スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョアニー・ロシェット-母に捧げる「愛の賛歌」

2006年01月14日 22:35

ジョアニー・ロシェット カナダ国内選手権の女子が終わりました。
 優勝は予想どおりジョアニー・ロシェット。2連覇。
 FSが終わる前にUPしたかったんですが、どうでもいいネタ(マイケル・ワイスの尻の記事だけど・笑)をUPした後、眠くなっちゃって。

 1週間くらい前でしたが、FSUで「ジョアニー本人による今季のプログラム解説」のことが話されていました。彼女が公式サイトのジャーナルにUPしたものでしたが、これを読んでものすごく切なくなってしまって。不覚にも読みながらこみ上げてくるものが。

 あ、吐き気じゃないから。聞いてないか。

 少し引用します。FSの選曲についてのエピソードね。

When she was in her early 20's, my mother had a many years love relationship with a man. They were engaged and two weeks before their wedding, my mother's fiance passed away in an accident. After those really sad moments she went through, my mother fell in love again with the man who is my father. As a result of their love, they wanted to have children. My mother was pregnant a first time but the baby died very shortly after he was born. This had to be another very painful experience that both my parents went through together successfully because I feel they really love each other. They really wanted to have children so they persevered and tried again and the result is me! I'm their only child.

When David brought me the CD of that piece of music, I was really not sure, as I stated previously, that it was a good idea. I didn't know much about that song. I was on the road with my mother, I put the CD in the car's player and I made her listen to have her thoughts. I was shocked. I couldn't understand what was going on. She started crying right when she heard the first notes. She told me that she listened to that song so many times, after her fiance passed away. It was HER song.

www.joannierochette.com/journal.htm

 「映画のような…」って思ったんですよ。
 彼女のお母さんの人生、ひとつの映画になりえると思いました。
 挙式2週間前に婚約者が事故で他界。
 その後再び恋に落ち結婚。
 最初の子供は生まれて間もなく息をひきとる。

 振付師デイビッド・ウィルソンの選曲。
 ジョアニー自身はこの曲で滑ることが出来るかピンと来なかったとか。
 意見を求めようと母に聞かせたときのこのエピソード。
 この「愛の賛歌」。お母さんが辛いときにずっと聴いていた曲だったんですね。
 この解説を彼女は、
「辛いおもいを抱えてきた母、両親が私にくれた愛に応えるためのFS」
 というようなニュアンスで締めくくっています。

 五輪出場の夢は叶いました。
 あとは大きな怪我をすることなく、2月の本番に備えるだけ。
 トリノの大舞台で、お母さん、お父さんのために、立派にこのFSを滑りきって欲しいものです。

スポンサーサイト


コメント

  1. miriam | URL | 79D/WHSg

    とても切ないエピソードですよね。
    彼女自身、お母様の涙を見たとき、ジャーナルに記したこと以上に
    色々なことを感じたんじゃないでしょうか。
    トリノの舞台では、ぜひ素敵なパフォーマンスをみせてほしいですね。
    久々の書き込み、失礼しました~。

  2. Plutake@携帯 | URL | 79D/WHSg

    泣けました…
    スケカナ映像で演技を観た時に想いが存分に込もっているとは思いましたが、切ないことではあるけれど、いい記事をありがとうございます!
    順位は別にしてでもトリノの舞台で魅せてきて欲しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patinaggio.blog69.fc2.com/tb.php/133-7772c88d
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。