スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間が足りない

2008年01月26日 20:50

 「時間がない」じゃなくて「・・足りない」というカンジです。
 夜終わってホテルへ戻ってくるのが大体深夜0時頃。
 火曜日からは「夕食は会場のサンドイッチ」というのが続いてます。

 というわけで、水曜から更新出来ていませんでしたが、女子FSが始まる前に少しだけ。

 昨日の女子SPは、試合としては面白い展開になりました。各選手大体1ミス・・・といったところですが、大ミスじゃなかったことが救いです。首位に立ったカロリナ・コストナーはステップからのルッツでダブって前に傾いたカタチで着氷。この失敗よくあるパターンのような気がします(苦笑)。しかし演技自体は落ち着いていて、ファイナルでメダルを獲ったこと、そして昨年の優勝者としてのプライドを感じさせる大きな演技だったと思います。

 2位のキラ・コルピはノーミスで滑った数少ない選手の1人でした。ウォームアップでは苦労していたルッツが入り、ループもドンピシャで入ってから、嬉しさからか一気に加速。最後までエネルギッシュにピアゾラの曲を滑りきりました。

Kiira Korpi


 期待していたサラ・マイアーは、今季フリップがアウトエッジで踏み切ることで減点されることが続いたためか、ステップからのジャンプをサルコウに変更してきましたが、これが裏目に出ました。3回転にならずに降りてきたことでダブル判定。その着氷が乱れたことで得点は無いに等しいものとなり、テクニカルで得点を伸ばせませんでした。

 メダル争い以外では、イギリスのジェナ・マコーケルとドイツのアネット・ディトルトが素晴らしい演技で会場を沸かせました。マコーケルは昨年3月の東京の世界選を怪我のため欠場。今季は前半から試合に出場し上手く調整出来ていたのか、フリップからのコンビネーション、ステップからのルッツを含む難度の高い構成のSPをノーミスで滑りました。ディトルトは、ペア転向の話、テレビ番組出演に絡む選手資格の問題などで昨シーズンは某に振ってしまいましたが、よく復活してきました。FSをどれくらいまとめられるのかが気がかりですが、ラインの綺麗なキビキビとしたスケートをまた見られることが嬉しいです。

 男子、ダンスのことはまた後ほど。
 この1週間、ザグレブは快晴続きです。
 昼間っから会場にこもりっきりの自分たちには嫌味に思えるほどです。

※おまけ。ランビエルファンの方へプレゼント。
 男子表彰式での1枚です。
 2位と敗れはしたものの、立派な態度でした。
Stephane Lambiel
スポンサーサイト


コメント

  1. hatae | URL | -

    Re: 時間が足りない

    HIROさん、連日の観戦お疲れ様です。
    お目当ての選手のみの応援だけでも力が入るだけに
    終わってしまえばドド~ンと疲れが出てしまうものです
    が、会場も外も寒い中、疲れから風邪などひきませんよう
    ご自愛くださいね。

    ところで、ステファンの写真とっても嬉しいです。
    今回のフラメンコは、今までとはまた違う男性的で、
    それでいて美しいと思いました。v-344

    ステファンにしか表現できない彼の世界・・あ~またこの作品を
    テレビを通してではあるけれど、競技会という場で見ることができて幸せでした。v-10

    男子のレポート楽しみに待っています。
    PS:2位と敗れはしたものの、立派な態度でした。
    このお言葉に感動しています。ありがとうe-398

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/348-156fc094
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。