スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば・・・(その3:ペア編)

2008年11月13日 00:09

 女子シングル編アイスダンス編

 というわけで、その3です。

◆ペア
 アメリカ大会にはサヴチェンコ&ゾルコヴィー組とムホルトワ&トランコフ組。
 カナダ大会にはデュベ&デビソン組と川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ組。
 中国大会にはジャン&ジャン組、パン&トン組、ボロソジャー&モロゾフ組。

 ・・・という感じでトップチームの演技は一通りみた。・・・のかな。

 北米2試合には全米チャンピオンのキアナ・マクラクリン&ロックニー・ブルーベイカー組が出場して、それぞれ2位、3位と好成績をおさめました。ファイナル進出の可能性、残っています。

キアナ・マクラクリン&ロックニー・ブルーベイカー

 昨シーズンからシニアのグランプリシリーズに出て、中国杯、NHK杯で表彰台に上がり、トリノでのグランプリファイナルに進出しました。トリノでは試合中に男性が腕?肩?を負傷してFSを棄権。しかし翌月の全米選手権では若さあふれる演技で初優勝を果たしました。ただ、シーズン終盤の4大陸選手権、世界選へは「女性が若すぎる」という理由で、また世界ジュニアには「男性がジジすぎる」という理由で、3つの大きな選手権でポイントを稼ぐことが出来なかったのが残念でした。

 今季はSPがマラゲーニャ。FSはウェストサイド・ストーリーと、スケートの王道をいく選曲。
 特にスケアメでの演技を見て思ったけれど、ジャンプに安定感が出てきたような気がします。
 大きなツイストリフトもあるし、今後が楽しみなカップルですね。

 どうでもいい話、この組、去年は「ロミオとジュリエット」を滑ってました。
 で、今年はウェストサイド・・・。
 「男が死ぬ話」が好きなんだろうか、と思いました。
 これで来年「ミス・サイゴン」とかだったら、ちょっと笑える、かも。

 アリオナ・サヴチェンコ&ロビン・ゾルコヴィー組は、スケアメでは苦戦しましたね。
 SPではトリプルトウループで男性がダブルになるミス。FSでは終盤のスロー・トリプルサルコウの予定がシングルになるミスがあって、大きく点数をロスしてしまいました。けれど、それ以外の部分では「さすが世界チャンピオン」と思わせる演技で、PCSではダントツの得点が。そして、彼女たちの新しいSP。すごく面白い作品だと思いました。「前衛的すぎるんじゃ」という声もあるかもしれませんが、2004/05年シーズンに「カサブランカ」のFSで国際舞台に出てきてから、毎年毎年新しいテーマのものに挑んでくる姿勢って、すごいなと感心させられます。

 川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ組は、カナダで嬉しいGS初優勝。一番のライバルが自国のデュベ&デビソン組ということで「アウェイ」な試合でしたが、SPの貯金を守って優勝。FSでは細かいミスがあったものの、プログラム的にはカナダ組のプログラムより、より充実したものだったような気がします。SPの「白鳥」は凛とした様が、FSの「道化師」は劇的な曲を高い技術と緻密な構成で見事に演じていたんじゃないでしょうか。

 勝つことが全てだとは思わないけれど、今後のキャリアのことを思うと、カナダ大会での一勝はすごく大きな意味を持つんじゃないか、と。彼女たちのコーチであるタマラ・モスクビナさんがカナダ大会の後に川口組のブログに寄せたコメント記事にトラックバックします。

 デュベ&デビソン組は、今季からトリプルツイストを入れてきていますが、まだ見ていて怖い感じがします。それ以上に気になったのは、平坦なプログラム。FSのカルメンは、定番な部分を使わずに凝った編集だと思いましたが、印象が薄かったです。SPはColdplayの「Fix You」を選曲しましたが、こちらも大人しすぎる感が。滑らかなリフトや二人のケミストリーなど、狙わずとも魅せられるペアだと思うので、今後どう改良していくのか期待したいと思います。

 その他印象に残ったペアは、フランスのカナック&コイア組
 昨シーズン、世界選手権に初出場したペアですが、カナダでトレーニングするようになってから技術が飛躍的に改善されたような気がします。スケアメはSPでは得点を伸ばせなかったものの、FSではパーソナルベストを更新する演技。コットンクラブは彼女たちによく合ったプログラムだと思います。フランス国内では今季、五輪代表のヤニック・ボナーと英国籍を持つバネッサ・ジェームズとチームを結成してデビューします。国内の争いも面白くなりそうです。

 GS前半の復習、最後の男子シングル編はまたあとで・・・。
スポンサーサイト


コメント

  1. 黒子 | URL | JalddpaA

    Re: 気がつけば・・・(その3:ペア編)

    > それ以上に気になったのは、平坦なプログラム。FSのカルメンは、定番な部分を使わずに凝った編集だと思いましたが、印象が薄かったです。

    そうですね。私もちょっと弱いかなって思いました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/390-77adb4b7
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。