スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば・・・(その2:アイスダンス編)

2008年11月12日 11:53

 ・・・女子シングル編の続きです。

◆アイスダンス
 スケカナを欠場したテッサ・バーチュー&スコット・モイア組を除いて、トップチームの今季の演技は大体見たのかな。・・・あ。ファイエラ&スカリが今週初戦だったっけ。

 あくまでも自分の好みでしかないんだけれど、正直、
 「ダンスの当たり外れは隔年で・・・」
 って3試合を見て思いました。
 もっと言えば、
 「偶数年は当たり年、奇数年は・・・」
 という感じ。LA世界選は2009年3月の開催です(笑)

 そう低調な気分の中、エキサイトさせてくれた組もいます。
 シネードとジョンのケア姉弟組です。スケアメで3位でした。
 世界選デビューが2004年で、GSはその翌シーズンにデビューだったと思うから、4シーズン目で初めてGSのメダルを獲ったということになるんでしょうか。

 デビューの年のFD「マトリックス」が未だに話題に上がることが多いけれど、その年のODもものすごく新鮮でした。友人のエマさんも彼女たちのスウィングのODが大好きだったそう。トラックバックしますね。

Sinead KERR / John KERR

 ↑は2004年ヨーロッパ選手権ODから。
 まだスコットランドで練習していて、資金繰りに苦労していた頃ですね。
 この衣装も素敵な色づかいだけれど、リンクで教えていた子の自作だったとか。

 スウィングに限らず、彼女たちの魅力って軽やかさだと思うんですが、今季のODは、なんか、原点というか、彼女たちの魅力がギューっと濃縮されたような作品だな、と思いました。世界チャンピオンの演出には感心したけれど、同時に「やりすぎ?」とも思いました。ケア姉弟組のODから爽快さを感じられたのって、他のカップルとの比較からくるものもあるとは思うけれど、足元の巧みさから生じてるような気がしました。対照的にFDでは情緒的な演技に挑戦していますね。コーチのエフゲニー・プラトフのパートナーだったマヤ・ウソワの影響を受けて作ったプログラムだそう。流れるような演技なのに、演技後もずっと体の芯が満たされているような、重厚なプログラムでとても好きでした。今週のボンパール杯では、どう滑ってくれるのか、とても楽しみです。

 昨シーズン終了後、コーチ・練習拠点を変えた2組にも注目していました。

なかよし

 左のベルビン&アゴスト組と右のドムニナ&シャバリン組。
 写真は昨年12月、トリノで行われたグランプリファイナルのものですが、それぞれ別々の先生についていました。ファイナルと翌月のヨーロッパ選手権でも優勝したドムニナ組は、世界選を前に男性の膝の状態が悪化して世界選を欠場。ファイナルで2位だったベルビン組は、世界選初優勝を目指してスウェーデン入りするも、初日のコンパルソリーでまさかの転倒があり、総合4位とメダルも逃すという悔しい結果に終わりました。ベルビンたちはシーズン後に長年師事してきたイゴール・シュピルバンド氏とマリナ・ズエバ氏のもとを離れ、ナタリア・リニュチュクのもとへ。ここまでは予想できたというか、噂されていたことではあったけれど、その後、ライバルのドムニナたちまでリニュチュクのもとへ移るとは、かなり驚きました。

 で、コーチを替えた効果は・・・。

 ベルビン組へは「あんまり変わってないじゃん」という声もあるようだけれど、自分は「良いじゃない!」と思ったほうです。初戦のアメリカ大会ではまだ無理してるような感じも見られたけれど、次の中国杯では(女性にミスが出たものの)、ゆとりも生まれはじめたな、と思いました。ODの衣装を新調して臨んだ中国杯のODは、すごく良い雰囲気で踊れていたと思います。FDの「トスカ」でもドラマティックな表現に磨きがかかってきたような。シーズン後半がとても楽しみです。

 ベルビン組もそうだけれど、ドムニナ組は二人とも大柄なためか、もっと華やかに見えます。男性の膝が悪化しないことを願いたいですね。彼女たちの演技には正直もっと期待していたのだけど、後半に向けて上手に調整してきて欲しいです。「スパルタカス」を使ったFD、曲の盛り上がりにあわせたゴージャスなリフト、彼女たちならでは。

 その他印象に残った組は・・・。
 スケアメで4位に入った世界ジュニアチャンピオン。18歳のエミリー・サミュエルソンと19歳のエヴァン・ベイツの若いカップル。特に男性がまだヒョロっとしていて、子供っぽさは残るものの、技術の正確さは点数に表れていると思います。世界選の代表をかけた国内の争いも面白くなりそう。

 ボンパール杯にはデロベル組とファイエラ&スカリ、そしてケア姉弟組。
 ロシア杯にはドムニナ組とコクロワ&ノビツキー組。
 NHK杯ではバーチュー組の演技が見られるでしょうか。
 バーチュー組はデロベル組とFDで同じ曲を使うって聞いたけれど・・・。

 つづき(ペア、男子シングル)はまた後で。
スポンサーサイト


コメント

  1. エマ@携帯 | URL | ihMNMLjo

    いつもお世話になっております(^^)
    そう! 2004年ヨロ選のODでケア姉弟を知ったんですよ~。
    まずOD、そしてFDも加えて、すっかり虜になりましたねぇ。
    爽快感があるって、ホント同感です。今季もね。
    今季、他のカップルのダンスでは、エミリー&エバンのOD、ペルネル&マチューのODがいい感じに私好みです。
    トップチームでなくても、物語を感じさせてくれて面白くて。
    グランプリシリーズも後半へ。
    各カテゴリの選手たち、ますます楽しみですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/389-4b7e9aa5
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。