スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェブラシュカ

2006年11月29日 12:10

 ・・・で、出来たクリスマスツリー。

チェブラシュカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日の午前中、市内の名所を案内して貰いました。
 「話のネタにでもなるかな・・・」と入った高級デパート。
 JW選手御用達のLVなど有名デザイナーショップと一緒に入っていたのがこれ。
 ロシアナショナルチームのジャージなどが売られるスポーツ用品店。

 いや、2月のトリノ市内にもあったのよ。でも、
 「イタリアでロシアの店に入ってどうするよ・・・」
 という思いで、何も買うことはなかったのです。

 けど、今回はモスクワだもんね。

 別にロシア贔屓ってわけではないし、
 ロシアチームのジャージって個人的に趣味悪ぅと思うのですが、
 このキャラクターだけは「可愛い」と密かに思っていたのです。

 小さなチェブラシュカで出来たクリスマスツリー。
 不覚にも「あら・・・」と呟いてしまいました。
 相方も同じように思ったようで、
 「撮影OKかどうか店の人に訊いて!」
 と、ガイドさんに懇願する始末。
 去年、初めてのロシア旅行を終えた際の感想として自分、

 「ロシアで良かったのは、ウォッカと紅茶(だけ)」

 だなんて(暴)言ってたんですが、今回それにもうひとつ、確実に、加わりました。

 +チェブラシュカ。

 甥っ子のお土産にひとつ買ってきましたよ。
 僕もこころ惹かれたものの、10秒冷静に考えて止めました。
 最近旅行に出ても、土産らしいものって全然買わないんです。
 お金使うとしたら、口から入って下から出てくものばかりなもんでね。
 いやはや。久々のピロシキは美味かった。

スポンサーサイト

川口悠子

2006年11月28日 21:39

川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週モスクワで行われたGS第5戦、ロシア杯。
 ペアで見事3位に入賞した川口悠子さん。
 そしてお相手のアレクサンダー・スミルノフ。
 競技翌日、エキシビションが始まる前に行われた表彰式での1枚です。
 ふたりとも、さわやかな笑顔をしていますね。

... 続きを読む!? >>

とりあえずスパシーバ

2006年11月27日 22:17

 1時間ほど前に帰宅しました。
 今日のD市、強風でしてね。
 フランクフルト出発の時点で「ウィンディー♪」と明るく機長に言われ疲労度が倍になり、実際の着陸時の縦に横に・・・の揺れには、久々に「やばいかも」と思うほどでした。無事に着陸した際には機内後部から拍手もわきあがっていました。機長さんスパシーバ。

 で、今回のロシア杯。
 まさかねぇ、自分が2年連続ロシアに行く”はめ”になるだなんて、去年サンクトペテルブルグから戻ってきた時点では考えてもみませんでした。

 が・・・。

 人生ってどうなるかわからないから楽しいもの、なのかもしれません。
 「入るより出るほうが難しい」と言われるロシアからの出国も何の問題もなく済み、入国審査官の怖そうなお姉さんに反応してくれないとわかりながらも「スパシーバっ」と笑顔で言ってみたりする自分。深夜3時まで飲んでいて、空港へのピックアップが4時すぎだったことで、多分頭はクルクルパーだったんでしょうね。

 帰りの便は日本チーム、アメリカ、カナダの一部の選手と一緒のフライトだったんですが、空港でのドラマも楽しいものでした。なぜかタニスはスケート靴の持ち込みが認められてたり、靴が入っていたキャリーケースには、いかにも不健康そうな「M&M」のチョコがぎっしり埋まっていたり。

 アリサ・シズニーの爽やか笑顔はホンモノだと気づいたことも収穫のひとつ。
 てか、FSで4回コケても笑顔で滑り続ける時点で、尊敬するべきなんだけど。
 多分純真な子なんでしょうねぇ。応援対象に加わるかもしれません。

 最近自分、アメリカ女子のひたむきさのファンになりつつあるんですよ。
 キミー・マイスナーなんて特にそうで、今後是非応援していきたい一人。
 シズニーはジャンプの安定性が問題だけれど、可憐さはピカイチだと思いました。
 生で見るのは初めてだったんだけど、ミス連発の演技だったとはいえ、感心させられるものがあったし。

 日本の澤田亜紀選手も素敵な選手ですね。
 彼女の”競技用”のプログラムを生で見るのは初めてでしたが、一生懸命さが伝わる演技って、自然と「がんばれ」と口にださせるものなんですねぇ。SPでは最後に残念なミスが出たり、FSももったいない部分があったけれど、シニアにあがって1年目でエキシビションに残るまでの結果を出したことで、ネームバリューもあがったことでしょう。昨日のエキシビは「古事記」で滑りましたが、最後の4回連続のダブルアクセルでは、会場は大いに沸きました。全日本も頑張って欲しいです。

 久々に観戦記なるものも書こうかな、という気になっています。
 この後生観戦しに行く予定は今のとこ白紙なので、テキスト作成に時間を費やしてみるのも面白いかもしれません。

 というわけで、一眠りして、冷蔵庫の中を埋めにスーパーに出かけます。
 僕はスーパーで安くて質が良いものを探すのが好き。
 ジョニーはやっぱ、ヴィトンでの買いものが好きみたい。
 空港の送り迎えと、土曜の午前観光に付き合ってくれたガイドさんが、僕らの前日にジョニーのお供もしたみたい。アルトゥールという彼に僕らは、彼がよく行くという定食屋さんに連れていってもらい、モスクワ庶民のランチを楽しみました。今回食は比較的充実してたんですよ。

モスクワにて

2006年11月25日 16:16

 到着したのが木曜深夜ですから3日目になるわけですが、睡眠時間から判断すると2日目って感じです。なかなか時間がとれずレポ出来ないのが残念です。

 恩ちゃんのことだけだったら、彼女の掲示板に簡単ながらレポをUpしてますので、そっちのほうを見てください。

 昨日のハイライトは・・・やっぱり、川口悠子さんでしょうか。
 正直コールされたときの反応はイマイチでしたが、演技終了と同時に立ち上がるお客さんもかなり見られました。自分も腰を一瞬浮かせそうになりましたが、ちょっと我慢しました。ははははは。その他のペアの滑りも素晴らしく、ペアはかなり充実した大会となっています。

 女子は、ちょっとミスが多い試合でしたねぇ。
 3+3を予定していたキラ・コルピも2+2になり元気をなくしてしまい、サラ・マイアーにしても自信たっぷりでスタートしましたが、ステップからのフリップが2回転で降りて両足というミスを出してしまい、その後の演技は単調になってしまいました。首位のセベスチェンはルッツで手を着く演技を出したものの、のびやかさは際立っていました。

 今日は最初に女子FS。その後ダンスOD、ペア、男子と続きます。
 長丁場ですが、昨日よりは楽かな。

 ではまた時間があればアクセスしますね。
 かーなり眠いぞ。

ニェッ!スパシーバ!

2006年11月23日 09:29

ニェッ!スパシーバ!
「いいえ、結構です」
 という意味なんだそうです。
 怪しい人が近づいてきたら「ニェッ!スパシーバ!」
 ホテルで娼婦に声をかけられても「ニェッ!スパシーバ!」

 ていうか、去年のペテルブルグでも土曜の夜にホテルのバーで飲んでたら、
「OD課題曲はルンバかサルサか?」
 と思うほどドレスの面積が小さいお姉さん2人に声をかけられたわけです。
 もうホント、アイスダンサー並みの露出の激しさでしたねぇ。
 で、そのうちの一人に
「アー・ユー・ジャパニーズ?」
 と聞かれて「イエス」と答えると、こう返ってきました。

「ワタシ ノ ナマエ ワ ユリア デス。ドウゾ ヨロシク オネガイ シマス

 って日本語で。
「お酒進んでないわねー。もっと飲みましょうよ!」
「私たちと一緒に楽しみましょうよー!」
 と、5分くらいしつこかったのよ。
 そのユリアちゃん、そこそこ可愛かったんですよ。
 ペアのユリア・オベルタスより可愛い目してたと思ったもの。
 けどねぇ、ユリアはお呼びじゃないって感じです。

「ボク ノ ナマエ ワ セルゲイ デス。ドウゾ ヨロシク

 だったら考えてあげても良かったけれど(爆)
 ・・・って冗談ですからね。マジで冗談。
 十分間に合ってますので。

 怪しい人から逃れる一言。ニェッ、スパシーバ。
 これさえ覚えれば大丈夫。

 ・・・なわけないけどね。
 あとはスパシーバと笑顔の連発で乗り切ります。
 男は愛嬌で勝負です。

 というわけでモスクワです。行ってきます。
 ホテルにはワイヤレスが設置されてるとのこと。
 こっちも更新したいと思います。

 ここは最低1日に1度は更新してるはず。
 良かったらチェックしてみてくださいね。

 現地でお会いする予定の皆さま。
 どうぞよろしくスパシーバですよ。

 恩ちゃんの応援も頑張ってきます(^_-)

Stable.....

2006年11月21日 07:19

 前回のエントリーで書いた姪っ子のことで、お見舞い、励ましのコメントをありがとうございました。

「奇跡がおこった」

 とまでは書きませんが、ひょっとすると「起きつつある」状態なのかもしれません。具体的なパーセンテージは書くのを避けてましたが、土曜日の時点で乗り切れる可能性は1%でした。今日お昼に聞かされて驚いたんですが、そのパーセンテージ、ゼロがひとつ増えたとのことでした。

 11月18日(土)午後12時15分に人工心肺装置のスイッチが切られ、その後2-3時間で・・・という話でしたが、半日経っても血圧は一定値をキープし、日曜に行われた3度目の手術後に医師から言われた「20日(月)の午前中が山場」をも乗り越え、姪っ子ルースの驚異的な粘りには家族はもちろん医師をも驚かせています。

 肉体的な疲れもそうですが、精神的にかなり落ち着きました。
 土曜日、覚悟してICUに入り、小さな手を触り、ふわふわの前髪を撫でて”お別れ”したわけですが、ルースの生命力にはただただ脱帽です。義兄夫婦の心情までは100%量ることは出来ないものの、土曜日に別れの覚悟をした時点で、

「あとはルース次第。家族はやれるだけのことをするだけ」

 と肝っ玉が据わった感じがします。
 家族控え室に出入りする看護師とも話す機会があったんですが、
「なかなか覚悟出来ない親が大半なのよ」
 とその看護師の女性ウィンクして話していました。

 状況は厳しいに変わりないけれど、何か話すたびに涙声になっていた土曜とは違い、
「ルースが頑張れるまで頑張る」
 そして、それでもダメだったら
「よく頑張った」
 と言えるだけの準備も整ったような気がします。

 ずっとここで世話をしてきた義兄嫁のご両親は今日帰郷。
 ウチの相方のほうの母親も明日一旦帰郷。

 そして、僕と相方も今日、義兄夫婦に「モスクワ」のことを話し、「是非行ってきて」のことばを貰いました。

 眠れない数日間でしたが、今日明日明後日はしっかり寝ないと。
 今、1週間ぶりのワインを飲みながらブログしてますが、疲れてはいるものの、妙に穏やかです。

 なんかね、病院でルースを見舞って自宅に戻ると、目の前のヤツにやさしくなれるんですよ。

 照れるけど。

 あはははは。

パリ行きキャンセルしました

2006年11月17日 01:27

 本当は明日(金曜)の早朝にTEBを観戦すべくパリに出発する予定でいたんですが、先ほど相方と相談して取りやめることにしました。航空券、ホテルは既にキャンセルの手続きを済ませました。

... 続きを読む!? >>

パリなんだけどザグレブも・・・

2006年11月15日 07:40

 ええ、4戦目ですよ。金曜から始まりますね。
 アメリカが終わって、カナダも終わり、先週末は南京。

 ドムニナがタニスに勝っちゃったり、
 ユリアの逆転初優勝があったり、
 前の選手に投げ入れられたプレゼントが出番直前の中野選手を直撃したり、
 男子シングル競技中にジャッジが倒れて救急車で搬送されたり、
 SPで若干出遅れたエマニュエルは、そんなにエマニュエらなかったり

 ・・・と先週も色んなドラマがありました。

 4戦目の今週はパリ。おふらんすでざんす。
 僕と相方は例年よりちょっと旅程を短縮して金曜の朝に行きます。
 ドゴールには朝9時半の到着。
 その後市内へ移動ですが、去年はウチらだけじゃなかったのでタクシーを使ったんです。ラクチンだったー。
 けれど、今年は2人だけ。
 というわけで公共交通機関を使う予定なんだけど、あはは。

 金曜日のパリ、地下鉄ストライキなんだって(笑)

 ってことで空港から市内までバスを使おうかとも思ったんだけど、ストに突入するのは地下鉄だけで、空港と市内を結ぶ”国鉄”は通常運転とのこと。で、ストといっても全面的にお休みになっちゃうわけじゃなく、いつもの3分の1くらいになるってだけなので、そんなに影響はないかなと楽観視してます。逆に「ストがあるから!」ってことでバス、車は大渋滞に巻き込まれちゃったりしてね。

... 続きを読む!? >>

サウンド・オブ・ミュージック on ice

2006年11月11日 10:54

 GS第3戦中国杯が始まってます。
 始まってます・・・っていうか、ペアはすでにFSが終わっちゃいました。
 シェン&ツァオの復活の舞いも素晴らしかったけれど、個人的に感激したのはアリオナ&ロビンの”闘魂”でしょうか。

 ドイツ連盟とチームの関係が最悪な状態になったり、インゴとロビンの所属先のことでも揉め事があったり、シーズン初戦ネベルホーン杯は怪我のため欠場したり、と一ファンの自分は「今季前半は苦戦かな」と覚悟していました。

 が、昨晩のペアFS。アリオナ&ロビンの「ミッション」。
 ツイストで3回転を入れたり、シーズンのこの時期でここまで技術的に完成させてきていることに驚き、そして今季は斬新さをメインにするのではなくて、洗練度で勝負・・・という印象を持ちました。このプログラム、かなり好きですねぇ。衣装はちょっと考え直して欲しいけれど(笑)。

 GS3戦目ということで、既に6試合中2つのエントリーを終了する選手もチラホラ。
 男子シングルではエヴァン・ライサチェク、そしてスコット・スミスが2戦目です。
 スケートアメリカの後1週空けてこの試合に臨むスコット・スミス。
 この選手の演技は、動画ででもまだ見ていないんですが、写真だけは「Gettyimages」のサイトで見ました。これがスケアメのときの1枚。

スコット・スミス(スケアメ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか楽しそう。舞ってる・・・。

... 続きを読む!? >>

西から東へ

2006年11月07日 02:55

 カナダ西海岸の街ビクトリアで開催されたGS第2戦スケートカナダが閉幕しました。
 第1戦のアメリカ大会では、織田選手、安藤選手が頑張りアベック優勝となりましたが、カナダ大会では高橋選手、村主選手が2位と、残念ながらタイトルには一歩届きませんでした。

 しかし、圧倒的なスケーティングスキルで1位を奪取した高橋選手のSP、新境地を開拓しようと「ボレロ」を選曲した村主選手の意欲、また初日の失敗が響きメダルには届かなかったもののFSではほぼノーミスの演技を披露して会場を沸かせた恩田美栄選手、それぞれがファンの心に強く訴える演技を披露してくれたんじゃないでしょうか。3選手へは「お疲れさま」そして、「次も期待してます」のことばを送りたいです。

 さて、今年のスケートカナダは西海岸で開かれたわけですが、来年は東に移動です。

ケベック・シティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2007年のスケートカナダは、ケベック州の州都ケベック・シティでの開催、とのこと。

... 続きを読む!? >>

エマニュエるランビエル

2006年11月05日 12:38

 SP7位からの大逆転優勝ですか。
 高橋大輔くんの優勝を信じて疑わなかった自分としては悔しい結果。
 終わってみれば「定位置」にいた彼にしても、驚きだったんじゃないでしょうか。
 もしくはびっくりしすぎで、こんな顔してたりしてね。

号泣ステファン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分的には今日の男子FSの展開、コメディーでした。
 悔しかったけれど、でも、かなり笑えた・・・(^^;

... 続きを読む!? >>

Believe

2006年11月04日 09:24

 恩田美栄選手の応援をするようになって何年だろう。
 初めてバナーを作ったのは2001年のグランプリファイナル(カナダ)ですから、5年経っちゃいました。恥ずかしい話、その初バナー、手縫いだったんですよ。”美栄”とだけ書いたもので、「小学生のほうが上手じゃない?」と突っ込まれて当然なイビツな出来上がりでした。

 その翌年は、基となる図案だけを簡単に考えて業者さんに頼みました。
 その次のシーズンには違ったデザインで。
 それが2003-04シーズンだから、このバナーで彼女を応援するのは4年目になりますね。

Yoshie Onda - Believe

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女にとってのGS初戦となるスケートカナダ。
 女子SPは昨日行われて、全体の6番目に滑った彼女は3フリップで転倒するミスが出て11位と、思ってもみないスタートになってしまいました。まだプロトコルが発表になっていませんが、TESで点がおさえられた理由は、ジャンプのダウングレードがあったからか、と思っています。

... 続きを読む!? >>

今週は彼

2006年11月02日 11:16

 先週はが。

 そして今週はこの彼の出番です。

高橋大輔(トリノ五輪SP)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スケートカナダ 男子SP
 11月3日(金)午後3時10分スタート
 (※日本時間翌4日午前8時10分)



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。