スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'05スケートアメリカ|大輔フィーバーは続く

2005年10月25日 21:11

 昨晩は遅くまで歌の練習が入っていました。
 帰宅する前にSMSを確認すると「牛乳買って来て」とSEANからメッセージ。
 任務遂行したよの僕からのメッセージの中に、このリクエストも加えました。

 「DaisukeのLPをDLしといて。よろしく」

 その1分後、「もうDL済み」と即レスが入りました。
 仕事から戻ってすぐにDLを始めたんだそうです。考えること一緒(笑)。
 僕は「じゃ、エヴァンのグリースもDLしといてよ」と再びリクエストを送ったんですが、もう11時過ぎてたんだよね、その時点で。

 「永遠に終わらないよ。サイズでかすぎるんだよ。大輔LPをDLするのにどのくらい時間かかったと思ってんの?1時間近くだよ。僕、もう寝るよ」

 だって。ウチのネット環境、わけあって未だ劣悪です。

 というわけで今晩の動画はエヴァンになりそう。
 頭ん中は既にグリースのメロディーが流れまくってます。ふぅっふっふー♪(謎)

高橋大輔(スケアメFS) さて。高橋くんのLPですが、JICよりも出来が良かったのは当然として、観客、それも敵地(!)の人たちの反応が凄かったですね。終盤のストレートラインステップの終わりの頃なんて、もう…。ステップに入る前の3フリップ、3サルコウのところから既に鳥肌が立ちそうになってましたが、このステップではカラダに電気が走ったような感覚になりました。いやはや。男のエロ、いえ、色気に完璧にノックアウト。ちなみに最後のポーズ直後SEANから発せられたことば(声)は、

「ぃやぁ~ん

 でした(爆)。

 キスクラでの様子も感動的でしたね。
 第一点が出たときの長光先生の歓声。
 「これって良いわけ?」と言ってるような彼の反応とは対照的でした。
 彼自身の努力もそうですが、長光先生にとってもなにか「報われた」瞬間だったのかもしれませんね。

 シーズンのピークはここじゃなく、全日本。そしてトリノ。
 頑張ってください。

 ああ、こうやってフィギュアファンはドツボにはまっていくんだね。
 前回のSLC五輪のシーズンも、大本命(トッド)のフィナーレでファンも燃え尽きるはずが、恩ちゃんとフレデリックに一目、二目、三目惚れするというオチが待っていました。僕らもそろそろオトナになりたいんですけどね。母にこう言われます。

 「また観戦旅行かい。アンタいい加減にしなさいよ」

 フランス→ロシアの連(観)戦のことを話したら、本気で嘆かれました。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/177-fa600323
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。