コルピ選手のプログラム素敵ですね。3回続けて見てしまいました。

  4. Hiro | URL | .9hIDec.

    ◆まりえさんへ

    フサポリ&マルガリオ組ですね。
    あれだけで殺されそうなほどの殺気立った眼力だったと思います。
    あのキャラだから面白かった…というのもあるけれど(笑)

    もうひとつのサイトへもお越しくださってありがとうございます。
    シーズン中は、フォトニュースのスタイルをとっています。

  5. Hiro | URL | .9hIDec.

    ◆mamakumaさんへ

    こんにちは、コメントありがとうございます(^_-)
    サラ・マイアーも今は腰の怪我で心配されてますし、
    フィンランド勢の表彰台、期待されますね。
    コルピの復活のフリーも本当に素晴らしかったですが、
    自分は、去年代表を逃したポイキオに、円熟した滑りを
    見せてほしいな、と思っています。
    また遊びにきてくださいね。

  6. Hiro | URL | .9hIDec.

    ◆meganeさんへ

    自分が見たのは2回でした(笑)
    優勝嬉しかったでしょうね。
    演技後のガッツポーズも印象的でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/404-a3da31f9
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。