スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006スケートアメリカ開幕!

2006年10月25日 23:38

浅田真央 えーっと。現地時間で26日(木)の夕方開幕ですね。
 日本時間では27日(金)の午前・・・でしょうか。
 アイスダンスCDから始まり、初日は男子とペアSPが行われます。
 日本からは織田選手、南里選手が出場ですね。調整は順調でしょうか。
 そして、浅田舞・真央姉妹と安藤美姫選手が登場する注目の女子シングルSPは27日(金)の夕方6時30分のスタート。楽しみです。

 さて、テレビで生放送を見れるわけではないんですが、それなりに盛り上がってきた自分。スケートアメリカのプレヴューでもUpしてみようか、という気持ちになりました。

 ついでに簡単な順位予想でも・・・とね。

 シリーズは計6大会あるわけですが、僕の大本命選手が出場する試合は2つ。
 つまり、スケートカナダとロシア杯ですが、その試合の女子シングルを除いたカテゴリーの予想なら出来るかな、と。
 ・・・というわけで、入賞候補の選手紹介と順位予想を(^_-)

アイスダンス
シネード・ケア&ジョン・ケア

 

 

 

 

 

 

 

 

::有力選手(&Hiro予想)

  1. アルベナ・デンコワ&マキシム・スタビスキー(ブルガリア)
    相方が言ってたんですが、アメリカ大会へは初めてのエントリーだとか。
    このシーズンが現役最後のシーズンとなるようですが、”しめ”のシーズン、どんな演技を用意してきたのか気になります。
  2. シネード・ケア&ジョン・ケア(イギリス)
    スコットランドの姉弟カップル。
    トリノ五輪では10位。カルガリー世界選では11位。
    昨シーズンもそうでしたが、「スロースターター」な印象もあるふたり、今季の世界選で入賞を狙うには、まずは前哨戦となるGS2大会で好成績を残したいですね。彼らはこのオフシーズン、長年師事したジョアン・スレーター氏との師弟関係を円満に解消し、今季は2度の五輪チャンピオンであるエフゲニー・プラトフ氏についてトレーニングしてきました。プラトフ氏は今後ケア姉弟組のフルタイムのコーチとして指導していくようです。
  3. メリッサ・グレゴリー&デニス・ペチュコフ(アメリカ)
    アメリカの2番手カップル。
    しかし今季は昨シーズン全米4番で2シーズン前の世界ジュニアチャンピオンである後輩マシューズ&ザボジンの急追が予想されます。気の抜けないシーズンとなりそうです。
  4. モーガン・マシューズ&マキシム・ザボジン(アメリカ)
    昨シーズンの全米4番。
    FDでの転倒がなければトリノ五輪に出場出来ていたのでは、と言われるほどジュニア上がりとは思えない完成度を持つ2人。男性はロシア出身。ロシア出身の男性の母の指導のもとバンクーバー五輪を狙うアメリカ期待のカップルです。今季は既にネーベルホーン杯に出場し、ケア姉弟に肉薄し2位に入賞しています。

その他の出場選手についてはこちらへ >>

男子シングル
ケビン・バンデルペレン

 

 

 

 

 

 

 

 

::有力選手(&Hiro予想)

  1. エヴァン・ライサチェク(アメリカ)
    トリノ五輪4位、カルガリー世界選3位。
    課題は大プレッシャーの中、SPをいかにクリーンに滑るか、でしょうか(笑)
    どうでもいいんですが自分、バンクーバーで金メダルを獲るのは彼じゃないか、と思っています。
    ブライアン・ボイタノが1988年に優勝したときの軌跡に似てきてるような。
    ボイタノ(1984年サラエボ5位20歳→1988年カルガリー優勝24歳)
    ライサチェク(2006年トリノ4位20歳→2010年バンクーバー?位24歳)
  2. 織田信成
    初出場の世界選で4位入賞は快挙ですね。
    高橋大輔選手、ジュニア世界王者の小塚選手と、日本勢の争いも毎年熾烈になっていきますが、GSで結果を出して好印象を残したいところ。
  3. スコット・スミス(アメリカ)
    先日のキャンベル国際のアメリカチームの一員。
    正直、面白い演技をする選手ではないと思うものの、ジャンプの安定性には定評アリ。
    彼の場合、キスクラでの乙女っぷりを見るほうが楽しかったり・・・(爆)
  4. ケビン・バンデルペレン(ベルギー)
    トリノ五輪のFSは4回転ジャンプを降り、見事な追い上げを見せた彼。
    怪我のためカルガリー世界選は欠場し引退も噂されたが現役続行を決意。
    オフシーズンにはイギリス代表でリンクメイトでもあるジェナ・マコーケルとの婚約も発表され、モチベーションも高まったのでは。風邪のため棄権した先月のネーベルホーン杯からどう復調しているでしょうか。
  5. クリストファー・メイビー(カナダ)
    昨シーズンシニアにあがったカナダの若手。
    ・・・といってももうハタチを越えてるんだったっけ(^^;
    硬さが抜け、演技の幅が広がれば一気にトップレベルに到達するんじゃないか、という期待を抱かせる滑りの綺麗な選手。今季は世界選の代表入りを狙っているでしょうね。
  6. アルバン・プレオベール(フランス)
    フレデリック・ダンビエが引退し、現時点でフランスNo.2の選手となったアルバン。
    初めての世界選手権となったカルガリーでは8位に入り、東京世界選フランス男子3枠獲得に貢献しました。今季のSPは昨シーズンと同じプログラム。FSは振付をニコライ・モロゾフに依頼し、お洒落で大人っぽいプログラムに挑戦するようです。

その他の出場選手についてはこちらへ >>

 

女子シングル
キミー・マイスナー

 

 

 

 

 

 

 

 

::有力選手(&Hiro予想)

  1. キミー・マイスナー(アメリカ)
    3月カルガリーは衝撃でしたねぇ。
    「キミー・マイスナー世界チャンピオン!」
    これ、何度復唱しても笑っちゃうくらい信じられなかったです(^^ゞ
    しかし自分、競技者としての彼女が大好きです。
    演技が大好きか・・・と問われれば必ずしも「Yes」とは言えないけれど、トリノ代表入りをかけた全米選手権FSで体調不良の中ジャンプをばしばし降りていく強さ、タフさ、攻撃的なプログラム構成には感心させられます。
    「サーシャが自滅したから」
    「マオがいなかったから」
    という声もありますが、自分のすべきことをした結果の優勝は当然誇るべきもの。
    負けないための演技ではなく、自分に、そしてライバルに勝つためのプログラムを見せてくれると嬉しいです。
    新作のSP、壮大な曲をどう料理してくれるでしょう。
  2. 浅田真央
    遂にシニアの選手権出場資格を得ました。
    山田満知子コーチのもとを離れ渡米し、新しい環境でトレーニングを始めた彼女。
    この環境の変化が吉と出ることを願います。
  3. 安藤美姫
    悔し涙を流したトリノの反省か、オフシーズンのトレーニングに意欲的に取り組んだという彼女。
    DOIで見せたステップの力強さからも今季にかける意気込みが伝わってきます。
    東京世界選の代表入りをかけ、シーズン前半で好印象を残したいですね。
  4. 浅田舞
    今季初戦となった中部選手権での演技が好評でした。
    キャンベル国際にも出場し、北米のファンからも賞賛の声が多くきかれます。
    スケートアメリカだけではなく先日「中国杯」への追加派遣も決まり、モチベーションも高まってきたのではないでしょうか。妹の真央選手とともに渡米し新しい先生のもとで練習してきた成果を是非披露してもらいたいものです。

 その他、エミリー・ヒューズ、サラ・マイアー、キラ・コルピなどアメリカ、ヨーロッパの顔と呼べる選手が集うハイレベルな試合になりますが、シーズン前半戦ということで、コンスタントに滑れるんじゃないかと思う選手を上位に予想してみました。その他のエントリーは:
http://www.isufs.org/events/cat00005614.htm

 

ペア

::有力選手(&Hiro予想)

  1. 井上怜奈&ジョン・ボールドウィン(アメリカ)
    カルガリー世界選では自己最高の4位入賞。FSだけでは3番でしたね。
    スローイング3アクセルを武器に、今季は表彰台も見えてきたのじゃないでしょうか。
    世界チャンピオンのパン&トン組の女性が腎盂炎のためアメリカ大会を欠場することになり、井上組に優勝の期待が高まってきました。もし優勝すればアメリカ勢としてはメノー&サンド組以来のGS(以前のチャンピオンシリーズ)優勝となります。プレッシャーを克服して是非クリーンな演技を見せて欲しいもの。
  2. ドロタ・ザゴルスカ&マリウス・シュデック(ポーランド)
    アマチュア最後のシーズン・・・になるんでしょうか?
    1月には自国開催のヨーロッパ選手権が待っています。
    怪我なく無事にシーズン前半を乗り切って、ヨーロッパ選手権、世界選手権でベストな演技が出来るといいですね。
  3. マリア・ムホルトワ&マキシム・トランコフ(ロシア)
    売り出し中のカップル。
    トリノ代表のオベルタス&スラブノフ組が長年師事してきた名匠タマラ・モスクビナ氏のもとを離れ、昨シーズン終了後彼らはモスクビナチームに移ってきました。現在は2度の五輪チャンピオンであるアルトゥール・ドミトリエフ氏の指導を受け、「ロシア期待の若手の筆頭」となった感があります。GSで好成績を残し地元サンクトペテルブルグで行われるグランプリファイナルに進出出来るでしょうか。

その他のエントリーはこちらへ >>


 

EVENT SCHEDULE (Local Time)
26/10/2006 (Thu)
16:30 CD
19:00 Men SP
21:00 Pairs SP

27/10/2006 (Fri)
17:00 OD
18:30 Ladies SP
20:30 Men FS

28/10/2006
15:30 FD
17:30 Ladies FS
20:00 Pairs FS

29/10/2006
14:00 Exhibition Gala

LINKS
2006 Skate America Official Site 
2006 Skate America USFSA Site 
ISU Entries and Results Page

スポンサーサイト


コメント

  1. Plutake | URL | 79D/WHSg

     こんにちは~
     予想だけ便乗してTBさせて頂きました(^^)。
     キャンベルとブロック大会と目にしてきても予想がつかないものの、それだけでも面白くなりそうです。
     

  2. Alex | URL | 79D/WHSg

    こんにちは!
    始まる実感がまだまだしませんが…自分的には今シーズンは織田選手が出る試合が一番緊張するかなって思っています。
    Hiroさんがエヴァンをバンクーバー金メダルと見ているのは意外ですが…たしかに、勝負強さを感じさせるスケーターですね。まずは全米勝ってねってかんじです(織田選手も同じく全日本勝ってねですが)。

  3. Dota | URL | 79D/WHSg

    こちらに書き込むのは初めてになりますっ!(^^)
    Alexさんのリンクから「スケアメ予想!」と言うことで、飛んで来つつTBさせてもらいました(^^)
    初戦から楽しみな試合が続きますねっ(^^)
    明日は会社なのですが・・・・どうやって途中で結果を知るか・・・が課題です(^^;;
    今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

  4. おロシア人 | URL | 79D/WHSg

    いよいよですね!ライサチェックはまた崖っぷち壮絶ぶりを披露してくれますかしら?そろそろSP,FPきちんと揃えて欲しい気もしています。ペアとダンスはご贔屓さんがいるのでハラハラしますが、シングルに関しては今回は純粋に試合を楽しめるかな?

  5. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼Plutakeさん
    レスが遅れてしまって、気がついたら試合終わってました(^^;
    今週も試合開始までに順位予想しよう、と思います。
    またTBよろしくー!

  6. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼Alexさん
    今回のエヴァン、またSPでつまづいちゃいましたね(^^;
    しかしFSはほぼノーミスで素晴らしかったと思います。
    織田くんのSP、すごく滑らかで良かったですね。
    NHK杯の連覇も狙ってることでしょうね(^_-)

  7. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼Dotaさん
    はじめまして、ようこそ(^^)
    お名前はよく拝見してます。
    シーズン初戦でいきなり凄まじい注目だったようで。
    今後どうなっちゃうのか少し心配です。
    今週も村主、恩田、高橋と日本のビッグネームが滑ります。
    エキサイティングな週末になりそうですね。

  8. Hiro | URL | 79D/WHSg

    ▼おロシア人さん
    試合、楽しめましたかー?
    真央選手の思わぬ失敗があったり、安藤さんの復活劇があったり、
    楽しい週末になりましたねー。
    今週のカナダはシングル競技もそうですが、
    ダンスのデュブレイユ組、カナダの新人組はどんな演技を見せてくれるか
    とても楽しみにしています。
    放送事情、一応チェックしておかなきゃ。
    見れるわけじゃないけれど・・・(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/29-f37b9cb8
この記事へのトラックバック

開幕ですね!

 自分の今季はショーより競技会優先と再認識したところでようやくテンションも少しは復活したかもということで、HIROさんのところ(ということでTBです!)でスケートアメリカのプレヴューと順位予想ということで私も便乗(笑)。 あくまでも予想の順位ですが・・・

スケートアメリカ (スケジュール/参加選手/期待)

2006-07シーズン グランプリシリーズ初戦スケートアメリカ [日程/滑走順/結果] [公式サイト] [アメリカ連盟/写真&ニュース] [テレビ放送TV朝日系地上波] [BS朝日放送予定] いよいよ今週末はスケートアメリカが開催されます。 グランプリシリーズは全6戦。選手の世界ラン.

さぁ??いよいよ始まりますっ!勝手にスケアメ予想ですっ!(^^;;

さぁ?? グランプリシリーズ スケートアメリカっ!! もう、明日の朝には始まってし



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。