スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3アクセル+2トウ

2008年11月28日 11:00

 Yahooからリンクされていたスポニチの記事。

真央が跳ぶ 世界初の難度Aジャンプ
11月28日7時1分配信 スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000042-spn-spo

 フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯は28日から3日間、東京・国立代々木競技場で開催される。27日は公式練習が行われ、浅田真央(18=中京大中京高)らが最終調整。フランス杯で得意のジャンプが不調だった浅田だが、フリーで女子初となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―2回転トーループのコンビネーションを跳ぶと宣言。GPファイナル(12月12~14日、韓国・高陽)進出へ意気込みを見せた。

 前日練習からジャンプに対する意気込みが伝わってきた。浅田は6種類すべてのジャンプを繰り返し跳んで、繊細な感覚を確認。午前と午後の2度の公式練習で跳んだ回数は普段の2倍近い計46回に及んだ。GPファイナル進出が懸かる大会を前に、ジャンプの練習に時間を割いた。

(中略)

 今季は、フリーで単発とコンビネーション、計2度のトリプルアクセルに挑む準備をしてきた。この日の練習では3回転半―2回転トーループの連続ジャンプ1回と単発3回を成功。「そういう方向で、できたらいい」。最終的には直前練習の状態で決めるが、この大会で挑む方針だ。

 トリプルアクセルを2度跳ぶのも、トリプルアクセルからのコンビネーションもともに、成功すれば国際大会初の快挙になる。そして何より、失いかけた自信を取り戻すことができる。2位以上なら出場が決まるGPファイナル。それよりも、自信を失いかけている浅田が復活できるかが、この大会の大きなテーマだ。

(以下略)



 上の赤字で書いたとこだけど、ホントにそうなの?
 トリプルアクセルからのコンビネーションを成功させたのって、伊藤みどりさんが最初なんだと思ってた。
 アルベールビル五輪のシーズンの演技を思い出すけれど、アメリカのトニア・ハーディングも3アクセルのコンビネーションを試合で降りてたっけ。



 ↑の動画は1991年11月のラリック杯(フランス)のもの。
 フリー直前6分間練習のときに跳んだ3アクセル+3トウループ。
 本番では3+2になっちゃったけど。



 ↑が本番の演技。
 ミスは少しあったけど、鬼のようなジャンプ構成。

 この試合の一ヶ月後のNHK杯(広島)ではSP(OP)でも3アクセル+2トウを決めたんだったね。
 五輪本番での演技より構成変える前の「ジェラシー」のほうが好きだったんだけどな。

-----

 さてさて、いよいよNHK杯ですね。
 浅田選手がボンパール杯からどれだけ精神的に復調してきてるか、楽しみにしています。
 プログラムがどうのこうの、ジャンプの確実性がどうの、とネガティブな見方もあるけれど、流されず、強気に滑って欲しいなと思います。
 観戦に行かれる方もぜひ楽しんできてくださいね。
スポンサーサイト

昨晩戻りました。

2008年11月18日 20:27

 木曜日から4泊パリに出かけ、昨日(月曜)の夜遅くに帰宅しました。
 エリックボンパール杯を見るのは、以前の冠名(ラリック杯)の頃も含めて7回目。
 そしてスケートとは全く関係ない理由でパリに出かけたことも(確か)4回あるから、今回で11回目のパリへの旅でした。相変わらず「ボンジュー」と「メルシー」しか言えないのが悲しいです。

 ボンパール杯を見るための旅だと、本当に時間がないんです。
 僕らの場合、夜はどっか出かけるより「飲み」に突入しちゃうからなんだけど。
 でも、折角のパリなのに観光名所めぐりを全くといっていいほどしないのが最近もったいなく感じるようになってきたわけです。

 で、今年は同じ月曜の帰宅でも、夜すんごく遅い便での帰国にしました。
 ゆっくりチェックアウトして、時間を気にせず食事して、半日は観光を楽しもうじゃないか、と。
 そして、11回目のパリ旅行にして、「ついに」というか「ようやく」というか、観光客としてするべきことのひとつ(と勝手に思ってること)をクリアしてきました。

Paris

 ↑エッフェル塔、そこからの眺めと、高所恐怖症な人

 寒くなくて、天気も悪くなかったので良かったです。
 待ち時間もそんなに苦にならなかったし。
 5年前の冬、年末年始にかけて両親がこっちへ遊びに来た際、ウチの相方さんを含めた家族4人でパリへも足を伸ばしたんですよ。そのときにもエッフェル塔へと思ったんだけど、あまりの激コミにげんなりして、タワーの下から写真だけ撮って帰ってきた、という思い出があります。なもんで昨日は、不思議な達成感がありました。

 試合が終わってすぐに戻る選手もいれば、帰国を少し遅らせて遊んで帰る選手もいたそうで。
 「来年のプログラム用に本場のムーランルージュを・・・」ということなんでしょうか(笑)

 今週は金曜からモスクワでのロシア杯。
 テレビの前で暖かくして、見たいと思います。

 さてと。洗濯物片付けようっと・・・。
 

マオタンゴ

2008年11月17日 10:06

 浅田真央選手のE・ボンパール杯でのEX「タンゴ」から。
 とりあえず一枚だけ。

浅田真央 タンゴ

 NHK杯までに上手く調整して、今度は納得の滑りが出来ること、願っています。
 大変な初戦だったと思います。お疲れさまでした!

TEB-これからFSが始まります。

2008年11月15日 20:37

 昨晩終わったのは9時半すぎ。
 今日の終了は10時すぎの予定。
 ということは、なんだかんだで11時を過ぎるってことですね。

浅田真央「月の光」
※写真は昨晩の女子SPより。浅田選手の「月の光」


 午前中の練習を見てきましたが、調子は悪くないんじゃないかと思いました。
 キーとなるトリプルアクセルからのコンビネーションもしっかり降りていたし、フリップ+ループのコンビネーションも、スパイラルからの一連の流れのなかで跳ぶサルコウも、確実に決めていました。昨晩ダブルになってしまったルッツは今朝の練習では省いていたように思うんですが、心理的なものもあるのかな、と感じました。

 彼女の新しいFS「仮面舞踏会」は、曲の繋ぎだけじゃなく、会場にどう響くのかまでカンペキに計算されたすごいプログラムだと思います。終盤のストレートラインのステップも、強いリズムに負けない迫力。次に練習を控えていたアイスダンスの選手までもが、真央選手のランスルーのときにはリンクサイドに寄って、ギャラリーが出来ていました。

 SP首位のロシェットは、3トウループ+3サルコウのシークエンスを入念にチェック。今朝はルッツの軸が前傾することが続いて確率は半々といった感じでした。夜の試合までにどう修正してくるでしょう。

 2日前の練習で見て「調子良いなぁ」と感心した地元のキャンディス・ディディエが、ビックリするくらい好調です。「ひょっとして上を食っちゃう?」と思うほどの安定感。一時期転びまくっていた頃が信じられないくらい成長しましたね。昨日はランキングの関係で早い滑走順となり、ほぼノーミスで滑ったものの得点は抑えられた彼女。今日は最終グループでの演技で、今度はプレッシャーがかかりそうですが、自分のペースで快調に練習をこなしていました。

 ではでは、今日も楽しんできます。

看護婦とエロじじぃ

2008年11月15日 10:09

看護婦とエロじじぃ

 スケアメで見て免疫できたかな、と思ってたけど、やっぱインパクトありました。
 んで、試合後写真の整理をしてたら、もっとインパクトありました。

 第二次大戦中の赤十字看護婦とエロじじぃ・・・。

 氷上のコスプレって感じがバリバリ伝わってきて、意外に好きかも。

 ODを終えて首位はイザベル・デロベル&オリビエ・シェンフェルダー。
 思ったほど得点が伸びなかったけれど、ツイズルとスピンでのミスが大きかったです。
 ケア姉弟組もシネードがツイズルでミス。
 それがなきゃODでは1番とってたかも。

 浅田真央選手も大きなミスが2つあったけれど、うっとりするプログラムでした。
 前に滑ったロシェットもミスがありましたが、なかなかの演技。
 けれど、浅田選手が一歩動き出すと、それだけで会場の空気が変わりますね。
 明日は気持ちを強く持って、攻めていって欲しいなと思います。

 別サイトのほうは写真だけでも・・・と更新してます。
 よかったら見てくださいね。

 http://eoi-global.com/

 とりあえず寝る。明日はもっと長い1日だ。

エリック・ボンパール杯

2008年11月14日 08:44

 明日開幕。

Mao Asada

 ・・・ってもう今日だ。

 浅田真央選手もジョアニー・ロシェットも好調なようです。
 特にロシェット、びっくりする位安定しています。
 この二人の対決、面白くなりそう。

 今日午前に到着して、夕方からはパリ郊外の友人宅へ。
 郊外への列車が動物をひいてしまったとかで、列車のダイアが乱れ始め、ホテルに戻ったのは日付が変わる少し前でした。ホントはそれより1時間半は早く戻れるはずだったのに。

 また時間作って更新しますね。
 

毎年恒例のこのイベント

2008年11月13日 07:06

 GS前半戦の復習(女子編アイスダンス編ペア編男子シングル編)もなんとか書き終わったので、最後のパッキングを・・・。

 あと7時間ほどで自宅を出ます。
 この人たち!

ブライアン・ジュベール&パトリック・チャン

 の演技を楽しんでこようと思います。
 現地からも更新しますね。努力します。

 こっち:Europe On Iceは確実に更新しますので、写真だけでも見に遊びにきてください。

 ではでは。いってきます!

気がつけば・・・(その4:男子シングル編)

2008年11月13日 07:00

 女子編アイスダンス編ペア編

 もっとマメに更新してれば慌てる必要なかったのに・・・。
 というわけで、「気がつけば・・・」ファイナル-男子シングル編です。

◆男子シングル
 アメリカもカナダも中国も、ことごとく「大本命」が勝てなかった試合だったような気がします。
 アメリカ大会にはジョニー・ウィアがシードで出場。3月の世界選は直前にブレードの故障からくる怪我で出場を辞退したエヴァン・ライサチェクとの一騎打ちが予想されましたが、終わってみれば、日本の小塚崇彦選手がグランプリシリーズ初優勝と飾るという、(嬉しくも)意外な結果になりました。

 アメリカ大会の男子SPのことはこのブログでも書きましたが、小塚選手のSP、素晴らしかったです。FSは4回転の転倒があり、その後若干乱れるところもありましたが、崩れることなく見事に4分半を滑りきりましたね。パーソナルベストを大幅に更新する得点に小塚選手本人も驚いていた様子が窺えましたが、決してインフレじゃなく、納得の結果だったと思います。エキシビションではライサチェクとウィアーにもってかれた感もあるけれど、今後そういう部分も磨かれていくことでしょうね。

 エヴァン・ライサチェクはアメリカ大会、カナダ大会と2連戦。世界チャンピオンのジェフリー・バトルとトリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエルがエントリーを予定していましたが、シーズン突入を前に競技生活からの引退を表明。シード選手が2人とも抜けてしまった中、優勝候補筆頭だったのはライサチェクだったと思います。彼をカナダチャンピオンのパトリック・チャンがどこまで迫るか・・・という試合展開を予想していたけれど、この試合も意外な結果となりました。

 いや、パトリック・チャンは大好きなスケーターですよ。
 彼がトップへ登り詰めていくのを見るのって幸せなことです。
 けれど、カナダ大会は、ぶっちゃけ、ライサチェクにかなり同情しました。

... 続きを読む!? >>

気がつけば・・・(その3:ペア編)

2008年11月13日 00:09

 女子シングル編アイスダンス編

 というわけで、その3です。

◆ペア
 アメリカ大会にはサヴチェンコ&ゾルコヴィー組とムホルトワ&トランコフ組。
 カナダ大会にはデュベ&デビソン組と川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ組。
 中国大会にはジャン&ジャン組、パン&トン組、ボロソジャー&モロゾフ組。

 ・・・という感じでトップチームの演技は一通りみた。・・・のかな。

 北米2試合には全米チャンピオンのキアナ・マクラクリン&ロックニー・ブルーベイカー組が出場して、それぞれ2位、3位と好成績をおさめました。ファイナル進出の可能性、残っています。

キアナ・マクラクリン&ロックニー・ブルーベイカー

 昨シーズンからシニアのグランプリシリーズに出て、中国杯、NHK杯で表彰台に上がり、トリノでのグランプリファイナルに進出しました。トリノでは試合中に男性が腕?肩?を負傷してFSを棄権。しかし翌月の全米選手権では若さあふれる演技で初優勝を果たしました。ただ、シーズン終盤の4大陸選手権、世界選へは「女性が若すぎる」という理由で、また世界ジュニアには「男性がジジすぎる」という理由で、3つの大きな選手権でポイントを稼ぐことが出来なかったのが残念でした。

 今季はSPがマラゲーニャ。FSはウェストサイド・ストーリーと、スケートの王道をいく選曲。
 特にスケアメでの演技を見て思ったけれど、ジャンプに安定感が出てきたような気がします。
 大きなツイストリフトもあるし、今後が楽しみなカップルですね。

 どうでもいい話、この組、去年は「ロミオとジュリエット」を滑ってました。
 で、今年はウェストサイド・・・。
 「男が死ぬ話」が好きなんだろうか、と思いました。
 これで来年「ミス・サイゴン」とかだったら、ちょっと笑える、かも。

... 続きを読む!? >>

気がつけば・・・(その2:アイスダンス編)

2008年11月12日 11:53

 ・・・女子シングル編の続きです。

◆アイスダンス
 スケカナを欠場したテッサ・バーチュー&スコット・モイア組を除いて、トップチームの今季の演技は大体見たのかな。・・・あ。ファイエラ&スカリが今週初戦だったっけ。

 あくまでも自分の好みでしかないんだけれど、正直、
 「ダンスの当たり外れは隔年で・・・」
 って3試合を見て思いました。
 もっと言えば、
 「偶数年は当たり年、奇数年は・・・」
 という感じ。LA世界選は2009年3月の開催です(笑)

 そう低調な気分の中、エキサイトさせてくれた組もいます。
 シネードとジョンのケア姉弟組です。スケアメで3位でした。
 世界選デビューが2004年で、GSはその翌シーズンにデビューだったと思うから、4シーズン目で初めてGSのメダルを獲ったということになるんでしょうか。

 デビューの年のFD「マトリックス」が未だに話題に上がることが多いけれど、その年のODもものすごく新鮮でした。友人のエマさんも彼女たちのスウィングのODが大好きだったそう。トラックバックしますね。

Sinead KERR / John KERR

 ↑は2004年ヨーロッパ選手権ODから。
 まだスコットランドで練習していて、資金繰りに苦労していた頃ですね。
 この衣装も素敵な色づかいだけれど、リンクで教えていた子の自作だったとか。

 スウィングに限らず、彼女たちの魅力って軽やかさだと思うんですが、今季のODは、なんか、原点というか、彼女たちの魅力がギューっと濃縮されたような作品だな、と思いました。世界チャンピオンの演出には感心したけれど、同時に「やりすぎ?」とも思いました。ケア姉弟組のODから爽快さを感じられたのって、他のカップルとの比較からくるものもあるとは思うけれど、足元の巧みさから生じてるような気がしました。対照的にFDでは情緒的な演技に挑戦していますね。コーチのエフゲニー・プラトフのパートナーだったマヤ・ウソワの影響を受けて作ったプログラムだそう。流れるような演技なのに、演技後もずっと体の芯が満たされているような、重厚なプログラムでとても好きでした。今週のボンパール杯では、どう滑ってくれるのか、とても楽しみです。

 昨シーズン終了後、コーチ・練習拠点を変えた2組にも注目していました。

... 続きを読む!? >>

気がつけば・・・

2008年11月12日 10:26

 ・・・グランプリシリーズも後半に突入。
 最後のエントリーがスケアメのエキシビのとこで滞ってしまってましたから、2週間ぶりか。
 スケカナも中国杯も、しっかり見てたですけどね。

 今週はいよいよ彼女!

浅田真央

 ・・・の登場するエリック・ボンパール杯がパリで行われます。

 けど、その前に、前半戦の復習をしとこうかな、と。
 自分の記憶がぐっちゃぐちゃにならないために。
... 続きを読む!? >>


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。