スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼントはポーランド国歌

2007年01月25日 10:19

 やっぱり地元の試合なのだから、彼らにはメダルを獲って欲しかった。
 それが達成されただけじゃなく、メダルを祝福し、長く頑張ってきた彼らを称えるかのようなファンからのポーランド国歌は、これ以上ないサプライズな贈り物だったかもしれません。


Dorota SIUDEK / Mariusz SIUDEK

 前日のSPではソロジャンプにミスが出て3位。
 しかも、4位とは僅差ということで、FSで何か大きな失敗があったら最悪の場合表彰台にあがれない可能性もある、と危惧もしていました。実際ペアFSの最終グループが始まる直前に知人のファンと話したのですが、「大丈夫でしょう。大丈夫なはず」と期待しつつ、けれど、フィギュアスケートをスポーツとして見る楽しみでもある「不安」は、会話中に確かに存在していました(笑)


 地元ポーランドで、この国が生んだ偉大な作曲家フレデリック・ショパンの名曲をアレンジしたFSを用意してきたドロタ&マリウス・シュデク。この日の彼らはお昼の男子SPを見学に行くなどリラックスしているようにも見えましたが、ペアFS最終グループのウォームアップが始まると、特に女性ドロタの表情はお昼とは別人のように気合が入っていました。


 SBSのソロジャンプで女性が2回転になるミスはありました。しかしスローイングは2つしっかり着氷し、得意のリフトでは会場は沸きに沸き、終盤、大きなエレメンツはほぼ終了した頃から出始めた彼らの充実した笑顔は、客席後方部でもはっきり見えたんじゃないでしょうか。何気ない仕草でありながら、それでも「よしっ!」と自分たちの演技を楽しめているその表情に、フィニッシュまで拍手は途絶えることがありませんでした。


 ポーランドでのヨロ選ってものすごーく久しぶりなんだそうですね。
 久々の開催で自国の選手がメダルを獲る。
 ヨロ選のプリヴューのところでひょっとしたら書いたかもしれませんが、僕がこの大会に愛着を持ち始めている理由は今日の客席にありました。前後左右ポーランドの国旗だらけ。「恐怖を感じない愛国心」と個人的に感じているんですが、自分の国を代表して競技し、そこで高い評価を得るアスリートを国民は誇りに思って・・・。いいですねぇ。しみじみそう思いました。


 和やかな表彰台でのセレモニーの後、ウイニングランでリンクを1周する3組6人。
 列最後尾の彼らはリンクサイドのいたるところに知り合いがいて、なかなか前の二人に追いつけません。ちょうどジャッジ反対側に陣取ったカメラマンの前でポーズととる彼らに、僕の横に陣取っていた女性ファンたちがポーランド国歌を歌い始めました。オーケストラ伴奏もなにもないアカペラの国歌はファンからの贈り物。そしてドロタからは感極まっての涙が御返しとなりました。その光景を目撃出来て良かったです。思わず僕もホロリ。


 自分にもまだ感情が残ってるんだな、と安心しました。


 アリオナたちの初優勝ももうひとつのハイライト。
 別のエントリーとして遅くならないうちにUpしたいと思います。
 取り急ぎ、アリオナたちの写真だけでもね。
 明日も楽しんできたいと思います。


Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY

スポンサーサイト


コメント

  1. エマ@ケータイ | URL | ihMNMLjo

    生観戦ならではのエピソードをありがとうございます。
    いいレポートの前には、いいエピソードあり、ですね。
    こういうお話も読めるのが、ファンレビューの醍醐味だと思います(^^)。

    アリョーナ達の優勝も嬉しいので、
    引き続き感想を楽しみにしています。

  2. のら | URL | -

    Re: プレゼントはポーランド国歌

    ポーランド組、終わってから、私も泣いたわ~。客席、本人たちの満足さ、
    もうすぐ引退~とか考えると、感慨深かったです。
    ドイツ組はお見事やったわ!!
    男子もトーマス君の首位でなんかおもしろくなったね。
    ダンスも上位の争いがわくわくです。
    こっちも昨日から雪で回りは真っ白よ。
    会場寒そうだけど、風邪ひかないでね。

  3. Plutake@携帯 | URL | mQop/nM.

    お疲れ様です~

    そして心温まるレポをありがとうございます。
    感情が死んでいたらレポできないですよ(笑)私も現地に居たら確実に緩みそうだわ。

    最後の大舞台である東京ワールドでしっかり見届けたいです!

  4. 黒子 | URL | JalddpaA

    Re: プレゼントはポーランド国歌

    「恐怖を感じない愛国心」
    というのは素晴らしいですね。
    他国人、それもライヴァル選手の国の出身者にとっても不快でない範疇の愛国心て
    もともと成立しがたいものですしね。

    この組も結局3月にはいらしていただけないようで、
    最後に豪快なリフトを生で見納めしときたかったです。

  5. MAT | URL | /xzFVZWc

    ぼーだー(T_T)

    HIROさん、生観戦ならではのレポありがとうございます!
    ドロタさん&マリウス君、メダル獲れてよかった(泣)

    何の誘導も演出もなしに合唱が起こるというのは素敵なことですよね。
    「恐怖を感じない愛国心」、とことん味わってきてください。

  6. おロシア人 | URL | -

    どうやら、東京には来ないという噂もあるようですが…。


    んなことぁ、どうでもよい、そんな気持ちになる心あたたまる記事でした。


    願わくば私もその場にいて歌いたかったですね。(ポーランド国歌歌えないけどさ)

    もともと涙もろい私ですからもしその場にいたら、大泣きかも(笑)。あ~んなリフトやこ~んなリフトを現地で見られたなんて最高ですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/263-fb33f999
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。