スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISUに新加盟国、それは・・・!?

2008年02月22日 09:58

Ireland


 ・・・じゃない。
 まあこれでも正解だけど。
 はい、ここですよ。

Ireland


 現在の私の居住地だったりします。
 たったりしますじゃなくて、です。
 なんだかんだで、今年の春で8年です。
 そりゃ白髪も目立つようになるわ。
 この国のスケート事情は何度か話したかもしれませんが、良い悪いと比較することすら難しいほど他のヨーロッパ諸国に比べると遅れをとっています。自分が住む南の「共和国」には通年リンクはひとつしかありません。それも確か去年出来たばかり。しかも首都ダブリンじゃなく、ここから車で1時間ほどの隣の県。以前は首都にも通年リンクがあったようなんですが、選手がトレーニングしたりスケート愛好者が滑走を楽しむ環境とは程遠く、ぶっちゃけ「不良の溜まり場」だったそうです。10代の若者が缶ビールを片手に滑る光景なんて、麗しかったことでしょうね。

 けど、この島の北部「北アイルランド」はヨーロッパ選手権や世界選手権にイギリスを代表して出場する選手を何人もプロデュースしてきたところです。先月クロアチアの首都ザグレブで開かれたヨーロッパ選手権で、イギリス人女子選手としては10年以上ぶりにトップ10に入ったジェナ・マコーケルは北アイルランドの小さな学生の街コールレインの出身。スピンが非常に上手でヨーロッパ選手権、世界選手権で活躍し、エマニュエル・サンデュと同じバンクーバーのリンクでトレーニングしていた男子シングルのニール・ウィルソンも北アイルランドの出身でした。2003年のヨロ選SPは素晴らしかったです。

 しかし、南の共和国は・・・「連盟」自体がありませんでした。
 リンクも欲しいけれど、まず連盟。
 その問題は去年クリアされ、連盟 (Ice Skating Ireland Assocation)が誕生。
 
 そして昨日2月21日付のISUコミュニケーション1485の中で、アイルランドISU加盟が承認されたと発表されました。

Ireland joins the ISU


 これでISUの試合へ選手を派遣できるようになります。
 というか、しなきゃいけません。
 国内選手権の開催だったり、ISUの試合への派遣だったり、定められた期間内に一定の活動を示さないと、せっかく加盟への承諾を貰ったのにこれが取り消されてしまいます。連盟関係者の方々はもちろんやる気に満ちていることでしょうが、この国に住むファンも興奮しています。かなり。

 大きな試合に派遣出来る選手がいるのかは、とりあえず置いときましょう。
 いざとなったら、アイルランド系の北米選手を輸入してくればいいんです。
 だって他の国もやってますからね。輸入というか、お借りするというか。
 「ギリシャ系のアメリカ人」だったり「クロアチア系カナダ人」だったり、ね。
 ちなみにこの前のヨロ選でクロアチア代表で出場した女子選手はホントはカナダ人。
 彼女の名前は「エイミー・アイルランド」さんでした。
 クロアチア系カナダ人はアイルランド・・・さん。(*)
 「どんだけー!」ってこういうときに使うんで正しかったでしょうか。

(*追記)
 彼女"が"クロアチア系というんじゃなく、彼女の結婚したパートナーのMichael BAHORIC選手のご両親がクロアチアからの移民・・・ということのようです。


 なにはともあれ、嬉しいニュースでした。
 リバーダンスの国ですから、踊りのセンスはあると思いますよ。
 酒飲みの国なので、みんな自称歌手でダンサーです。
スポンサーサイト


コメント

  1. 黒子 | URL | JalddpaA

    Re: ISUに新加盟国、それは・・・!?

    どうして今まで銀盤がつくられなかったのでしょうかねえ~?? 

    ともかく、リヴァーダンスやロード・オブ・ザ・ダンスで
    滑る選手が本当に出てきそうですね(そのベタさこそどんだけ~)

  2. chicconeri | URL | -

    Re: ISUに新加盟国、それは・・・!?

    ISUに新加盟、まだ参加していなかったことも知りませんでしたが(汗)まずはおめでとうございます。大会参加は来期からでしょうか?

    私が住む国イタリアも、首都ローマに通年リンクがない、全国的に見てもごく一部の地域にしかない、など条件が悪いところはあまり変わらないかもしれません。

    男子チャンピオンはフランスから移籍したばかり、去年までのチャンピオンはチェコ出身ですし・・・

    アイルランド人は飲むとすぐ踊りだしちゃうと聞いたことがあります。ダンスセンスは任せておけ、ですね。

  3. Hiro | URL | -

    黒子さんへ

    そりゃーベタすぎでしょー!(笑)
    相方に聞いたんですが、市内にあった2つのリンクは、
    それぞれ1997年、2000年に閉鎖になったんだそうです。
    ここ数年はクリスマスからお正月にかけての期間限定で、
    屋外リンクが設置されて賑わってますよ。
    30分の1セッションで結構な額。しかも予約制(-_-;;)

  4. Hiro | URL | -

    chicconeriさんへ

    よかったですよー。嬉しいです。
    選手を派遣するしない以前の問題でしたからね。
    今週末、この国唯一の通年リンクで、試合が行われるんだそうです。
    7つのレベルに60人以上の参加者だとか。
    アイルランド人の祖父母を持つ子供たちって北米には多いですから、
    この国での選手登録がスムーズに進めば、来季から国際試合に・・・
    というのは有り得なくはないと思います。
    ヨロ選などでここの国旗を振って応援できたら嬉しいです。
    ちなみにここの国旗、イタリア国旗に非常によく似てます(笑)

    イタリアは最近すごく強くなってきてる印象がありますが、
    盛んなのはやはりミラノエリアのみだったり、ですか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/359-c7f3514d
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。