スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏マスターズ|ネベルホーン

2005年10月01日 08:06

 初秋の仏国内選ともいえるフレンチ・マスターズが今日開幕。
 男子シングルなどが行われて、個人的には凹んでしまう展開になってます。
 男子SP、ブライアン・ジュベールが首位、2位に世界ジュニア2位のヤニック・ポンセロ。フレデリック・ダンビエは大きなミスを2つ出し6位と出遅れました。

■フレンチマスターズ|男子SP
1. Brian Joubert (Club France) 71,74 pts
2. Yannick Ponsero (Annecy) 62,49
3. Alban Préaubert (Charleville-Mézières) 59,54
4. Samuel Contesti (Gap) 58,33
5. Damien Djordjevic (Amnevillois SG) 56,71
6. Frédéric Dambier (Tours) 55,08

 首位にたったブライアンは4+3のコンボ、3アクセル、3フリップは一応入ったみたい。なにかのジャンプでお手つきがあったようだけど、詳しくチェックしてません。一方フレデリックは最初のアクセルが抜けシングルに。続く4サルコウからのコンビネーションの予定がクワドで大きく転倒。シングルのアクセルに転倒だものね。点数伸びなくて当然か。…にしても苦笑いじゃ済まなくため息も出てしまいましたよ(^^; 

 FSは明日の夜。気持ちを入れ替えて臨んで欲しい。
 自分もあまり悲観的にならないようにしなきゃ。
 去年のこの試合はブライアンが絶不調で総合3位とかだったものね。

◆参考サイト:YAHOOフランスより


 ネベルホーン杯も今日開幕。
 (結果サイトは、こちら

 初日はダンスCD、男子SP、ペアSPが行われました。
 男子SPは大体予想どおりといったところでしょうか。
 日本から出場の神埼選手が3位と健闘しています。

 ダンスCDはアメリカのベルビン&アゴスト組が順当に1位に。
 復帰戦となった元世界選手権メダリスト、ドロビアツコ&バナガス組(リトアニア)は2位につけましたが、CDで2点の点差って結構大きいんじゃない?イギリスのオコナー組、メキシコのムナーナ組が苦しいスタートなようで心配です。

 ペアSPはドイツのサブチェンコ&ゾコルヴィー組がダントツの首位ですね。あはは。すごいすごい。

 今日も忙しい日ですね。
 東京はJIS
 見に行けない自分は今週、別ネタでブログを埋めたいと思います(笑)。

 でも、「恩ちゃんガンバァァぁぁああ!」は忘れてないよ。当然じゃん。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/197-2e3c77c0
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。