スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カナダ」&「日本」

2004年06月10日 10:31

 去年もこの時期だったっけ。
 もうちょっと早かったような気もするけど、今年もいきなり来た。

 火曜のお昼、処理しなければいけない書類を片付けてPCを閉じた直後に携帯が鳴る。友人Pさんからで、「あ、久々♪」という挨拶もそこそこに「ね、出たよ、アサイン!」でいきなりハイテンションに。彼女が電話をくれた理由は単に「出た!」ということじゃなく、「僕の大本命選手が派遣される2つの試合がどこになるか」という点において、かなり衝撃を受けたから、…のようだった。

 「カナダ」と「日本」…って(笑)。

 彼女にもにとっても、北米のGSに出場するのは久々なんじゃないだろうか。今度の「スケートカナダ」の開催地は東海岸に位置するハリファクス。1990年の世界選手権が行われた場所で、伊藤みどりさんが銀メダルを獲得した、一部のファンは聞いたことがある名前だと思う。

 僕自身、カナダにはこれまで2度行ったことがある。
 西部のバンクーバー、中部トロント近郊のキッチナーで、「今度は是非東のほうにも」と常々思っていた。北米東海岸への旅って、大きな海を越える旅ではあるものの比較的楽なのよ、僕らにとっては。「スケカナ」のチケットは昨年の秋に発売され、「入手は難しいだろうな」と諦め半分でかけた電話がなんとか繋がり、一応必要最低限(!?)の枚数は確保した。行けるかどうかは直前まで確証は持てないものの、「行きたくとも(チケが無くて)行けない」状況だけは避けたかった(^^;。

 その日の夜、今度は別の友人Mやんより久々の電話。
 彼との電話中、カナダと日本行きが決まった某仏人スケーターから携帯のほうにメッセージが入る。
 「アサインにはとても満足。キミら(HIRO+SEAN)とは多分日本で会える?」
 というメッセージに一瞬絶句。

 もし時間的、金銭的に会えるんだとすればカナダだよ(爆)!!

 電話先でその内容を知ったMやんは、
 「けど不思議がられるんとちゃうん?なんで日本じゃないのって。HIROちゃんが前科アリの人間だとか、もしくは日本人と違うんかい?とか」
 とゲラゲラ笑っていた。んなわけねえよ。

 行けたらいいなぁ、とはすごく思う。
 北米での試合経験がそう豊かなわけではない2人を応援するって、やはり少し特別な意味もあるんじゃないか、と僕は思うのだ。それプラス、「旅行」としても久々の北米を充分楽しめそうなロケーション。ゴハンも美味しそうだし(^_-)。

 というわけで、僕らのGS観戦候補地は:
 第1候補:カナダ-は不動のポジション。
 次に「フランス」「日本」が並んでいるんだろうか。
 まあ、計画立てるだけなら金はかかんないし。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/234-0d494286
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。