スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペシャブル

2009年04月13日 09:29

ぺしゃぶる

 今週行われる「国別対抗戦」にフランス代表で出場するペシャラ&ブールザー組。
 写真は今年1月、ヘルシンキで行われた欧州選のフリーでのものです。
 この大会ではODとFDでは素晴らしいダンスを見せたものの、表彰台には一歩及ばず4位。
 けれど世界選ではリベンジとばかりに自己最高の5位入賞。
 気持ちよくシーズンを終えられるんじゃないでしょうか。

 アイスダンスやペアの組を、各々の男女の名前の最初の2音をとり、それを組み合わせた略称をつけるのを昔からよく見聞きしてきたけれど、ペシャラとブールザーは「ペシャブル」と呼ばれてるみたいです。知りませんでした。苗字の最初の2音をとる場合もあれば、ファーストネームの最初の2音をとる場合もあるわけだけど、ペシャラたちの場合は「ナタファビ」じゃなくって「ペシャブル」なんですね。ペシャとブル・・・ね。

 「これ、区切る箇所を間違えると、誤解を招くんじゃねーの?」

 と、ふと思っちゃって、ウチの相方と瞬間的に盛り上がりました。
 けど、その後、自分たちの精神年齢の低さに気づいて、己を失笑する始末。
 性に目覚めたばかりの中学生じゃあるまいし・・・ってね。

 あ、解説必要ですか?
 「2:2」じゃなくて、「1:3」の配分で読んでみてくださいね。


 ちなみに、世界選ダンスの上位入賞カップルの略称って、こんな感じですか?
 ・ドムシャバ(=ドムニナ&シャバリン-優勝)
 ・ベルアゴ(=ベルビン&アゴスト-2位)

 3位バーチュー&モイア組、4位デイビス&ワイト組はわかんなくて、それぞれ「苗字版」と「名前版」でググりました。
 
 メリル・デイビス&チャーリー・ワイト=メリチャ。へー。
 テッサ・バーチュー&スコット・モイア=テッスコ。

 ・・・テッスコ?・・・テスコ?

 ・・・(イギリスの)大手のスーパーの名前になっちゃってるし。

tesco

 ペアのカップルだと、LAは上から順にアリロビ?で、ジャンジャン?
 「ジャンジャンだとそのまんまジャン!」とか言ったら寒すぎるから、このへんにしときます。

 とか言いつつ、一旦考え出すと止まらなくなっちゃったし・・・。
 ヤナ・コクロワ&セルゲイ・ノビツキーはどう略すの?ヤナセル?コクノビ?
 川口悠子?アレクサンダー・スミルノフは?カワスミ?
 カワスミじゃなくて「カラスミ」だと、酒が進みそうだな。

 えーっと、あとは・・・(エンドレス)。
スポンサーサイト

始まりも終わりも

2009年04月09日 21:24

'Por una Cabeza' performed by Mao Asada

 2008-09シーズンも、来週東京で行われる国別対抗戦が残っていますが、ほぼ終了しました。

 LAでの世界選手権。
 大会期間中一度もブログを更新せずにいましたが、もちろん見ていました。
 本当は現地で観戦する予定で準備を進めていたのですが、諸事情がいくつも重なり、3月に入ってアメリカへの旅をキャンセルすることに決めました。2月の相方の怪我(右肘骨折)は治ったものの、どんよりとした1ヶ月を余儀なくされたことで、自分よりも相方のほうがLAへの旅を楽しみにしていたんですよね。可哀想というか気の毒というか。五輪イヤーの来季は、大きな選手権もそうだけれど、小中規模の試合も可能な限り見に行きたい、と思っています。

 LAでは4位と悔しいおもいをしたはずの浅田真央選手。
 写真は2008年11月、パリで行われたエリック・ボンパール杯でのものです。
 今季のグランプリシリーズが始まる前のアイスショー、名古屋で行われたものだったでしょうか、それとも「Dreams On Ice」でのものだったか、ショーの直後に動画サイトにアップロードされたものを見て、鳥肌が立ったのを思い出します。「リベルタンゴ」で魅せた鈴木明子選手の眼力にも惹かれるものがありましたが、自分が浅田真央選手のこのタンゴにより心を動かされた理由は、力強さと軽やかさ、滑らかさと抜群のリズム感…という、「こんな演技が見たい」と思う自分の理想のスケートを、彼女が完璧に表現してくれたから。彼女のこの演技が自分にとって2008-09シーズンの始まりでした。

 自分がこの演技を生で見ることが出来たのは、パリの試合のエキシビションの一度だけ。
 LAで今季のシメとしてこの演技を見たかったですが、残念な結果となった翌日、穏やかな表情で「Por una Cabeza」を滑る彼女の姿に胸がいっぱいになりました。エキシビションの前半で浅田選手が呼ばれることに違和感も覚えましたが、演技の最後、この写真のポーズをとると同時に立ち上がった観客から称賛の拍手が送られたことも、なんだか、自分のことのように嬉しかったです。

 しっかり充電し、新鮮な気持ちで、大事なシーズンをむかえて欲しいです。
 今季もお疲れさまでした。そしてたくさんの素敵な演技をありがとう。


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。