スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界Jr.男子FS-「攻」「守」だったら自分は・・・

2008年02月29日 11:56

 世界ジュニア3日目。男子のメダリストが決まりました。
 SP首位のアダム・リッポンがFSでも1位で総合優勝。
 ロシアのアルテム・ボロデュリンが前日の2位を死守。
 3位には中国のジンリン・グアンが4度目の挑戦で初の表彰台。
 日本勢は佐々木彰生選手がFS14位で総合17位、無良崇人選手は総合19位でした。

 -男子FSの結果 >>
 -総合成績 >>

---------------

 佐々木彰生選手のFSは「ロボット」から。
 個性を求めるとこなしきれなかったり、プログラムの密度と実施のバランスって難しいものだと思うんですが、独創的なプログラムをよく表現していたと思います。昨日のSPでも思いましたが、彼、エンターティナーですね。それらはプログラムコンポーネントにも顕著に現れていたと思います。同じグループで滑りFSだけでは4位をとった選手よりも高いPCSを貰いましたからね。しかしジャンプの確実性など課題も見つかったことでしょうから、この大会で勉強したことを来季に生かして欲しいです。

 佐々木選手(14位)と無良選手(19位)の成績で来季の世界ジュニアの枠が決まりました。
 日本男子の枠は残念ながら1枠に・・・。国内の競争が激しくなりそうですね。

---------------

 優勝はニコライ・モロゾフが指導するアダム・リッポン。
 トリプルアクセルを入れない安全策が功を奏したか、ほぼ完璧な内容で世界ジュニア初出場で初優勝となりました。「勝ちを狙うときに限って」という心配は無用というほどの練習量をこなしてきたんでしょうが、残念だったのは「堅実すぎ」だったこと。演技から勢いを感じられなかったのは、たんに「要素の難度をおさえたから」でも「(ムーンライトソナタの)静かな曲調だったから」でもなかったと思います。彼の演技に欠けていたもの、それは次の滑走者でリッポンに次いで2位に入ったアルテム・ボロデュリンが見せてくれました。

 「ベルリン・コンチェルト」で滑ったボロデュリンは、最初のトリプルアクセルを着氷して勢いに乗り、4分を力強く滑りきりました。試合後に知ったことですが、ボロデュリンは当初「補欠」だったんですね。ジュニアグランプリファイナルを欠場し、国内の試合も欠場していたための「補欠」だったとか。試合を休んでいた理由は怪我だったのか病気だったのかはわかりませんが、ブランクを感じさせない演技で会場を沸かせ、本人も大満足でガッツポーツも見られました。途中のステップでは若干粗さもありましたが、ブレーキがかかりそうな部分もパワーで押し切った、という印象。演技を見ながら自分がどんどんエキサイトしていくのを感じて、演技終了後には思わず「ゴージャス!」と発してしまうほど、攻撃的な演技に見入りました。

 3位に入った中国のジンリン・グアンの線の美しい演技も良かったし、最終滑走だったチェコのMichal BREZINAもシャープでスピード感ある演技で長い試合をびしっと締めました。終盤の3連続ジャンプの失敗は痛かったです。それがなかったらひょっとして・・・?しかし、キム・ユナが出てきた後の韓国女子と同様、トマシュ・ベルネルが世界トップクラスの選手に成長すると、続く選手はやはり出てくるものなんですね。彼とベルネルで将来はチェコが3枠・・・というのも不可能ではないかもしれません。

Michal BREZINA


 その他、印象に残った選手は、「マスク・オブ・ゾロ」で滑ったフランスのフロレン・アモディオ。
 サーペンタインステップでみせた音楽表現のセンス。
 そしてSPのときにも感じたフットワークの良さ。
 「是非また見たい」と思わせてくれた選手です。

 そしてFS11位と追い上げたスペインのハビエー・フェルナンデス。
 回転の速いジャンプ。特に最初のトリプルアクセルはビシっと決まりました。
 演技終盤に衣装と靴を止める紐(?)が外れるハプニングで中断し、演技再開までかなり待たされたものの、しっかり演技をまとめあげたのは立派でした。

-----------------

 さて今日は女子SP。

 エントリー数:56名!!・・・だそうです。

 ジャッジの皆さんの健康と健闘を願います(笑)
スポンサーサイト

世界Jr.-男子SP&ペアFS

2008年02月28日 23:17

 ソフィアで開かれている世界ジュニアも今日で3日目です。
 昨日は午前中に47選手(!)が参加した男子SPが始まり、現地時間で午後7時からペアFSが行われ、最初のメダルが決まりました。

 8つのグループに分けられた男子SPには日本からは無良崇人選手と佐々木彰生選手が出場。先(第5グループ)に登場した佐々木選手はステップからの3ループで転倒しテクニカルでは得点を伸ばせませんでしたが、フットワークとリズム感、表現力は存分にアピール出来たのでは、と思いました。

 佐々木選手の演技は年末の「メダリスト・オン・アイス」で被り物で登場したエキシビションナンバーを見たのが最初でした。「踊れる選手だなぁ」と目が釘付けになり、一緒に見ていた相方も感心していました。自分が試合用の演技を見たのは今回の世界ジュニアが最初だったわけですが、「惚れ惚れする演技」ってこんな演技のことを言うんだな、と思いました。高橋大輔選手のフラメンコのSP(2003-04年)をラリック杯で見たときの衝撃に似てるなって。

 無良選手は最初のトリプルアクセルからのコンビネーションでステップアウトしセカンドジャンプを付けられず、またダブルアクセルがシングルになる、という2つの大きなミスで出遅れました。考えすぎたのか、最初の失敗で動揺したのか、いずれにせよ「ミスを引きずった」という印象は拭えず、演技後の自分の正直な感想は「ガッカリ」でした。世界ジュニアは3度目。今回は日本の一番手としての出場で課せられるものも多いでしょうが、ジュニアとはいえ代表になることの責任をもっと自覚するべきです。FSでの巻き返しに期待します。

-------------

 ペアは日本の高橋成美メルビン・トラン組が総合15位という結果で初めての世界ジュニアを終えました。SPの13位から2つ順位を下げてしまったわけですが、SP、FSともにスローの3回転(トウループ)を入れるなど、明確な意欲を感じさせる演技は立派でした。ソロジャンプ、スロージャンプの確実性など課題はありますが、リフト、ペアスピン、ソロスピン、スパイラルシークエンス、デススパイラルなどレベル4認定を多く貰えたことは大きな収穫だったはず。来季どんな成長を見せてくれるのか、今からとても楽しみです。

------------

 日本選手以外で印象に残った選手を少し。

 男子SPで9位につけたフランスのFlorent AMODIO。
 身のこなし方、エッジワークなんかがフレデリックに似てるなぁ、と少し感傷的に。
 小柄なとこも、よく似てますね(笑)
 正直、才能だけでいえばフレデリックよりいいものを持っているかもしれません。
 今季の国内選はシニアで4位。今後が楽しみなひとり。

 そしてSP4位のJinlin GUAN。織田信成選手が優勝した世界ジュニアで5位。
 今季はジュニアグランプリファイナルで5位に入り、きれいなラインとセンスの良さで表彰台を狙いますが、昨日のSPは3ルッツ+3トウループのセカンドジャンプでオーバーターン、3ループでもステップアウトと2つの着氷の乱れがありました。バネッサ・メイ演奏のタンゴもシャープに、そして感情豊かに踊れていただけに、テクニカルで得点を伸ばせなかったのは残念でした。2位3位とは大きな点差はないので、今晩のFSはしっかり決めたいところですね。

 女子SPの滑走順も出ました。週末にかけてまた色んなドラマが見られそうです。

離任?解任?

2008年02月27日 09:50

 あまり窺った見方はしたくないものの、円満な師弟関係解消であったことを願いたいです。

浅田真、拠点を愛知に コーチとの師弟関係解消
中日新聞2008年2月27日 朝刊

 フィギュアスケート女子の浅田真央(愛知・中京大中京高)が、昨季から師事していたロシア人のラファエルアルトゥニアンコーチとの師弟関係を解消することになり、練習拠点を米国から地元の愛知に戻したことが26日、明らかになった。

 記事の続きはこちら >>



 浅田選手が四大陸で優勝した翌日(だったかな)、ウチのブログにこんなキーワード検索で辿りついた方が数名いらっしゃいました。

 浅田真央 コーチ変更”

 「アルトゥニアン氏の姿を韓国の四大陸で見かけなかったしね」
 なんて自分は思っていましたが、四大陸から約10日後には「師弟関係解消」のニュースですから、かなりビックリしました。

Mao Asada


 正直に言うと「なぜこの時期に?」と思いました。
 初優勝を狙う世界選手権まで3週間を切っているんですよ。
 地元のリンクで自主的に調整できているとしても、今発表しなければいけなかったのはなぜだろう、と考えてしまうのです。突っ込んでいえば、専属コーチは無理だとしても、大事な試合には誰よりも優先してくれるコーチ・・・というのではダメだったんでしょうか。

 「コーチなしで世界選に臨む」ということでふと頭に浮かんだのはミシェル・クワンです。ソルトレイク五輪のシーズン中に、長年師事してきたフランク・キャロル氏との師弟関係を解消し、五輪に彼女は父親を帯同しました。銅メダルという結果に、5年以上経った今でも「たられば」話は尽きません。

 そして一ファンとしてこのニュースを残念に思う理由はもうひとつ。
 キスクラの彼女の横で一緒に笑うアルトゥニアン氏を見られなくなるのは寂しいです。

 ・・・って自分、先生のファンだったのか!?(笑)

 いやでもね、12月のグランプリファイナルのFSでね、真央選手の会心の演技に貰い泣きしたんですが、嬉し涙を流しながらリンクから上がってきた彼女をぎゅーっと抱きかかえるラファエルアルトゥニアン氏を見て「二度泣き」しちゃったんですよ。

 とはいっても、真央選手にとってはこれが「勝つための選択」だったのでしょうから、しっかり調整して、大切な試合に挑んで欲しいと思います。

世界Jr.-高橋成美&M・トラン組に期待

2008年02月26日 02:29

 明日26日(火)にブルガリアの首都ソフィアで世界ジュニア選手権が開幕します。
 注目は多分でやはり(!?)女子シングルのアメリカ勢。長洲未来、レイチェル・フラット、キャッライン・ザンの3人娘に日本の西野選手、水津選手、ジェニー・バハマーを筆頭とするフィンランド勢、エストニアの2選手らがどこまで迫れるかが見所になるでしょう。長洲未来選手の今季のFS、可愛らしくてすごく好きです。動きもいいし大技もあるし、そして何より「全米(シニア!!)チャンピオン」という肩書きから、今回の試合には優勝候補筆頭として臨むわけですが、彼女らしい軽快な演技で魅了して欲しいなと思います。

 女子シングルと同じくらいに注目しているのはペア。
 久しぶりに日本のペアが国際舞台に羽ばたきます。

 高橋成美(なるみ)&メルビントラン組。

 渋谷教育学園幕張高校に籍を置く高橋選手は、現在カナダのモントリオールを拠点にトレーニングに励んでいるようです。ウィキの情報によると、5歳でスケートを始め、父親の転勤のため渡った中国でペアに挑戦。日本に帰国後、山田孔明選手と組んだペアで全日本ジュニアに優勝。今季(2007-08)はカナダ人のメルビントラン(Mervin Tran)選手とチームを結成し、ジュニアグランプリにも参戦。11月の全日本ジュニア(仙台)でも優勝しました。

 明日の開幕より一足先に某所にアップされた動画で彼女たちの演技を見ることが出来たんですが、ビックリしましたねー。結成して間もないペアとは思えませんでした。まだ3回転のツイストや、3回転のスロージャンプといった大技はありませんが、確実に出来る要素をこなしていく姿勢、ストレイトラインステップなどで見られた足元の確かさ、リズム感など、感心しました。そしてなにより「演技として楽しめる」というのが一番の魅力です。

 井上怜奈さん、川口悠子さんがそれぞれアメリカ、ロシア代表として活躍しています。昨シーズン終了後に引退されましたが、若松詩子さんもカナダ代表として世界選など大きな舞台で素敵な演技を見せてくれました。高橋成美選手も偉大な先輩たちに続いて、世界に通用する選手に育ってもらいたいです。

 SPの滑走順、なかなかいいんじゃないですか?
 明日頑張って欲しいです(^^)v

◇追記
 昨季今季と2シーズン続けて高橋選手が出場した全日本ジュニアを観戦されたエマさんが、世界ジュニアでの高橋&トラン組の健闘を願うエントリーをアップされました。
 トラックバックさせていただきますね(^_-)

ISUに新加盟国、それは・・・!?

2008年02月22日 09:58

Ireland


 ・・・じゃない。
 まあこれでも正解だけど。
 はい、ここですよ。

Ireland


 現在の私の居住地だったりします。
 たったりしますじゃなくて、です。
 なんだかんだで、今年の春で8年です。
 そりゃ白髪も目立つようになるわ。
... 続きを読む!? >>

ハワイチェア

2008年02月21日 22:28

 YouTube的なユルいエントリー。
 腰をくねくねすることからなのか「ハワイチェア」という商品名なんだそう。



 ギャグかと思った商品だけど、実際に販売されてるみたい。
 今ならお得(!?)・・・な293.96ドル。

 自分が使う使わないじゃなくて、この椅子で仕事する同僚にどう反応したらいいのか困ります(笑)
 で、腹筋が鍛えられる前に、腰痛めそう。
 間違ってもユナ・キムは座っちゃいけない椅子だと思いました。

四大陸-エキシビションの写真

2008年02月20日 09:18

 四大陸選手権エキシビションの写真。
 撮影者の方のご厚意で別サイトにて公開中です。

 -4大陸選手権エキシビション(前半)
 -4大陸選手権エキシビション(後半)

 お時間のあるときに是非どうぞ・・・(^^)v

アタシは美しいマーメイド

2008年02月19日 08:27

 先日実家から久しぶりに救援物資が届きました。
 常備薬だったり乾燥食品だったり、大体いつものもの。
 そして、今年に入って第一弾の発送ということで、「レコ大」「紅白」などを録画したビデオとともに、なみはやで行われた全日本選手権の放送も数本に分けて入れてくれました。

 で、ひととおり見た・・・かな。いい試合だったんですねー。
 一番印象に残った演技は鈴木明子選手のSP。
 「リバーダンス」のフラメンコのパートの曲を使っての演技でしたが、そもそもこの曲、このパートの踊りが大好きでした。それを鈴木選手が表現力豊かに滑るのだから、惹きこまれないわけはありません。是非一度ライブで見てみたい演技のひとつになりました。

 かなりの時間を割いての放送だったようですが、気になったのはCMの多さ。
 試合後の「メダリスト・オン・アイス」の放送も含めて、同じCMを何度も何度も見ましたが、伊藤由奈が歌うこの曲が昨日今日と頭の中でヘビーローテーションになってます。

伊藤由奈-Urban Mermaid


 ♪I'm a beautiful mermaid
 素直でいたい・・・♪


 歌詞はこの部分しか知らないんですけどね。
 確かに伊藤由奈、きれいだなーと思いますよ。
 けどこれ、「貴女は・・」じゃなくて「私は・・!」でしょう?
 虚構の世界の話とはいえ、自分を「美しいマーメイド」と言い切っちゃうこの自信。
 これって例えば自分が

 「I'm a hunky superman(俺は逞しいスーパーマンさ)」 

 って言うようなもんだと思うのです。
 要は「言ったモンがち」ってこと?
 思わず「ゆな、よくゆ(言う)ーなー」なんて、寒いオヤジギャグが口をついて出てきました。

 四大陸で興奮しまくった週末だったので、今週はユルくいきます。
 どうぞみなさんも良い1週間を。

四大陸女子FS-メダリストの写真

2008年02月17日 11:25

 ブログスペースを借りているところの調子がおかしかったせいか、数時間に渡ってアクセスできませんでした。確かヨロ選に行ってるときにも不具合が起こって、そのときには

「そんなファイルは存在しないよー」

 なんていう、恐ろしいメッセージも表示されて半泣きになりました。

 別サイトに昨晩の女子FSの写真を数枚公開しています。
 現地で観戦されている方のご厚意でUpできました。カムサハムニダ!

 http://eoi-global.com/?eid=132

 今日はこれからエキシビションですね。
 選手もファンもリラックスして楽しめるといいですね。

 みなさんもどうぞ良い日曜日を。
 自分は時差ボケ(!?)をなおします(笑)

Wow! Mao! Bravo!

2008年02月16日 18:24

 四大陸女子FS。3分ほど前に試合が終わりました。

 とりあえず一言。二言。三言くらい。

 ワオ!マオ!ブラヴォ!

 ダウングレードがどうのこうのとか、全てがどうでもよく思えちゃうくらいの感動的な演技でした。
 ていうか、相方とPC2台並べてWebTVで観戦してましたが、彼、FSUにPBPの投稿をしながら号泣してました(笑)

 土曜だってのに朝5時起き。二度寝しなきゃ体力もちません。
 また後で更新したいと思います。

 浅田真央四大陸初優勝、おめでとう!
 安藤美姫選手も、サルコウの失敗を引きずらず諦めずに滑りきりました。
 世界選も楽しみにしています。ああ、いい試合だった・・・。
 

四大陸男子FS-高橋ロミオ初優勝

2008年02月16日 09:22

 高橋ロミオ。Romeo Takahashi。
 デイヴィッド・ベッカムの子供(次男)の名前もロミオ
 ロミオ・ベッカム・・・いいかんじです。

 けど、ロミオの後に日本の苗字がくると、ちょっと違和感ありかも。

 滝川クリステルも苗字が先だから良いわけです。
 「クリステル滝川」だとプロレスラーみたいに聞えちゃうし。
 だから、「ロミオ高橋」じゃなくて「高橋ロミオ」。

Daisuke Takahashi / 高橋大輔

※写真は12月トリノのファイナルでの1枚です。

 人の名前をいじって遊んでしまいましたが、ロミオ選手。
 ・・・じゃない。本名はもちろん高橋大輔選手です。
 やりましたね。四大陸選手権初優勝です。おめでとう!
 昨日一昨日同様WebTVで見ていました。
... 続きを読む!? >>

四大陸女子SP-浅田1位、安藤2位

2008年02月15日 08:17

 四大陸選手権2日目はダンスOD、ペアFS、女子SPが行われました。
 浅田真央が首位、安藤美姫が2位、村主章枝は2つのミスが響き9位という結果でした。

 WebTVで放送されたものを緊張しながら見ていましたが、一言。

 判定厳しいぃぃ~!

Mao Asada

写真:昨年11月のGSフランス大会SPにて
四大陸での衣装はパリの衣装と違う新しいものでした。
なので掲載する写真もいつもより小さめに(^^;


 浅田真央選手のSPは:

 3F+3Lp / 3Lz (so) / 2A / LSp / SpSt / FSSp / SlSt / CCoSp

 という内容でしたが、ルッツの着氷で踏ん張ることが出来なかった以外はほぼ完璧な内容で、自己ベストには及ばないにしてもかなりの点数が出るのでは、と期待していました。しかし、3回転3回転のコンビネーションが3回転2回転とダウングレードされ、またルッツで少し乱れるミスもあってテクニカルで得点を伸ばすことが出来ませんでした。
... 続きを読む!? >>

四大陸男子SP-高橋大輔首位発進

2008年02月14日 09:13

 四大陸選手権が韓国・高陽で開幕しました。
 初日13日は男子SP、ダンスCD、ペアSPが行われました。

 男子シングルは高橋大輔選手がノーミスの演技で首位。
 トップ3選手が80点を超える得点をたたき出し、ハイレベルな争いになっています。

Daisuke Takahashi

高橋大輔-2007年12月グランプリファイナル(トリノ)のSPより

 最終第4グループの4番目(全体の19番目)に登場した高橋選手は、最初のトリプルフリップ+トリプルトウループのコンビネーション、続くトリプルアクセル、ステップからのトリプルルッツをきれいに着氷して波に乗り、ヒップホップバージョンのスワンレイクをエネルギッシュに滑りきり会場を沸かせました。中盤のサーキュラーステップでは最高のレベル4を獲得。3つのスピンのうち足替えシットスピンとコンビネーションスピンでもレベル4の評価を得たようです。

 彼の前に滑ったジェフリー・バトル(3位)とエバン・ライサチェク(2位)が80点を超えるハイスコアを出して、「どうなっちゃうんだろう」と久々に緊張しながら高橋選手の演技を見ていましたが、落ち着いていましたねぇ。全く不安を感じさせないジャンプでした。レベル4を獲ったサーキュラーステップもとても密度の濃いものでしたし、プログラムの完成度の高さは群を抜いていたような気がします。
... 続きを読む!? >>

キミー・マイスナー、コーチを替えフロリダへ

2008年02月05日 10:46

 2006年の世界チャンピオンで、昨年東京での世界選でも4位に入賞したアメリカ女子のエース、キミー・マイスナーが、長年師事してきたパム・グレゴリー氏のもとを離れ、新たな環境で6週間後の世界選での表彰台を目指すことが明らかになりました。

キミー・マイスナー

※写真は2007年11月、E・ボンパール杯(パリ)のSPより

 2週間前にセントポールで行われた全米選手権では2連覇を狙うも、フリーで3回転倒するなど大きく乱れ7位に終わりました。表彰台にあがったメンバーのうち2人がシニアの選手権に出場するには年齢が足りないこと、そして過去の実績を評価され3月の世界選代表メンバーには選出されましたが、この全米を含めここ2試合はフリーでガタガタに崩れてしまう出来で、自信はかなり揺らいでいたのではないでしょうか。

 世界選のために決断。
 それは容易な決断ではなかった。
 失った自信を取り戻し、集中し直したい。
 そのためには何かを変えなければいけない。

 マイスナーは、ボルティモアサン紙、そしてUSFSサイトのニュースの中で、コーチ変更について上記のように語っています。

 ■ボルティモアサン紙の記事
 ■USFSサイトのニュース

 トリノでのグランプリファイナルは、会心の出来でスタンディングオベーションを発生させた浅田選手の直後の滑走もあってか、序盤の2つの大技で転倒するなど気の毒な出来で、浅田選手への拍手とは違った種類の拍手が自然と沸き起ったのを覚えています。グレゴリー氏とは強い信頼関係で結ばれていたようですから、悩んだことでしょうね。

 マイスナーを新しく指導することになったのは、1996年の世界王者トッド・エルドリッジや1998年長野五輪優勝のタラ・リピンスキーなどを育てたリチャード・キャラハン氏。デトロイトを拠点にしていた彼も最新の設備が整ったフロリダのリンクへ移り、マイスナーの指導にあたるとのこと。またキャラハン氏とは長い師弟関係にあるトッド・エルドリッジもマイスナーのサポートチームに加わるようです。

 驕ることのない謙虚な姿勢に好感を持っている選手のひとりなだけに、思い入れが生じてしまってダメですね(苦笑)。このスランプを乗り越えたら、もっともっと魅力的なスケーターになれるはず。3月に最高の笑顔でシーズンを終えられることを願います。


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。