スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ご飯茶碗一杯の価値」-キャンデロロの発言

2006年03月16日 04:35

荒川選手へのコメントで謝罪=「ご飯一杯の価値」-仏テレビ局

【パリ15日時事】フランス公共テレビは15日までに、トリノ冬季五輪のフィギュアスケートの中継に際し、金メダルを獲得した荒川静香選手の演技に対して「侮辱的なコメントがあった」として平林博駐仏大使に対する謝罪文を郵送した。
 在仏日本大使館によると、仏公共テレビ局フランステレビジョンは2月23日の女子フィギュアの自由演技を中継。この中で、フランスの元スケート選手フィリップ・キャンデロロ氏が、逆転勝利を収めた荒川選手の演技について「茶わんのご飯一杯に値する」と語った。

 キャンデロロの「米」発言と文部科学相の「(スルが)コケてHAPPY」発言。
 どっちがマシか-と問われたら、うーん、どうしましょう(苦笑)。

フィリップ・キャンデロロ 「”ご飯一杯の価値”って、どれくらいなわけ?」

 と僕、まず思いました。
 その前に、この騒動の流れがわからなかった。
 この短い記事を読むだけでもキャンデロロに悪意がなかったのはなんとなく理解出来きました。けれど、どうして「お米」を使わなきゃいけなかったのかがわかりませんでした。読後複数のブログにお邪魔し、在仏の方のエントリーを読ませてもらって、この一連の流れをようやく把握出来た、という感じ。

 僕が思ったのは、「米の価値の差」なんじゃないかな、ということ。
 微笑ましい発言では決してないし、強いて言うなら苦笑い。悪意はないにしても不注意でしたね、キャンデロロ。

 在仏の方が言われるのは、

「パンの国だから、”米=貧しい国”というイメージがないわけじゃない」

 とのこと。なんとなくわかるような。
 もちろん、40~50年も前とは全然違うし、今の日本を貧しい国と思う外国の人はまずいないとは思うけれど、モノが持つイメージ、そしてそのイメージが先行すること、残存することが、今回の騒動に繋がったんじゃないか、と思いました。

 悪意はないんだから目くじらをたてるつもりはありません。
 けれど同時に

「悪意がないから、尚更性質が悪い」

 という気持ちもあります。親しい友達間の冗談というのなら許容範囲内としても、テレビに出てくる人間としては不勉強だよなぁ、と思いますね。来日回数も多いし、日本でのフィギュアブームを作った人でもあるし、実際今でもたくさん日本にファンを持つ彼だから、日本に対して好意がないとは思えません。11月のパリの試合(後のエキシビション)でもシズゥに
「何か日本語でファンの人たちにコメントを!」
 と求め彼女、
「パリ大好きです。ありがとう」
 って答えてましたっけ。その試合で優勝した真央ちゃんへは、頬っぺたにキスまでしてたような。これ、スケーター同士じゃなかったら犯罪じゃん(^^ゞ

 彼だけじゃなく、僕らにしても無意識のうちに差別的な意味を含む言葉を使っていたりもするわけで、特に公共の場で発言する際には用心しなければ、と思いますね。いつかキャンデロロとシズゥがどこかで競演する際に、妙なしこりが残っていなければ良いけれど。

写真は2005年11月、エリック・ボンパール杯(パリ・フランス)
のエキシビションで司会を務めたフィリップ・キャンデロロ。


この記事の掲載後、国外からの迷惑コメントが増えたため、
(この記事においては)今後コメント・TBをお受けしないことにしました。
このエントリーに関するご意見・ご感想は以後:
hiro3axel☆yahoo.co.jp
までお寄せください。
(☆マークを@に置き換えて送信願います)

スポンサーサイト


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。