スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

2007年08月03日 01:06

 どういった処分が下されるのか、ずっと気になっていました。
「ひょっとしたら、今季は絶望的か?」
 厳罰としてはそういう処分も有り得ると思っていましたが、
「グランプリシリーズと、今季前半の国内試合の出場停止が妥当か」
 と、相方と予測していました。
 この処分に対し「良かった」とか「ほっとした」という表現は使うべきではないのでしょうが、日本選手の活躍を願う一スケートファンとしては、利己的な思いもありました。「枠」のことですけどね。


 織田選手の今回の事件は、日本のスケートファン、スポーツファンの間にとどまらず、世界中のスケートファンの間でも論議されてきました。大手スケートボード「FSU」の織田選手の事件・処分に関するスレッドの閲覧数、コメント数からも関心の高さが伺えます。


* Nobunari Oda - apprehended for DUI
http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?t=51617 
* Nobunari Oda - suspended from competitions for 5 months
http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?t=51751


 「処分が厳しすぎる」という声が予想以上に多いことに驚きました。異なった法律・文化・社会秩序を持つ人たちが集うボードなだけに、その国を基準に考えると「たかが飲酒(酒気帯び)運転」ととらえられることもあるんでしょうね。猛省している織田選手を追い込むつもりはないんですが、事件の重大性に関してのみ自分の意見を語るなら、「安全運転を心がけている中での事故より性質は悪いのでは・・・」と思っています。


 そして、独特な社会風土があること。
 これも「厳しすぎる」と処分の決定に非難の声があがっている理由のひとつだと思いました。
 個人としての責任は当然とらなければいけない。それに加えて、その個人が所属する団体の責任という点で、日本と他の国のその”程度”には大きな違いがあるのではないでしょうか。チームスポーツの一選手が何か問題を起こしたときに、当該選手の処分に留まらずチーム全体が出場を辞退したり活動を自粛することは珍しくないような気がします。


 優秀な成績を残しメディアへの露出も増えれば、賞賛の声と同時に批判の声も聞かれるようになるでしょう。自分に全く非がないところでの批判の声には確固たる姿勢を貫けばいいだけだけれど、法を破るという決定的なミスを犯してしまっては、一個人としてだけではなく、有名人としての責任を問われて然るべきでしょう。スポーツの世界で活躍する人間であれば尚更、選手を志す少年少女たちへのお手本となることも期待されます。4回転ジャンプを跳んで欲しい。世界選でメダルを獲って欲しい。それに加えて(あるいは、スケーターとしての成績よりも)子供たちのロールモデルに・・・という要求しては酷か、と思わないわけではありません。けれど、これは避けては通れないもの。そして、もっと厳しい言い方をすれば、これは「一流選手で居続けるための最低条件」だ、とも思います。「5ヶ月間の国際試合の出場停止」を含む織田選手への連盟からの決して甘くはない処分は、スケート競技・選手の母体への評価に関わるもの、と言えるのではないでしょうか。


 全日本選手権への道が閉ざされなかったことは、語弊があるかもしれませんが、織田選手本人にとってはもちろん、彼を応援するファンの人たちにも「救い」だったことと思います。厳粛に受け止め、練習と学業に打ち込んで欲しいです。全日本での滑り、待ってますよ。


※参考記事とTB先へのリンクは以下↓


フィギュア織田選手、国際大会に5か月派遣停止…処分発表
www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20070802i208.htm


 日本スケート連盟は2日、ミニバイクを酒気帯び運転して摘発されたフィギュアスケートの織田信成選手(20)(関大)に対し、8月1日から12月末日まで(5か月間)の国際大会派遣停止などの処分を発表、織田選手本人に通知した。


 処分はこのほか、「10月末日までの国内大会出場停止」、「12月末日までの特別強化指定選手の解除」「12月末日までのアイスショーなどへの出演禁止」。この結果、織田選手はエントリーしていたグランプリシリーズ第2戦のスケートカナダ(11月上旬)、第4戦のフランス杯(11月中旬)に参加できなくなった。


 一方、12月下旬の全日本選手権(大阪)には出場可能で、来年3月の世界選手権(スウェーデン)への道も閉ざされなかった。


 国内と海外の出場停止期間を区別したことについて、橋本聖子会長は「年内いっぱいは海外出場を避け、年末に国内で1、2戦するのが、本人のためになると考えた」と説明した。


 また、連盟は、処分とは別に、慰問活動や清掃活動などのボランティアに従事するよう指導した。


 織田選手は関大を通じ、「処分を厳粛に受け止めている。応援して下さっている多くの方々の期待と信頼を裏切ることになり、心から反省している」とのコメントを出した。


(2007年8月2日20時13分  読売新聞)



■トラックバック先:
織田信成選手の処分、決定す。(エマさん)
織田選手・処分決定(Plutakeさん)
織田くん処分決定(おロシア人さん)

スポンサーサイト


コメント

  1. おロシア人 | URL | -

    お久しぶりです。

    トラックバック有り難うございます。
    織田選手の記事、書かなきゃ書かなきゃと思っていながら、こういう事って上手く纏めるのが難しいなあと、何度もかきあぐねている内に、処分決定の日になってしまいました。(文筆業をなりわいとしている人は書きたいことも書きたくないこともきちんと纏められるわけですからね…。すごいなあ、と思いました。)
    枠のことも…かなり頭をチラつきました。(苦笑、いや半泣きかも。心配性なんですわ。)
    これからが大変ですよね。
    出来て当たり前、出来なきゃ揚げ足とられる。
    小心者の私は織田くんの復帰戦の際には(エラく気が早いョ…)断食、は無理ですが、暴飲暴食を控えてよい子にしていなくちゃ!と早くもお祈りモードです。

  2. oratorio | URL | DhGdiurI

    はじめまして<(_ _)>

    はじめまして、こんばんわ。oratorioと申します。
    いつもこちらのBLOGを拝見させていただいております。
    先日私のBLOGをこちらのBloggersリストに入れていただいている事に自身のBLOGリンク元のアクセスログを辿った際に気づきまして大変びっくりいたしまして、早くご挨拶に…と思っているうちにずるずるタイミングを逸してしまっておりました。今後ともよろしくお願いいたします。

    さて、織田選手の処分に関して連盟から発表がありましたが、納得できるものだと思いました。「枠」のことを考えると連盟も全日本選手権→世界選手権の出場への道を織田選手には残してあげようという思いがあったのだと思います。
    出場停止になる間、織田選手には厳粛に処分を受け止めて、自分自身を見つめなおして頑張って欲しいです。復帰戦で一回り大きくなった織田選手に会えるのを楽しみにしたいと思います。

    追伸:
    こちらの記事をトラックバックさせていただきました<(_ _)>。

  3. 黒子 | URL | JalddpaA

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    私、どーしても
    「連帯責任」や「ロールモデル」は
    完全には受け入れができない性格で
    この手の事件が起こるたびに
    もやもやっとしてばかりいます
    …関係なくて申し訳ないです。

  4. marie | URL | yriwnDKs

    再びお邪魔します☆

    何はともあれ、今季の過ごし方が決められる運びとなり、練習も再開したみたいで良かったですね。社会奉仕というのも、織田くんの親しみのある素直な人柄にぴったりで、普段あまり接する機会がない人達との素敵な出会いがありそうです★ お母様や他の先生のご指導や関大の恵まれたリンク環境を生かして、良い充電期間となるとよいですね。全日本での活躍が楽しみです☆ もちろん、今まで以上に暖かく応援したいです!
    ◆◇◆◇◆◇
    社会風土についてですが、私も米国生活が長いせいか、織田くんが「信頼を裏切った」「有名選手としての自覚に欠ける」「スポ一ツ界全体(??)に影響を与えた(JOC幹部談)」という言い方で、主に、その社会的影響について『有名人としての責任』を問題にされているようなのが、正直言って、最初は、何だかよく分かりませんでした...(lol)。そして、hiroさんの分析にあったこの言葉が、言い得て妙だなぁと感心した次第です☆

  5. chicconeri | URL | -

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    こんにちは、お久しぶりです。
    織田選手のニュースはイタリアで行われた「Japan onIce」直後だったこともあって、スケート情報サイトではリアル・タイムでニュースになっていました。

    「自分に甘い代わりに他人の過ちにも寛容」なイタリア生活が長くなってしまい、この件で織田選手が受けた「社会的制裁」にびっくりしました。

    「勤め人だったら懲戒免職処分」だそうで、日本人でありながら日本人としての社会感覚が鈍ってきているのを痛感しました。

  6. Hiro | URL | -

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    ■おロシア人さん
    いつもお世話になっております。
    自分もやっぱり「枠」のことは考えずにはいられませんでした(苦笑)
    織田選手、練習を再開したようですね。
    試合出場停止のほかにも援助の面でも制裁があったようですね。
    頑張って欲しいと思っています。

  7. Hiro | URL | -

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    ■oratorioさま
    ようこそお越しくださいました。
    以前(確か)マルクー&ブンティン組の解散→男性の再出発の
    記事を書いた際にリンクしていただいたことがきっかけで、
    当ブログのリンク集にoratorioさんのブログを加えさせていただきました。
    スケート以外の話題も楽しく拝読しております。
    どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

  8. Hiro | URL | -

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    ■黒子さん
    連帯責任に関しては、自分も納得できないことがあります。
    高校野球のチームの部員の一部が喫煙などの問題を起こし、
    それが原因でチームが甲子園出場を辞退、というニュースも
    たまに目にしますが、「可哀想に」と思ったりも・・・。

    個人スポーツに関しては、私生活でなにかトラブルがあっても、
    「プロとして結果を残せばいい」という意見も多くあると思います。
    けれど、個人スポーツとはいえ、これだけの優秀選手で、これだけの
    レベルを維持し、かつ向上させていくには、他からの援助は必要でしょうし、
    援助を受ける以上、スポンサー・所属先に恥をかかせる行動はご法度
    だと、自分は思っています。

    織田選手の謝罪会見の模様も少し見ましたが、
    処分を真摯に受け止め、反省している様子でしたね。
    同じ過ちは繰り返さないよう、しっかり学んで、
    そしてリンクに戻ってきて欲しいと強く願っています。

  9. Hiro | URL | -

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    ■marieさん
    日本国外のファンの反応には
    「Nobuが可哀想・・・」というコメントもかなりあったようですね。
    ファンが今回の連盟からの処分に色々言っても、
    織田選手がその処分を真摯に受け止めている以上、
    ファンがするべきことは、静観すること、
    そして織田選手の復帰に向けての過程でサポートすること、
    ・・・に尽きるんじゃないかと思っています。

    謝罪に関しては、その「涙」のことで色々と言われているようですが、
    謝罪のことばを口にしたことは評価したいですね。
    なかなか「ごめんなさい」を言わない人たちの間で普段暮らしてるので(笑)、
    言えばいいってもんじゃないと思いつつも、ヘンな話、織田選手の姿勢は
    立派だったと思いました。あれだけのカメラのフラッシュの中でね。

  10. Hiro | URL | -

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    ■chicconeriさん
    お久しぶりです!
    バカンスはいかがでしたか?
    熱波は大丈夫だったでしょうか。

    > 「自分に甘い代わりに他人の過ちにも寛容」なイタリア

    すみません、笑ってしまいました。
    ここはどうなんだろう。
    日本とイタリアの中間・・・ってとこでしょうか(^^;

    日本ほど厳しくないんじゃないかと思いつつも、
    「飲酒運転はダメ!」のキャンペーンはよく機能していると
    感心させられます。飲酒運転、シートベルトなど、車に乗る際に
    気をつけなければいけないことは、処罰として見せしめるより、
    命の大切さを前面に出したメッセージじゃないと、伝わらないものなのか、
    とテレビ広告を見ながら考えていました。
    有り得ないくらいグラフィックなものが多いんですよ。

  11. marie | URL | -

    Re: 織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

    >なかなか「ごめんなさい」を言わない人たちの間で普段暮らしてるので(笑)、言えばいいってもんじゃないと思いつつも、ヘンな話、織田選手の姿勢は立派だったと思いました。

    lol lol lol….☆☆☆ 
    確かに...。私はアメリカにいるのですが、ごめんなさいって、幼稚園の頃、習わなかった???っていうような事、たまにあります。その点、織田くんの、過ちを心から悔いる謙虚な姿は美しかったです。もともとすごく素直な子みたいですしね★ この経験から学んで、一回り大きくなった織田くんを見るのが楽しみですv-119

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/312-2a86e5e2
この記事へのトラックバック

織田選手への処分

先日ミニバイクで飲酒運転していたところを検問に引っかかったフィギュアスケート男子シングルの織田信成選手に対しての処分が発表されました。織田信成に国際大会への年内出場停止処分(サンスポ)・国際競技大会への派遣を1日から12月末まで5カ月間停止・国内競技大会

織田選手・処分決定

 再び携帯から。 Yahoo!のヘッドラインをリンクしていますのでそちらからご確認頂ければ幸いです。 ・国際競技会は昨日から年内いっぱいの5ヵ月出場停止。 ・国内競技会は昨日から10月末の3ヵ月出場停止。 ・特別強化の指定も5ヵ月外す。 その他ボランティア従事など



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。