スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェナ・マコーケル(GBR)-'04年スケカナの思い出

2005年09月14日 00:30

 プルタケさん家のトップ画像がジェナ・マコーケルに変わってました。去年のスケカナのFS(白鳥の湖)の写真を見て、約1年前のカナダへの旅のことを思い出しました。

 恩ちゃんとフレデリックのこと以外、そしてオフでのこと以外に試合としての思い出はあまりないのですが(爆)、帰りの機内でのことは強烈すぎて、多分この先10年くらいは忘れられないと思います。

 僕らはスケカナ最終日(日曜日)の夜の便で帰国。
 ハリファクス発が夜9時くらいだったかな。
 途中セントジョンを経由してロンドンに…というエアカナダ機でした。
 搭乗を待っているときにまず
 「うわ。濃いフライトになりそう」
 と思ったんですが、濃いどころか「濃すぎ」でした。

 スケカナに出場したヨーロッパ選手(の一部)と同じ便だったんです。

 搭乗15分くらい前に僕らの少し前にスザンナ・ポイキヨが居たので、写真をお土産に近づき、彼女、そして彼女のコーチと少しだけお話。微妙に緊張した自分は、エアカナダ:ロンドン行きの搭乗口で待機するポイキヨに、
 「これからどこに飛ぶの?」
 とマヌケな質問を発し、「ロンドンです」くすくすと冷笑されるというオマケつき。
 搭乗が始まり自分の席についたときに予感はあったんですよ。
 前方にベルギーのケビン・バンデルペレンと「キャッキャッ♪」と笑いながら歩いてくる大柄な女の子が。そして彼女は通路こそ挟んでいるとはいえ、ものの見事に僕らの隣の席へ。

 はい。ジェナ・マコーケルとお母さん。そしてコーチの男性でした。

 彼女たちの会話が筒抜けってことは、僕らの会話も聞こえるわけでしょ。
 スケートの話、選手の話は控えようと思っても、ついさっきまでスケカナを見てたわけだし、無理ってモンです。必然的にSEANとは日本語での会話になったわけですが、ジェナ本人のことは話してないとはいえ、彼女のライバル選手だったり、スケートのことを「話してると思われる」のが、なんだか恥ずかしかったんです。んなもんで、固有名詞を日本語風に表したりと、アタマが疲れる会話でした。(例えばポイキヨだったら、「某北欧F国のP選手」みたいな、ね/笑)

 どうやらケビンとは仲が良いよいで、ジェナの3-4列前に席が離れた彼へ、
 「ねえケビン!キャンディー食べるぅ?」
 と元気に声をかけてましたね。修学旅行のノリ。
 経由地のセントジョンでは1時間以上時間があったんですが、ジェナの席へケビンが遊びにきて、ジェナママも含めギャハハ笑い、もとい談笑していました。「ねえ、ここに止まってる間にさ、この飛行機の前から後ろまで何往復出来るか競争しようよ」と彼女ケビンに提案してましたが、「やだよ。狭いし」とあっさり拒否されてました。狭い通路で競歩するジェナとケビン。見たかった…。(このときケビンに前シーズンのラリックSPの写真をプレゼント。ノーミスのSPで「YEAH!」とジョン・トラボルタよろしく人差し指を立て「フィーバー」してる姿です)

 氷上のイメージとのギャップに絶句しつつ、良い意味で驚いたことが少し。
 選手ってどこでも寝られるもんなんでしょうか。
 それとも単にフライト慣れしてるってことなのか。
 ロンドン到着前の2時間、気流が悪かったせいで揺れまくりだったんですね。この手の揺れって短時間でおさまることが(今までの自分の経験では)多いけれど、このフライトの揺れは本気で事故の心配をしてしまうほど。到着1時間前には朝食がサーブされたんですが、気流の関係で、コーヒーなど熱いお飲み物サーブされませんでした。子犬のように(!)震える僕らとは対照的にジェナたち、爆睡してましたねぇ。日本で震度4以上の揺れがあったとしても、気づかずに朝までぐっすり…のタイプだと思います。氷の上でスピンしたりジャンプしたり、細いエッジ1本で体を支えたりと、バランス感覚抜群の人間ならでは、なのかもしれません。


 少しばかり彼女の「本業」について話すと、去年の演技、随分と進歩したと思います。
 女の子に体重の話は申し訳ないんですが、彼女、随分と絞られましたね。まだジュニアっぽさは残ってるものの、シニアにあがって今度で今度で3シーズン目ですし、どんどん磨かれてくると思います。FSの白鳥の湖もとても丁寧に滑っていた印象があります。

 モスクワ世界選手権では、SPで「狙える」位置にいたものの、FSで細かいミスを連発し、そこでの五輪枠獲得はお預けとなりました。ミスなく滑ったら点数が出る、基礎が出来ている選手だと僕は思います。あとはプログラムの良し悪し、そして本番で力を発揮出来る精神力の問題なのかもしれません。

 10月中旬の五輪最終予選を当面の目標に、今練習に励んでいるはずのジェナ。
 是非枠を勝ち取って、久しぶりに英国女子の滑りを五輪で披露してもらいたいと思っています。

 グッド・ラック、ジェナ!

スポンサーサイト


コメント

  1. Plutake@携帯 | URL | 79D/WHSg

    トップ画像に反応感謝です(^-^)
    ジェナとケビンの競争、実現していたら私も観たかったです~

  2. Hiro | URL | 79D/WHSg

    いえいえ、こちらこそ「ネタ」に感謝です。
    オフのことだけに「書きすぎたかな」と微妙に反省。
    そのギャップに驚いたけれど、考えてみれば
    いわゆるフツーの女の子(ぎゃる)ってことだものね。
    「北京でも頑張ってね」と声かけたんですけど、
    「サンキュー」と笑顔で返ってきましたよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/203-4129b931
この記事へのトラックバック

Top画像変更・Jenna

 初Liveは03~04季のラリック杯。 当時は「演技中での笑顔がいいなあ~また観れるといいな~」と好印象。 昨季は当初は中国杯のみのアサインだったものの、9月にはスケカナへのアサインされると聞いた時にはニヤリ。 多少ウエイトオーバー気味だった前季よりも少しは...



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。