スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏男子-ヨロ選代表決定はテストスケート後に

2005年12月16日 03:30

 先週末行われたフランス国内選手権で4位と振るわなかったフレデリック。
 2位に入りながら1月のヨーロッパ選手権の代表から洩れたサミュエル・コンテスティ側が異議を申し立て、フランス五輪委員会から「来週火曜日にテストスケートを実施する」という発表があったようです。

 >>仏紙「L'EQUIPE」の該当記事
 >>友人chollaの英訳は以下:

3 candidates for 2 places

A selection test will take place Tuesday -in camera- (no audience allowed) at Asnieres skating rink,
in order to decide between Frédéric Dambier, Alban Préaubert and Samuel Contesti.
Only two of them will qualify for Euros which will be held in Lyon, Jan 14 to 22.
A choice which is crucial for 2 reasons since both candidates will also be qualified
for the Olys in Torino.

The rules settled by FFSG, originally adding the two best scores of each skater
in order to make the selection, led to an arguable situation Saturday in Besancon,
at the French Nationals. Dambier, world Nr 11 and French Nr 2, who totally missed
his Championships, was second in the selection with a total of 392,91 points,
before Préaubert (391,03) and Contesti (390,18).

But Contesti, which has regularly won over Dambier in national competitions
(Masters, Bompard, France) requested the conciliation of CSNOF.
The conciliator, following an audience which was held on Wednesday,
agreed that "the selection criteria chosen by FFSG did not ensure,
though well-intentionned, an equality of chances between the contenders"
and offered to organize a test of selection.

"Brian Joubert, world Nr 4 and French Nr 1, being de facto qualified,
this test will concern Samuel Contesti, Frédéric Dambier and Alban Préaubert
for the attribution of the two spots remaining available according to the FFSG."
But so far Dambier doesn't plan to participate to a test which he considers unwarranted.
«It is absolutely grotesque and way too easy to question now a selection process
which has been ratified by all".

 正直に言うと、大ショック。というか激怒。
 ファン仲間のYさんから早速メールを貰いましたが、混乱しちゃって、まともに返信出来ていなかったと思います。「頑張れ」とも言えません。この記事では

「ヨロ選代表残り2人を選ぶ演技会に出ることは考えていない」

 とあるじゃないですか。とんでもない事態になっっちゃったよ…。

 色々と思うことはあるんですが極力冷静に。
 2位に入りながら代表権を得られなかったサミュエルは不運…だと思いました。
 けれど同時に、「ルールはルールだ」とも思ったわけです。
 FSUでは、サミュエルの関係者らしき人間が、
 「仏連盟が定めた選考ルールを、サミュエルは直前まで知らなかった」
 と書いていましたが、真っ赤な嘘。国内選のずーっと前の時点で、僕らは知ってたわけですよ。仏人でもなく、スケーターでもない自分(とSEAN)が知ってて、フレデリックらと競うはずのサミュエル陣営が知らないわけがないじゃないですか。そして、「2つの大会の良いスコアを合計した得点で決める」というルールであったためでしょうが、国内選でのサミュエルの得点の出方は異常でした。クワドなし、若干のミスがありながら、TEBのジェフのFSに近い得点って「裏に何かある」と思われて当然だと僕らは思ったわけです。でも結局は及ばなかった。今季フレデリックとの直接対決で3度勝っているにしても、「2つの試合の総合得点で決める」というルールには一歩及ばなかった。

 フレデリックとサミュエルの対決に思われてますが、実際はそこに国内3位のアルバン・プレオベールも居ます。今季アルバンはフレデリックのコーチであるアニック・デュモンのところに移籍しました。フレデリックとはつまり僚友。そしてサミュエルと、国内5番で先日のNHK杯にも出場したヤニック・ポンセロはデュモンとはライバルになるコーチ(ディディエ・ルシーヌ)に師事する2人。ブライアンの他に選出された2人が共にデュモンのところから…ということで、「何か政治的なものが背景にあるんじゃないか」と噂されているようですが、これ、とんでもないストーリーです。ぶっちゃけて言うと、これ、「逆」ですよ。

 テストスケートが来週火曜日に開かれるなんて、フレデリック本人にとっても寝耳に水だったはずです。というのは、今週火曜日のお昼にこんなメールが来てたからです(以下一部引用):

...... And I did fight so much during all the program...
But that 's sport and I will only look in the future
and prepare for great things in Lyon!

 火曜日の時点で「リヨンでは頑張る」と話してたわけですよ。
 一旦代表が発表されてから、それが取り消し(保留)になるわけですか?
 それも、仏連盟が決定を先送りにしたんじゃなく、仏五輪委員会。
 ヨロ選は五輪代表最終選考会を兼ねるのはわかります。
 でも、「五輪」と「ヨロ選」の直接の管轄は別物のはず。違うんですか?

 上にも書いたように、フレデリックは「テストスケートには出ない」とあります。
 僕は、それでいいと思う。
 あらゆる手段を使って代表の座を奪おうとするより、こっちのほうがずっと賢明。
 僕らがフレデリックに望むことは、「"Bad Loser"にだけはなるな」ということ。
 納得出来ないことを無理に承諾する必要もないでしょ。
 出るなら出るで応援するけれど、ファンとしても五輪委員会からのこの通達は全くもって納得出来ないんだもの。これでヨロ選→五輪が無くなったとしても、彼が選んだことであればそれを尊重したいし、逆に「よくやった」と祝福したい気持ちです。

 というわけで、ファイナル、集中出来そうにありません。
 観戦に行かれる皆さん、楽しんできてください。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/147-317e071c
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。