スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新"チャン"ピオンは・・・

2008年01月20日 12:45

 パトリック・チャン!

 カナダ国内選手権男子シングル。
 17歳の新チャンピオンが誕生しました。

Patrick Chan (Canadian Champion)


 パトリック・チャンが"チャン"ピオン・・・。

 このギャグの言いだしっぺは自分じゃなくて相方。
 寒いオヤジギャグだけど、許してちょんまげ。
 ダメなのさ、最近のナウいギャグって知らないの。
 「KY」とか言われても、リンダ困っちゃう・・・わけです。

 ------------

 前日のSPではトリプルアクセルで転倒して2位スタート。
 それでもかなりの点数を貰っていたのでFSに期待していましたが、今季のベストといえるだろう演技でFS1位となり、総合でも前日首位のジェフリー・バトルを逆転して初優勝となりました。

 ※写真は2007年11月、グランプリシリーズ仏大会のFSより

 最後のフリップを降りてストレイトラインステップに入る直前の大歓声。
 そこからもう鳥肌が立ってしまって、もう・・・。
 「これが感動ってモンだよな」と、目が湿ってくるのを感じました。
 ドライアイ対策にはまさに!・・・な演技。素晴らしかったです。

 トリノのファイナルのときに少し話を聞く機会があったんですが、音楽表現についてとても印象深いことを話してくれました。

 「子供の頃にピアノを習ったことが活きていると思う」

 17歳にしてこれだけ正確で深いエッジワークが・・・というベーシックな技術がまず高く評価されていますが、ピアノを通じて身につけた感性というか音楽の表現においても既に秀でているような気がします。

 「とにかく"経験"が必要。今はいろいろと学んでいるところです」

 とトリノで話してくれた新"チャン"ピオン。
 初の世界選となるスウェーデンのイエテボリでも、「今だからこそ」な新鮮さを武器に、上位進出を狙って欲しいと思います。
スポンサーサイト


コメント

  1. 郷禄介 | URL | CTixW4pY

    オヤジギャグ^^

    ご無沙汰してます。
    自分、『チャンちゃんチャンピオン!!!』ってタイトルで記事書いてます。
    はからずも正真正銘のオヤジってことがバレてしまいましたね・・・_(^^;)ゞ

  2. marie | URL | -

    Re: 新

    こんにちは。
    自分もピアノをやっていたので、ピアノと表現力のつながりというのはすごく分かる気がします。彼は音楽性がありますよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/344-81233317
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。