スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四大陸女子SP-浅田1位、安藤2位

2008年02月15日 08:17

 四大陸選手権2日目はダンスOD、ペアFS、女子SPが行われました。
 浅田真央が首位、安藤美姫が2位、村主章枝は2つのミスが響き9位という結果でした。

 WebTVで放送されたものを緊張しながら見ていましたが、一言。

 判定厳しいぃぃ~!

Mao Asada

写真:昨年11月のGSフランス大会SPにて
四大陸での衣装はパリの衣装と違う新しいものでした。
なので掲載する写真もいつもより小さめに(^^;


 浅田真央選手のSPは:

 3F+3Lp / 3Lz (so) / 2A / LSp / SpSt / FSSp / SlSt / CCoSp

 という内容でしたが、ルッツの着氷で踏ん張ることが出来なかった以外はほぼ完璧な内容で、自己ベストには及ばないにしてもかなりの点数が出るのでは、と期待していました。しかし、3回転3回転のコンビネーションが3回転2回転とダウングレードされ、またルッツで少し乱れるミスもあってテクニカルで得点を伸ばすことが出来ませんでした。
 2位の安藤美姫選手も、出だしの3ルッツ+3ループのループジャンプが2回転判定になり、浅田選手同様テクニカルが伸びきりませんでした。3位につけたジョアニー・ロシェット(カナダ)も3フリップ+3トウループに果敢に挑戦し着氷しましたが、セカンドジャンプが2回転判定。つまりSPのトップ3選手はみんな3回転+3回転を入れたわけですが、みんなセカンドジャンプが回転不足とみなされました。ライブで見ていてもそうだし、演技後のリプレイ(スローモーション)を見ても、明らかな回転不足とは思えなかったんですが、回転不足とコールすべき点をジャッジは見逃さなかった・・・ということなんでしょうね。

 ・・・にしても厳しいなぁ。
 実際、真央選手はISUへのコメントの中で
「トリプルループがダウングレードされているとは思わなかった
(didn’t expect a downgrade on the triple loop.)」
 と話したようです。

 ISUの2日目のレポはこちらから >>

 全米3位で今大会にはアメリカのエースとして出場したアシュリー・ワグナーも、ダウングレードに泣いた一人。クリーンに着氷したように見えたステップからのフリップがダブル判定。その他スパイラルシークエンスなどでも思ったようにレベルを獲れなかったようで、12位と大きく出遅れました。先月の全米で自信をつけた影響か、バタバタ感も随分消え、演技そのものを楽しめただけに、この予想外の得点は気の毒でした。フリーでの巻き返しに期待します。

---------------

 さて、今日はダンスと男子のフリーが行われます。
 一昨日のSPでは世界歴代2位の高得点を叩き出した高橋大輔選手が、今日も快調な滑りを見せてくれることを期待します。2位のライサチェク、3位のバトルもワールドを一ヵ月後に控え、好印象を残したいところですね。今晩が楽しみです。
スポンサーサイト


コメント

  1. ジジー | URL | TmIdza8M

    Re: 四大陸女子SP-浅田1位、安藤2位

    厳しい判定が、全ての選手に対してされたものであれば、それは納得せざるを得ませんね。

    そういう審判もいることが分かったのは、良い経験になるのではないでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/352-51915d69
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。