スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシンキ報告(雪だるま)

2009年01月30日 23:28

Snowman

 大きなトラブルなく、無事に戻ってきています。
 けれど、アンパッキングが全て終わったのは昨日。
 クレイジーな1週間の反動か、あらゆる欲が著しく低いです。

 というわけで、現在、現地で友人から貰った柿ピーを齧りながら、リハビリ中。
 スケート写真はウチの相方さんがたくさん撮りましたが、オフの写真もそこそこに。
 この雪だるま(らしきもの)は、男子FSが終わった夜に、お子様スケーターたちが制作したものだそう。
 自分はよく見てないけれど、この雪だるま、日に日に変化していってたそうです。
 おっぱいがつけられたり、ポンセロ級のデカ尻に仕上げられたり・・・みたいな。

 来週は4大陸選手権が行われますね。
 日本選手の活躍が楽しみです。
 パトリック・チャンや、ジェレミー・アボット、アリサ・シズニー、ジョアニー・ロシェットなどが、どんな滑りでメダル争いをエキサイティングなものにしてくれるのかにも、期待しています。

 さてと。今日中に洗濯を終わらせそうっと。
 この時期、乾燥器の有り難味をヒシヒシと感じます。
 戻ってきてからのこっち、天気最悪な日が続いてるのさ。
スポンサーサイト

ヘルシンキ便り(その3-Clara Peters)

2009年01月24日 03:17

Clara Peters from Ireland
Clara Peters
First Skater to represent Ireland in ISU Championships

来てよかったです。

ヘルシンキ便り(その2)

2009年01月20日 16:56

Ireland

 ヨーロッパ選手権の常連国の間に挟まれたこの旗。
 「あぁ、やっぱ本当に出てくるんだなぁ」と感慨深いものが。
 アイルランド代表のクララ・ピーターズは今日、練習拠点のアメリカから到着予定だそう。

PONS(H)ERO

 今大会、会場で最初に見たバナー。
 フランス代表ヤニック・ポンセロへの応援バナー。
 ポンセロとヒーローをミックスしてのバナー、いいですね。
 試合が始まると、会場はもっと華やかになるんだと思います。

... 続きを読む!? >>

ヘルシンキ便り(その1)

2009年01月19日 21:56

川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ

 明日20日(火)開幕。
 まだ到着していない選手が多い女子シングルを除いて、熱のこもった練習が行われています。

 写真は、明日のペアSPに登場する川口悠子アレクサンダースミルノフ組。
 SPとFSのどちらかを選択できる今日の練習は「白鳥」のSPを。濃紺の衣装で。
 川口選手の調子は悪くなさそう。
 スミルノフ選手がソロジャンプで若干乱れていた感もありましたが、練習後半にはきれいなトリプルトウが入っていました。
 フリーで入れる大技、スロー4回転サルコウもきれいに降りていましたし、普通に滑ればサヴチェンコ&ゾルコヴィーといい勝負をするんじゃないか、と思います。

 昨晩深夜2時近くに到着しましたが、機内が暑かったせいか、あまり寒いとは感じなかったんですよね。
 けれどさすがに今朝はブルブルくる感じ。
 久しぶりの冷気に、睡眠不足の頭もかなり覚醒されました。
 今日はこのあとゆっくりして、体力温存に励みます。

 ではまた。

パッキング中

2009年01月18日 10:47

Packing

 明日は珍しく夕方の便。
 いつもは割安の航空券で旅することが多いため、必然的に早朝便を使うことが圧倒的。
 けれど、明日からの旅は、珍しく、行きも帰りもゆっくり。
 「寝坊して乗り過ごしたら・・・」
 とプレッシャーを感じなくていいってのは、ホント楽です。

 今年も2つの大きな試合のスケジュールがかぶります。
 全米選手権と欧州選。自分が出向くのは後者。
 今年はフィンランドの首都ヘルシンキでの開催です。

 フィンランドで大きな選手権というと、ちょうど10年前1999年に世界選が行われました。
 本田武史選手が大躍進したシーズンで、ヘルシンキでの彼はSPでこそミスが出たものの、フリーでは素晴らしい「仮面の男」を滑って6位に入賞したんでした。彼のプログラムは好きなものが多いけれど、あの仮面の男に関しては「ヤグディンより本田選手」と自分の中で位置づけています。

 「10年前に出てた選手で今でも現役なのは?」
 そう考えてみたんですが、あまりいないものですね。
 今回の欧州選に出る選手で10年前も、とまず思い出したのはユリア・セベスチェン。
 長野五輪にも出場して、来年のバンクーバーもとなると、4回目の五輪というベテランです。
 欧州選のメンバーじゃないけれど、セベスチェンと同年代で頑張っているといえば、村主章枝さんも。
 彼女もヘルシンキの世界選で滑ったひとり。
 あのシーズンの彼女も大飛躍したシーズンでした。
 スケートカナダとNHK杯で表彰台に上がり、グランプリファイナルにも進出と、ヘルシンキでの活躍が期待されたけれど、世界選では思うような結果が出せず悔しい試合になりました。

 10年前から頑張っている選手もいれば、今季デビューとなる選手もいます。
 いや、自分が住んでいるトコの選手なんですよ。
 そして、個人としてのデビューというだけじゃなく、とても大きな意味を持つ試合になります。

 愛国のISU選手権のデビュー戦・・・でもあるからです。

... 続きを読む!? >>


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。