スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーラ・コルピの法則

2007年01月29日 04:16

 「キーラ・コルピの法則」ってあると思うんですよね。
 まあ、全然シリアスな法則じゃなくって、ウェブ運営者としての実感みたいなもの。
 何が言いたいのかというと、ですね。


 キーラ・コルピをネタにするとブログのアクセス数が増える


 ってことなんです。わはははは。


 「キーラ・コルピ」ってう人名での検索はもちろん、こんな検索方法で(移行前の)当ブログに辿り着いた方も結構いました。


 キーラ・コルピ 画像」


 ・・・可愛いもんね(笑)


 というわけで、コルピファンの方へプレゼント。
 昨日の女子FSの写真です。


キーラ・コルピ(Kiira Korpi)


 もうひとつの英語ブログのほうでも既に掲載したんですが、こっちでも。
 本当は優勝者のコストナー、2位のマイアーを・・・と思ったんですが、2人の写真(特にサラ)のはよく使うのと比べると、コルピの画像ってそう多くUpしてないよなーという思いで、ね。ついでに表彰式のときのも1枚。


2007年ヨーロッパ選手権女子シングル表彰台


 ユーロスポーツで生放送があったのかなぁ。放送を見たらしい友人から携帯にテクストメッセージが届いたんですが、こう書かれてました。


「女子フィギュアの歴史上、一番美しい表彰台だったわ」


 確かにねー。
 まあ、女の子のルックスに関わることを延々と語っては墓穴を掘ること必至なので、自重します(笑)


 正直、3番のコルピは棚ボタ的なメダルだったのは否定出来ません。
 内容も良くなかったですし、プログラムもランが多いような気がして、4分が長く感じました。今季は国内で4番と破れヨロ選出場もどうなるのかとヤキモキしたファンも多かったでしょう。けれどこの大会でフィンランド勢で1番の結果を出したことで、東京ワールドには派遣されることでしょう。個人的には第3グループの1番目という滑走順で運がなかったアリサ・ドレイの昨日の出来はもっと評価されても良かったんじゃないかな、と思いました。


 1位、2位の2人に関しては既に放送を見た方も多いと思うのでレポ的な記述は避けますが、2人ともよく頑張ったと、順位に関係なく祝福したい気持ちでした。コストナーは去年の惨敗からよくここまで復調してきたものだと感心しましたし、マイアーへは、初めての優勝争いで惜敗したことで、この先に期待するものが個人的にまたひとつ増えたような気がします。


 トーキョーWorldsを意識したコストナーの和風のFSも素晴らしかったですが、自分の昨日のハイライトはイタリア2番手のバレンティナ・マルケイでした。ループ、フリップを抜いたFSでしたが、ルッツを2回、サルコウを2回、ダブルアクセルを2回、そしてトリプルトウループを1回と、予定していたジャンプはほぼ決め、自身最高の出来とも言える演技で本人もガッツポーズを連発。跳びはねてもいましたね。スピードがあり、動きの俊敏さが魅力ではありましたが、スピードに負けてしまう癖もあったでしょうし、何よりひとつ失敗するとボロボロに崩れてしまう傾向もありました。けれどこの試合では、スピードはキープしつつ慎重さも忘れずにという感じで、精神的に安定した状態で試合に臨めたんじゃないでしょうか。前週のユニバーシアードで鈴木明子選手に次いで2位に入りメダルを獲得したことも自信になっているんでしょうね。試合の規模はどうであれ、大会で表彰台に上る上らないは、闘争心を大きく左右するものだと個人的に思います。この先が楽しみになりました。


 スケジュールは全て終わり、自分と相方は明日自宅に戻ります。
 今日はエキシビションが行われましたが、会場へは向かわず、観光に充てました。
 月曜夕方に到着し、火曜のお昼から昨日の夕方まで、ほとんど空く時間を持てませんでした。せっかく1週間ワルシャワに滞在したというのに、どこも見れないのも虚しいしという思いで、この1週間で1番の雪の降る中、まずはショパンミュージアムへ。その後旧市街地で食事をし、ホテル近くまで戻って甥・姪への土産などのショッピング。これからワルシャワ最後の夕食に出掛け、その後は再び飲みに突入でしょうか。明日のホテル出発は朝4時すぎ。酔っ払ったまま搭乗することになりそうです。


 残りの写真や土産話は帰国後にまた。
 この1週間お付き合いいただきまして、ありがとうございました。
 皆さんどうぞ良い1週間を。

スポンサーサイト

欧州新女王、本日午後決定

2007年01月27日 21:29

はー。おもいっきり二日酔いです。
二日酔いで頭ガンガン、胃ムカムカの状態で書き、「さああとは写真を載っけるだけ」という段階でPCが見事にフリーズしてしまいました。というわけで簡単に昨日のリヴューを。


そもそも昨日の日程が(見る側にとっては)殺人的だったんですよね。僕はまだマシなほうで、写真を撮る相方は午後12時15分開始の女子SP第1Gから第8まで全部見た後、30分だけの休憩を挟んでアイスダンスFDに突入したわけで、カメラの充電にはかなりヒヤヒヤしたそうです。FDが終わったのが10時半頃でしたから、約10時間氷を見続けたことになります。それを考えると今日は楽なほう。既に女子FSは始まってますが、僕は途中から見学に向かいます。


さて、昨日の女子SPですが、予想どおりの3人がSPを終えて1、2、3位となりました。


カロリナ・コストナー

... 続きを読む!? >>

初メダルの重み

2007年01月26日 21:31

2007年ヨーロッパ選手権男子シングル


 表彰台の常連ジュベールは別として、2位のトマシュ・ベルナー、そして3位のケビン・バンデルペレンは嬉しいヨロ選初メダル。チェコ男子のメダルは1992年のペトル・バルナ以来でしょうか。そしてベルギー男子が最後にメダルをとったのは1947年なんだそうです。60年ぶりのメダル。隣国オランダがスピードスケート強国ということもあって、ベルギーも冬季五輪にたくさんの選手を送っている先入観があったのですが、去年トリノ五輪の開会式を見て驚いたほど、冬のスポーツはそんなに盛んじゃないみたいです。フィギュアスケートもマイナースポーツであるはずの国、昨晩のニュースは彼のメダルをどう取り上げたのか気になります。


 ベルナーは相当嬉しかったようで、会場からホテルに戻り、バーで祝杯をあげてる最中もずーっとメダルを首から外していませんでした。なんだか去年、トリノ五輪の後のステファンを思い出しますね。あの時も彼、バッグはチームの人に預けても、メダルは肌身離さずといった感じで、ジャンパーの内側に隠し持っていました。昨晩のベルナーはトイレに行く際にも首からメダル。僕が入った後ににベルナーも入ってきたんですが、並んで小用を足しながら僕は彼に「おめでとう」と声をかけ、彼は笑顔で「ありがとう」と返してくれました。今考えてみたらとんでもなくマヌケな光景だと思います。「ありがとう」と返してくれるのはいいけれど、目を離した瞬間に大事なメダルにおしっこかかってしまったら悲しいですね(笑)

... 続きを読む!? >>

本日のメイクのノリ

2007年01月26日 02:34

デロベル&シェンフェルダー


 ・・・も完璧だったような気がします。
 衣装もタンゴらしく、素晴らしく似合っていました。


 ODを終えてブルガリア組には5点の差がついてしまい、ドムニナ組との一騎打ちの展開となってきました。ODは自分、デロベルシェンフェルダー組のシャープさと色艶さは群を抜いていたと思うものの、FDの強さとなるとドムニナ組のほうが(今季は)好きなんですよねぇ。


 デンコワ組はテクニカルで伸び悩みました。
 予定していたレベルがとれなかったとのこと。
「FDでも同じスピンを入れていて、それはレベル4をとれている。今日なぜレベルが1しかとれなかったのがわからない」という話したそうです。世界選のタイトルは獲ってもヨロ選は過去2位が最高。なんとしてでも獲りたいタイトルでしょうが、厳しくなってきました。明日の巻き返しに期待します。


 これから男子SPです。
 普通、第1、第2Gは気楽に見れるもんですが、昨日のロシア勢「やっちゃった」おかげで、第2Gからしっかりチェックしなきゃ・・・ということになりました。昨日ミスの出たジュベール。驚愕のSP首位となったベルナー。日本勢、北米勢はいなくても、見所はたくさんありそうです。

プレゼントはポーランド国歌

2007年01月25日 10:19

 やっぱり地元の試合なのだから、彼らにはメダルを獲って欲しかった。
 それが達成されただけじゃなく、メダルを祝福し、長く頑張ってきた彼らを称えるかのようなファンからのポーランド国歌は、これ以上ないサプライズな贈り物だったかもしれません。


Dorota SIUDEK / Mariusz SIUDEK

... 続きを読む!? >>

トマシュの雄叫び

2007年01月25日 02:50

トマス・ベルナー


 演技終了後のリンクの上で、だけじゃなく、
 「SP1位」がわかった後のキスクラでも飛び跳ねて喜んでいました。
 新しい才能が台頭してくるのを見るのって、こっちも嬉しくなるものです。


 3位のダビドフ、4位のバンデルペレンはともに(一応)ノーミス。
 この順位・点数の差は、スピン、ステップのレベルでした。
 ステップ、スピン、ぜーんぶレベル1位じゃねぇ、ケビン。


 この後ペアSPです。
 微妙に眠いけれど、雪がしんしんと降ってきてるので逃げ場がありません。
 しっかり見ることにします。


 では後ほど!

白い空

2007年01月24日 19:11

雪のワルシャワ


 午前10時半のワルシャワ
 1月24日(水)。朝から雪です。
 ていうか、吹雪いてるらしいです。
 29階の部屋から撮影した写真ですが、窓が開かないので体感できないんですよ。
 けれど、外に朝コーヒーを買いに出て戻ってきた相方曰く


「ちょっぴり吹雪いてる」


 とのこと。
 強烈な吹雪には見えませんが、それでも視界は昨日までとは違います。
 ホテルから会場への送迎バスは時間どおりどころか、時間にかなり余裕を持ったスケジュールになっていると思うので、12月、サンクトペテルブルグであった交通渋滞に巻き込まれての選手の到着遅れというハプニングは起こらないような気がします。

... 続きを読む!? >>

大会初日-ダンスCD、ペアSP

2007年01月24日 09:27

 このカップル


Aliona Savchenko & Robin Szolkowy


 ・・・の首位発進は順当として、このカップル


Isabelle Delobel & Olivier Schoenfelder


 ・・・のCD1位はちょっとびっくりでした。
 いい意味で驚かせてくれました。
 滑らかで、それでもキレもある素敵なゴールデンワルツでした。

... 続きを読む!? >>

リスキー・ホワイト

2007年01月23日 06:27

 ワルシャワからの便が遅れたせいで出発は定刻より40分遅れ。
 しかし気流の関係か、到着してみれば、定刻より10分早かったのでした。
 最近のヨーロッパは悪天候が続いています。僕が住むともも例外じゃなくて、強風でまともに歩けない日も結構多いんですよ。しかし、今日の僕らのフライトの時間はとってもマイルドな風。これもひとえに日頃の行いが良いからなのでしょう。


 ワルシャワには午後1時40分頃に到着。入国審査も荷物受け取りもすぐ済みタクシーでホテルへ。5年前のガイドブックはさすがに古かったようで、そこで書かれたタクシー料金の目安の倍以上かかりました。ぼったくり・・・とは思いませんよ。旅に出ると僕は、自分でも驚くくらい寛容な人間になれるのです。


 異常気象って世界中で起こっているようで、例年だと銀世界だというポーランドは、雪はなし。そして手袋なしで歩けるほど気温も氷点下にはなっていないはず。先ほど夕食を摂りに外に出て戻ってきたところなんですが、いい気分で食後の散歩を楽しめるくらいでした。


 さて、競技は明日(火曜日)からです。明日の午後2時過ぎにダンスCDが始まり、開会式を経て夜7時からペアSPが行われます。既に公式練習は3日ほど前から行われているようで、知り合いのファンの方々も早い人では先週末までにワルシャワに到着し、選手の仕上がり具合を熱心にチェックされています。この大会の良いところは、メインリンクと練習リンクが隣接していること。去年のリヨン大会は、メインとサブリンクは全く違うところに位置していたため、バスなどを使っての移動は面倒なものでした。しかし今年は練習リンクが隣接していることで、メイン会場で進行している競技中に興味のあるカテゴリーの練習が行われる場合、そちらを選択するのも容易だというメリットがあります。


 ホテル到着後会場へ向かい手続きを済ませた後まだ時間があったので、アイスダンスの公式練習を少し見学してきました。最後に見たグループが結構豪華なメンバーで、デンコワ&スタビスキー、イタリア2組、イギリス2組と、見ごたえのある練習でした。個人的にとても感心させられたのはイタリアのカッペリーニとラノッテの若手カップル。先輩のファイエラ&スカリが情熱的な演技を得意としているのに対して、若手の彼女たちは「何を滑らせても上手」という印象を持ちました。伸びやかさ、すごくいいですね。ヨロ選は初出場ですが、一気に上位に食い込むのではないかと期待しています。


 今日一番インパクトがあったのは、ブルガリア組の男性、マキシム・スタビスキー。


Albena DENKOVA / Maxim STAVISKI


 白い衣装(パンツ)はリスキーだよな、と思わされたワンショット。
 自分が撮影したわけじゃないよ、と責任逃れしつつ掲載します(笑)
 今季の彼ら、ODはすごく好きなんだけど、FDはちょっと・・・なんですよ。
 今日の練習ではドムニナ組も好調な動きを見せていました。
 同じ先生のもとでトレーニングしていたデンコワ組としては、負けられない試合ですね。

ヨーロッパ選手権-Preview

2007年01月21日 21:24

 えーっと、明日出発です。
 午前9時45分発の便なので、自宅は7時半くらいに出る予定です。


 ここからワルシャワまでは約3時間のフライトです。
 直行便があるのが嬉しいですね。
 ここに住む外国人で一番の割合を占めるのがポーランド人なんですよ。その次は中国かな。日本人はずーっと下。ポーリッシュ人口が多いせいかこことポーランドを結ぶ便が増えて、首都だけじゃなくてワルシャワ以外の都市へも飛んでるみたいです。成田や関空へまっすぐ行ける便は、望めそうにありません(苦笑)


 さて、本題へ。
 ヨーロッパ選手権、競技は23日(火)に始まります。


ブライアン・ジュベール



 以下、各カテゴリーの簡単なプリヴューです。

... 続きを読む!? >>

トリノ→ワルシャワ

2007年01月19日 23:40

 イタリア・トリノで冬季ユニバーシアードが開かれています。
 昨晩は男子FSが行われ、高橋大輔選手が160点を超える得点を出し、SP1位、FS1位で優勝。ユニバーシアードは前回2005年オーストリアで行われ、高橋選手がタイトルを手にしましたが、今回の優勝でユニバ2連覇を達成しました。


http://www.isufs.org/results/wu07/CAT001RS.HTM


 織田選手との一騎打ちとなったこの試合、FSでの高橋選手は演技途中で靴紐がほどけるハプニングがあったようですが、それで動揺することなく、ほぼ完璧な演技を披露したようで、終わってみれば織田選手に約16点の差をつけての勝利となりました。


Jamal OTHMAN さて、来週はワルシャワヨーロッパ選手権が行われます。年齢的にジュニアではありませんから、「ユニバ→ヨロ選」と連戦の選手もちらほら見られます。男子シングルでは、ユニバで6位に入ったグレゴール・ウルバス(スロベニア)、そして9位のジャマール・オスマン(スイス)など。ペアではSPを終えて現在2位につけているボロソジャー&モロゾフ(ウクライナ)が連戦ですね。


 アイスダンスには今回フランスからは国内選で3番だったカロン&ジョスト組が派遣されましたが、当初彼らはヨロ選の代表として発表されました。その後どういう経緯があったのかはわかりませんが、ヨーロッパ選手権には国内2番のペシェラ&ブールザーが(順当に)選出されました。しかし、ヨロ選直前になって女性のペシェラが手を骨折する怪我を負い、ワルシャワ行きはキャンセルになったそうです。それをうけて、今月の試合はユニバだけのはずだったカロン&ジョストが代替出場となり、思わぬ形で2週連続で大きな試合に臨むことになりました。


 その他のアイスダンスのメンバーでは、今季からシニアのGSに参戦し、高い評価を得ているカッペリーニ&ラノッテ(イタリア)も2連戦。地元イタリアのユニバでタイトルを獲り、その勢いで初のヨロ選でもトップ10入りを狙いたいところ。彼らを含め2連戦の選手達は体力的には辛い状況でしょうが、怪我なく、ハプニングなく、乗り切って欲しいものです。

S・ランビエール-欧州選を欠場

2007年01月18日 04:59

Stephane Lambiel もう1週間ないって段階でのニュース。
 正直、ものすごくビックリ・・・。


 富士ゼロックスのCMで話題沸騰中の世界チャンピオン、スイスステファン・ランビエールが、来週ワルシャワで行われるヨーロッパ選手権を欠場することになったそうです。


 先に仏語のニュースが配信されましたが、早くもYahoo!の英語版でも記事になっていたので、リンク(&引用)します。




Figure skating champion Lambiel pulls out of European championships
Wed Jan 17, 10:40 AM ET


GENEVA (AFP) - Reigning two-time world figure skating champion Stephane Lambiel of Switzerland has said that he was pulling out of the European Championships in Poland next week because he is feeling jaded.


The 21-year-old Olympic silver medallist shocked the Swiss press Wednesday by announcing he was even reconsidering the rest of his season.


※記事の続きはこちらへ >>
(Yahoo!英語版の記事にリンクされます)



 怪我や病気が理由ではない、とのことですが・・・。

... 続きを読む!? >>

遂にここにもリンクが!

2007年01月15日 04:43

 今、自分が住む国、アイルランドのスケート環境は劣悪。
 それどころか、リンクすら無い・・・。


 そんな話をひょっとしたら以前したかもしれません。
 90年代後半には首都ダブリンに2つ室内リンクがあったそう。
 しかし、相方曰く



「真剣に練習出来るような環境じゃない」
「缶ビール片手にリンクに上がる不良の溜まり場」



 だったそう。


 現在のスケート事情はというと、クリスマスから年明けの約2ヶ月ほど、屋外にリンクが設置されます。これも本気で滑る人向けのものではなく、遊園地的な意味合いを持つもの。30分単位の入れ替え、それも予約が必要という、日本でスケートリンクに遊びに行く感覚とは程遠い、と個人的に思ってきました。ここから列車で2時間ほどのベルファストは北アイルランドの街です。そこには大きなリンクもあり、過去イギリス代表としてヨーロッパ選手権、世界選手権に出場した選手には「北アイルランド出身」の人たちがちらほらいます。


 ちなみに今週末、ノッティンガムでイギリス国内選手権が行われましたが、優勝したのは今季のNHK杯にも出場したジェナ・マコーケル。彼女はベルギーを練習拠点にしていますが、元々は北アイルランド出身の選手。ベルギーに移る前にはロンドン近郊の街でトレーニングしていました。


「”北”には選手が居るのに、”南”の共和国に無いのはなぜ?!」


 常日頃不満に思ってきたわけですが、なんと、遂に、この国にも室内のリンクが出来ました。


... 続きを読む!? >>

あなたならどうする?!

2007年01月14日 02:11

いしだあゆみ-あなたならどうする 昨日からずっと鳴り止まない脳内BGM。


 あなたなーら どうするぅー♪
 あなたなーら どうするぅー♪


 いしだあゆみの名曲「あなたならどうする」


 この後「泣くの歩くの死んじゃうの」と続くのですが、泣いたり歩いたりはしても、死ぬ予定は当分ないと思うので、有名なフレーズ部分のみリピートされてます。


 前置きはほどほどに・・・。
 「何故この音楽なのか」になるんですけどね。
 スケートブログを名乗るのですからもちろんスケート関係。
 再来週開幕する大きな選手権のことに繋がります。


 しかも、ふたつ。


 EU & USA

... 続きを読む!? >>

ロシア国内-A・グリャーツェフ初優勝

2007年01月07日 23:41

 ロシア国内選手権の最後のイベントだったのでしょうか。
 昨晩遅く、男子FSの結果が出たときには、妙に感慨深くなりました。
 SP2位のアンドレイ・グリャーツェフが、首位との差7ポイント弱をはねかえし、最終的には約5ポイントの差をつけて逆転。嬉しい初優勝となりました。


Andrei GRIAZEV


 グリャーツェフは2003-04シーズンの世界ジュニア王者。
 そのときに優勝を争ったのはアメリカのエヴァン・ライサチェク。
 ライサチェクは2001年頃からジュニアの国際舞台で活躍。同時期に世界に飛び出し、2002年シーズンにはジュニアの世界チャンピオンに輝いた高橋大輔選手とは今、トップを争う、見ていてワクワクするライバル関係が構築されていっているような気がします。

... 続きを読む!? >>

欧州、国内選手権開催中

2007年01月07日 02:38

Sergei DOBRIN 今週は欧州各国で、国内選手権が開催されています。
 ドイツ、イタリア、そしてロシアなどで、欧州選の代表入りをかけた熱戦が。
 これはつまり、東京世界選の代表入りを左右する試合になりますね。


 以下、ドイツ、イタリア、ロシアの国内選のサマリーです。

... 続きを読む!? >>

ポリポリ

2007年01月05日 10:51

 「12月中旬に送ったから・・・」
 と母は言っていたんですが、やはりクリスマス・正月時期。
 通常1週間前後で届くものだけれど、2週間以上かかりました。


 はい、日本からの救援物資です。
 年に2-3回、実家から送られてくるのです。


 最近は、こちらのアジア食品店も充実してきています。
 けれど、手に入らないものも結構あります。
 「これだけは絶対日本のじゃないと」
 というのは、実は食品ではなく、医薬品。
 冬場の使用度が高い日本の風邪薬。
 PC中毒患者の必需品、目薬。
 そして今回、恥ずかしい話ですが、の塗り薬も入れてもらいました。
 食生活が乱れると、くるのよ、そこに(爆)


 さて。スケートヲタを息子に持つ親。さすがです。



NHK杯ビデオ



... 続きを読む!? >>

お引越し

2007年01月03日 04:28

お引越し


ライブドアのスペースを借りて書いてきた当ブログ。
本日から、こちらで頑張っていくことにしました。
色々試した結果、使い勝手が良かったものでね。


ライブドアのほうにいただいたコメント・TBは、
ほぼ、そっくりそのまま、fc2のスペースへ移されました。
貴重な感想・ご意見を失わずに済んだのは何よりです。


2007年最初のエントリーはお引越しのお知らせ。
リニューアルしたブログ、フレッシュな気持ちで、
更新していきたいと思います。


2007年、皆さんにとってハッピーな1年となりますように。
頑張るスケーターたちが、幸せな結果を残せますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


:: Patinaggio ::
- Excited & Delighted!! - Figure Skating
Hiro (Master)



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。