スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アナタ、18年前ここで・・・」

2007年11月23日 08:42

「世界一になられたのですねー!」


 ・・・な方とパリでお会いすることが出来ました。


Midori Ito


 伊藤みどりさんです。
 佐野稔さんとともに現地でGS仏大会の解説をされていました。


 実は今回の渡仏前、友人から
「フランス大会の解説は佐野稔&伊藤みどり
 と聞かされ、彼女が出した自伝を何よりも先にバッグに入れていました(笑)


 日本人で初めて世界選手権を制したのはみどりさん。
 1989年3月にパリで行われた試合で、トリプルアクセルを降り、技術点でジャッジ9人中5人から満点(6.0)を得るなど、会心の演技で世界の頂点にのぼり詰めました。彼女が日の丸を見上げ、君が代を聞いた会場で(ほぼ)毎年、グランプリシリーズのフランス大会が行われてきているわけですが、自分が初めて観戦に訪れたときには、やはりこう思いました。「ここで世界チャンピオンになったんだ・・・」って。


 持参した彼女の本には無事、サインをいただきました。
 実は「みどりちゃん in Paris」の報に涙した英国人の友人がいるんです。
 多分、自分以上に「みどりマニア」で、「日本人ファンでも持っていないじゃ?」と思う、国内のローカルな試合の映像は当然のように保有している人。「たくさん好きなスケーターはいるけれど、ミドリ・イトーは特別中の特別」という友人もホントはパリに見に来る予定だったんですが、仕事の関係でキャンセルしなければいけませんでした。キャンセルした後に「みどりちゃんが来る」だもの、相当悔しがっていました。「サイン入りの写真を貰ってきて」とメールが入ってもねぇ・・・。本は持ってきても、写真は持ってきてないし。


 で、結局どうしたか、なんですが、パリの観光マップにサインをいただきました。
 試合翌日(月曜)の朝、みどりさんを含むテレビ朝日のスタッフの方々とチェックアウトの時間が偶然重なったようで、フロントの横ではみどりさん、日本のスタッフの方と「I字ポジションが出来るか出来ないか」を検証されていました。自分が会計を済ませている横で、スタッフの方を柔軟性を競う姿を見せられてはいてもたっても居られず、無意識に目の前にあったパリの観光地図を奪い、バッグからペンを引っ張り出し、蟹さん歩きで接近した・・・というわけでした。その証拠が上の写真。


 どのくらいご無沙汰だったのかわかりませんが、パリへはホント「お久しぶり」だったようです。「世界選手権」とか「トリプルアクセル」とか、彼女にまつわるキーワードをあえて用いなくても自分が意味することはスムーズに伝わったみたいで、自分の「思い出の場所ですね」という問いかけにみどりさんは「ねーっ!」と一言。なんだかすごく嬉しかったです。


 パリでの金メダルから18年。
 シーズン的にはそれからもう19シーズンですか。
 パリで優勝を決めた翌日、高校入試の合格発表の日だったんですよ。
 朝刊で「みどり優勝」の見出しを見て歓声をあげる息子の横で父は、「人の優勝を喜んでる場合か」と神経質にこめかみをピクつかせていました。あ、合格しましたよ、なんとかギリギリ。


 見たことがある方ばかりだと思うけれど、18年前のみどりさんです。
 下の「続きを読む >>」からお進みください。

... 続きを読む!? >>
スポンサーサイト

パリの試合の写真です

2007年11月22日 09:28

 「女子SP」で止まっちゃってたし・・・


 先週木曜日に出発し、最終日(日曜)のエキシビションも大体おさえて、自宅には予定どおり月曜の夕方に戻りました。


 ただねぇ、疲れが尋常じゃなくって。
 もう無理ができない年代に入ってきてる、と気づいてないわけではないんだけど、最近それを痛感することが多いです。口内炎、最強に痛いです。えーん。


 戻ってきてからの更新じゃ「現地から」感は全くありませんが、今日と明日でこのブログも2-3、記事をUpできればいいな、と思います。


 その前に相方が撮影した写真をお楽しみいただければ、と思います。
 取り急ぎ各カテゴリー(競技)、1選手(組)1枚ずつ・・・だけです。
 エキシビションの写真はもう少しお待ちくださいませ。


 >>> 2007 Trophee Eric Bompard Photo Gallery


2007 Trophee Eric Bompard Photo Gallery


 2年ぶりパリでしたが、いつも使うターミナルもかなり変って、搭乗までの時間潰しも苦じゃなくなりました。フランスではワイン(やシャンパン)への税金って変則的なようで、免税対象外のエリアに住んでながらも、ある種免税感覚で美味しいシャンパンを買えるとあって、空港で2本ほど買ってきました。クリスマスに開けるのが楽しみです。上の写真の真ん中にいるデロベル&シェンフェルダーは嬉しいGS初優勝。FDはちょっとヒヤヒヤしましたが、優勝が決まった日の夜には祝杯をあげたんでしょうか。


 デロベル組の「ピアノレッスン」も美しい動きが多かったですが、2番に入った(FDでは1番)ホフロワ&ノビツキーの激しいダンスに痺れました。表彰台こそ逃したもののイタリアンオペラを可憐に滑ったカペリーニ&ラノッテのイタリア組も大好きでした。


 語り出すと止まらなくなりそうなので、取り急ぎ写真の紹介と帰国報告を・・・

女子SP

2007年11月17日 10:15

 ホントはもっと落ち着いて更新したかったんですが、このまま寝てしまうと朝ギリギリまで起きれずに、明日のFSまで更新出来なくなりそうだったので、ヨッパの頭をガムで覚醒させてキーを打っています。初日はダンスCDが始まったのが午後2時。その後男女シングル、ペアのSPが行われ、今日最後の種目ダンスODが終わったのが夜10時半でした。長い一日でした。明日のほうが時間的には長く感じるけれど、途中2時間弱の休憩が入るのでね。今日は製氷が入るだけで休みらしい休みはありませんでした。


 さて、女子SPでの写真を2枚添付します。
 浅田選手、そしてキミー・マイスナー選手です。


浅田真央


 2人とも朝の公式練習ではとても軽々とした動きだったのに、本番ではともにコンビネーションジャンプ、それも第二ジャンプの回転数が足りなくなるミスが出ました。浅田選手のフリップ+ループは6分間のウォームアップでも確実に決めていただけに残念でした。明日のFSでは、このコンビネーション、そしてトリプルアクセルを成功させて「さすが浅田!」と思われる演技を披露して欲しいです。


キミー・マイスナー


 澤田亜紀選手のSPでの成績にビックリしているファンの方も多いかと思います。

... 続きを読む!? >>

朝の練習より

2007年11月16日 19:34

 取り急ぎ朝の練習の模様を少し。


Meryl DAVIS / Charlie WHITE
Meryl DAVIS / Charlie WHITE

... 続きを読む!? >>

E・ボンパール杯、明日開幕

2007年11月16日 01:31

 フランスのストライキ、日本でも大きく報道されているみたいですね。
 出発前にも実家の母から「大丈夫なの?」と心配されましたが、思ったほどの混乱はありませんでした。
 シャルルドゴール空港から都心部へは大体電車を使うことが多かったんですが、今回は久しぶりにバス。電車が動いていないということで道路の渋滞も覚悟していましたが、思ったほどでもありませんでした。午前10時に空港に着いて、会場のベルシーに着いたのは正午を少し回った頃。朝早かったことで疲れてはいますが、疲労困憊とまでいかなかったのは幸いでした。


 午後1時からの練習を見てきましたが、注目の浅田真央選手はなかなか好調なようでした。


浅田真央


 今日は明日のSPの滑走順ではなく、国ごとに分かれての練習でしたが、どの選手もFSの曲をかけての練習でした。ハンガリーとウズベキスタンの選手は欠席しましたが、どの選手も45分間を有意義に使って調整していました。


 カナダ大会での真央選手は、FSではトリプルアクセルには挑みませんでしたが、今回は入れてくるんじゃないかと思います。ランスルー後の練習でトリプルアクセルを7-8回跳び、かなりの確率できれいに着氷出来ていたと思います。フリップとループの3+3もしっかり降りていましたし、ジャンプに不安な要素はほとんど見当たらなかったと思います。


 真央選手と優勝を争うのでは、と予想されているキミー・マイスナーは、ルッツとフリップに若干安定感を欠いていました。フリップとトウループの3+3の着氷が乱れていたことと、その後に予定している3ルッツでの転倒も2-3度見られました。まずは明日のSPをどうまとめるのか注目です。


 サラ・マイアーも好調なようです。かなり練習してきたのがその絞られた姿からわかります。
ジャンプ以上にスピン、ステップの充実ぶりが目を引きました。明日のSPもそうですが、土曜日のFSがとても楽しみです。


 今日、ブライアン・ジュベールの欠場が発表されました。
 これでファイナル進出はダメになったわけですが、まずは早く健康を取り戻して欲しいところです。深刻な病気でなければいいのだけど。


 明日は午後2時から試合が始まります(非公開のダンスCDから)。そして全ての競技が終わるのは10時20分くらい・・・かな。今季からペアとダンスのエントリー数が変わって、グループも2つだけになったので、終わる時間も少し早まりそうです。

米加中→仏露日(その2)

2007年11月15日 07:11

 「米加中→仏露日(その1)」と書いたからには続きも書くのが当たり前。
 仏大会が始まるまでに余裕を持って・・・と思っていたのに、案の定バタバタ。駆け足で男子シングル、ダンス、ペアについても触れておこうと思います。

... 続きを読む!? >>

米加中→仏露日(その1)

2007年11月14日 08:58

 そういえばスケートカナダ、中国杯については全く書いていませんでした。
 書いていなかったからといって試合を見ていなかったわけじゃなく、その逆で、ロシア語での放送をネットで見ていました。


 タチアナ・タラソワ解説の放送を・・・。
 リアルタイムで・・・。
 ほぼ全カテゴリー・・・。


 こんな真面目に観戦するなんて、滅多にないですからねぇ。
 長丁場の選手権で全日程全選手の演技を制覇するなんてしたら、ぶっ倒れます。
 事実自分にとって最初の生世界選手権となった2001年バンクーバー大会は、アイスダンスCDとODの前半を除いて全て見ました。で、試合終了の翌日・・・。


 ホテルの部屋で倒れて救急車で運ばれました(泣笑)


 過労で極度のミネラル不足。
 それで痙攣を起しちゃったみたい。
 「みたい」ってのは、自分では覚えていないのです。
 気がついたら救急車から降ろされるとこだった・・・という感じ。
 海外旅行保険に入っていたから良かったものの、救急車代、その他治療費、半日の入院費でかなりの額を払わなきゃいけないところでした。「大丈夫」と思っても念のために入っておいたほうがいいですよ。


 脱線脱線。


 さて、グランプリシリーズもアメリカ大会、カナダ大会、中国大会と3戦が終わりました。今週はフランス大会。「エリック・ボンパール杯」が16日(金)、パリで開幕します。日本からは浅田真央選手、澤田亜紀選手などが出場。真央選手は第2戦のカナダ大会で優勝していますから、パリでもいい演技をしてサクっとグランプリファイナル進出を決めて欲しいところ。澤田選手はGSシリーズは2シーズン目ですね。今季はまだあまり調子が良くないと聞きますが、焦らず自分のペースで、滑って欲しいです。


 GS前半のまとめ、というか自分の感想を少し書いておこうかと思います。

... 続きを読む!? >>

偽スコティッシュ

2007年11月13日 05:42

 中国杯のアイスダンスで5位に入ったケア姉弟組(イギリス)。
 スコットランド人の彼らですが、今はアメリカでトレーニングしています。


 今季のオリジナルダンス(OD)の課題は民族舞踊。
 離れて暮らす家族、友へ思いを馳せたのか、彼らの選曲は故郷スコットランドの曲でした。


 この曲をより上手く表現するため、衣装にも趣向を凝らした彼ら。
 スコットランドは「キルト」と呼ばれる男性のスカートで有名ですが、ケア姉弟組の男性、ジョン・ケアは、競技会での演技としては多分史上初だと思うのだけど、このキルトを穿いてリンクに登場しました。


 アメリカなど世界中に「スコティッシュ系」の人たちが住んでいます。
 世界各地でスコットランド系のパーティーなども催され、男性はキルトを身につけて出席するのも定番だとか。


 けれど、「生粋のスコティッシュ」になるには抵抗がある人もいることでしょう。
 というのは、こんな理由があるから。


 本物のスコティッシュ男は、下にパンツを穿いちゃいけない!


 パンツを穿かない。つまりとっても開放的で風通しのよい状態になっちゃうわけで、強風が吹き荒れる日なんかは大変です。マリリン・モンローの白いドレスふわり状態にならないように、一応キルトの前面におもりのようなものが下げられますが、あんまり意味ない、かも。・・・っていうか、キルト姿で椅子に座っても、屈んで靴紐結んでも、細心の注意を払わなきゃいけません。油断したらポロリだもん。
 しかし、誇り高きスコットランドの男たちはノーパン必須。
 パンツを穿いてのキルトはスコティッシュとは呼べないんだそう。


 で、中国杯。誇り高きスコティッシュなジョンですが・・・。

... 続きを読む!? >>

トリノ再び

2007年11月07日 08:49

 今年12月、グランプリファイナルのホストとなるトリノ
 2010年バンクーバー五輪の約一ヵ月後に世界選手権を開催することが決まりました。



ISU Championship 2010
06 Nov 2007 14:52


The ISU Council considered applications made by Members for pending 2010 ISU Championships and has taken the following decisions:


Provisional Allotments ISU Championships 2010


ISU World Junior Figure Skating Championships 2010,
8-14 March 2010, The Hague/Netherlands


ISU World Figure Skating Championships 2010
22-28 March 2010, Torino/Italy.


ISUのページへ >>



 2006年2月はトリノ五輪。その前年はヨーロッパ選手権。
 五輪の翌年はユニバーシアードが行なわれ、今季はファイナル。
 「サンクトペテルブルグになるんじゃないか」
 という噂もあったみたいだけど、またまたトリノ
 またまた・・・だなんて誤解を招きそうだけど、いや、羨ましいなーって。
 トリノ五輪に出場した選手のうちどのくらいの数が4年後再びトリノで滑ってくれるでしょうね。


 ・・・うちの相方の伊語学習意欲、どんどん加熱しそうな予感。ひゃー。

ニューヨーク・シティ・マラソン

2007年11月05日 00:38

 現在こちらの時間で11月4日の午後3時半になろうか、というところ。
 テレビでは英国BBCで「ニューヨークシティマラソン」が放送中です。
 イギリスのヒロインで世界記録を持つポーラ・ラドクリフが出場するとあって、今年は放送があるみたい。毎年あるわけじゃないんだって。日本男子が出ないからなのか、スケカナ男子SPは2人しか放送しなかったテレ朝みたいなものでしょうか(爆)。自分も相方も今テレビの前でじっくり観戦中。ラドクリフが好きだというのもあるけれど、最大の理由は、これ。


 義兄が走ってるから・・・


 一昨日11月2日は姪ルースの1歳の誕生日でした。
 で、1年前の今日、ルースに重大な疾患が見つかり、南部の街C市から首都D市まで、救急車で4時間かかって搬送され、心臓の手術を受けたのでした。かなり状態が悪く、その約10日後には親族が皆集められ「お別れ」すらしたんですが、彼女は諦めませんでした。生存確率1%と言われていたにも関わらず、それから2ヵ月半後、今年1月の末には退院し、今は健やかに暮らしています。


■姪ルースやお兄ちゃんリアムのことを書いた過去記事はこちら:
http://patinaggio.blog69.fc2.com/blog-category-43.html


Liam & Ruth
今年の夏のルース(左)とリアム(右)


 このブログのサイドバーにも記載していますが、今年の夏、ルースの父で相方の兄は、11月のニューヨークシティマラソンを走ることを決意しました。これは自分の娘を救ってくれた病院に感謝の意を伝えるため、自分が走ることで病院への寄付金を募ろう・・・というプロジェクトです。


■Run for Crumlin:
http://run4crumlin.blogspot.com/


 義兄の意図を酌んでくださった方々から多額の寄付金を頂戴しました。
 このブログをご覧いただいている方々からもご支援いただきました。
 心からお礼申し上げます。ありがとうございました。


 現在行われているレースですが、義兄は他のプロジェクト参加者とともに走っています。この国の国旗(緑・白・橙)もモチーフにしたユニフォームだそうで、イッパツで「愛リッシュじゃん」とわかるものだそうで。エリートランナーとは程遠い一般参加者をどの程度映してくれるのかわかりませんが、あまり期待せずに見ることにします。


 ・・・あ。スケカナダンスFD、男子FSもネット放送あるんだ。
 ダンス最終グループが始まったら、


「バイバイ・ニューヨーク!ボンジュール・ケベックシティ!」


 になることでしょうね、とっても自然に。


 不義理な義弟で申し訳ない・・・と少しは思うのよ。
 けど、スケヲタを家族に持つ悲劇ってこういうことなのだ、と理解してもらうしかないのです。

Golden Skate Awards

2007年11月02日 10:31

 10月20日にミラノで行なわれた豪華なアイスショー「Golden Skate Awards」。
 その放送が今晩あり、約2時間の放送を堪能しました。


 当ブログからもリンクさせていただいている「イタリア言の葉」のchicconeriさんがご自身のブログで詳しくレポートされているので是非ご覧いただきたいのですが、chicconeriさんが愛情をこめてレポを仕上げた理由が明らかにわかるくらい、とても濃密でレベルの高いショーだったと思います。



「イタリア言の葉」by chicconeriさん
ショーについてレポ前半レポ後半



 1部と2部にわかれての公演は午後9時に始まり、第2部の開演は夜11時過ぎ。終演は深夜1時近かったようで、開演時間についてはFSUなどでも色々と言われているみたいです。けれどまあ・・・。これだけのメンバーを集めるのって大変だったんじゃないでしょうか。



 荒川静香
 エフゲニー・プルシェンコ
 ステファン・ランビエル
 ブライアン・ジュベール
 シェン&ツァオ組
 サヴチェンコ&ゾルコヴィー
 デュブレイユ&ロウゾン組
 デロベル&シェンフェルダー組
 カロリナ・コストナー
 サラ・マイアー



 ・・・一体どんだけお金がかかったんでしょう(笑)


 chicconeriさんが書かれていますが、ISU会長のチンクワンタ氏の地元での開催ということで、ISUがスポンサーになる条件として、「世界に誇れるだけの一流スケーターを集めろ」との通達があったんだそう。一流どころか、はは、超一流でした。


 大体どのスケーターも2つの演技を披露したようですが、荒川さんとシェン&ツァオ組はエキシビプログラムを2つ。その他「選手」たちの多くは今季用のSPとエキシビションをを滑っていたような気がします。10月頭の日米対抗戦で高橋大輔選手が試合後のエキシビで今季のSPを披露し大喝采を浴びた話はここで書きましたが、彼のSPを見て味わったのと似たような気持ちを、サヴチェンコ&ゾルコヴィーの新SPを見ても感じました。


 ミラースケーティングを取り入れたり、複雑なトランジションを見せたり、その斬新さ、オリジナリティに多くの選手たちが影響されていると思うんですが、毎年毎年違うものをプロデュースし続けることに脱帽です。高得点を狙うプログラムって面白みが失われるものも多いと思いますが、彼らの場合は逆で、考えることによってどんどん面白みが増してきているような気がします。


 新しいエキシビション「レニングラード」も素敵な作品でした。恋愛ドラマを見るときみたく、衝動的に「きゃー!」と叫びたくなるほどのコテコテ感はあるんですが、自分、昭和歌謡曲的な演技って大好物なのです。文句なくお気に入りに追加されました。


 荒川静香さんは第1部でマイケル・ボルトンが歌う「誰も寝てはならぬ(トゥーランドット)」を、第2部ではお馴染「You Raise Me Up」を滑りました。約1年ぶりくらいに彼女が滑るのを見ましたが、かなり痩せましたか?びっくりしました。しかし体調が悪いようには見えず、むしろオリエンタル・ビューティーに磨きがかかっているなぁと感嘆するくらいで、進化し続ける姿は眩しかったです。第1部で披露したトゥーランドットは特に素晴らしく、彼女の一挙手一投足に会場の空気がたおやかに動くのがテレビを通じてでも感じられました。解説者として彼女が選ぶことばのセンスにも感心させられることが多いんですが、これだけ説得力がある演技を見せられると、こちらはためいきつくしか出来ませんね。


 ランビエルの新SPもスタイリッシュだったし、マイアーのSPもすごく綺麗なものでした。コストナーは新しいSPはジャンプが不発で演技後に頭を抱えていたけれど、第2部で見せた「月光」のエキシビションは演技も衣装もとても洗練されていました。マリー=フランスとパトリスは東京ワールドで滑ったFDとエキシビション。彼らの演技をみるとなんだか心が穏やかになります。


 ・・・とまあ、書き出せばきりがないので、取り急ぎ強烈な印象を残してくれたアリオナ&ロビンと荒川さんのことを。録画したので、来週にでもまたじっくり見ようと思います。



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。