スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンオープン2006-キラ・コルピ参戦

2006年03月31日 22:13

 既にエマさんトコの掲示板で反応したネタなのですが…。
 5月にプロアマ試合が行われるんですね。埼玉で。
 「ジャパンオープン2006」-ピアのサイトで詳しく紹介されてるみたい。

 こっちをどうぞ>>

 出場メンバーをみて、ちょっと、どころかかなり吃驚。
 欧州チームのメンバーとして、フィンランドの新鋭キラ・コルピが招待されたのね。

キラ・コルピ(フィンランド) 去年まではジュニアのGSをまわっていて浅田真央ちゃんらと世界ジュニアで競っていた選手ですが、シニアの選手権には昨シーズンからエントリー。去年トリノで行われた欧州選手権に、自国の先輩スザンナ・ポイキヨと一緒にエントリーしていた子です。今季は完全にシニアにあがり、リヨンでの欧州選手権では先輩ポイキヨの上にいく6位。フィンランド国内の代表争いを勝ち抜き五輪にも出場した今後が期待される17歳(だったっけ?)です。

 初のシニアの世界選手権となった今月中旬のカルガリーでも、落ち着いた演技を見せて見事トップ10に食い込む活躍。世界的にも一気に名が知れ渡ったのではないでしょうか。

 で、招待試合へも参戦だものねぇ。
 普通こういった試合にオファーがかかるのには、かなりの時間を要するものだと思うわけです。実績がなきゃ話にならないし、ぽっと出の新人なら尚更招待されるのは難しいモンなんじゃないか、ってね。それがいきなりの指名だものねぇ。

 世界選手権でトップ10というのは確かに「売り」だとは思います。
 けど、邪悪な自分は、「彼女が招待されたのには他の理由があるんじゃないか」と思ったり。
 言うまでもないと思うけど、やっぱ、これじゃない?

... 続きを読む!? >>
スポンサーサイト

The season is over-世界フィギュア終了

2006年03月27日 02:13

 一気に襲ってきました。バーンアウト。
「五輪シーズンだから」とシーズンイン当初から予想はしてたけど、思ってた以上に破壊力が大きいみたいです。とにかく今、鬱。何もする気が起こらないのだけど、大本命選手が気力を振り絞って頑張った後に何も書かずにいるのも…という思いで、PCに向かってます。

 世界フィギュア、全日程が終わりました。
 エキシビションは……どうでもいいわ(爆)。

 恩田のよっちゃん、お疲れさま。
 今、自分もノックアウト寸前でさ。適当なことばが浮かんでこないもので、「お疲れさま」としか言えません。人間疲れるとどうしてくだらないギャグを発するもんなんでしょうね。今朝起床後友人にメールしてたとき、挨拶代わりに「お疲れさま」を書こうとして、ふと、こんなフレーズが浮かびました。

... 続きを読む!? >>

世界号泣フィギュア-まだ女子FSが残ってるけど

2006年03月25日 23:57

 なんだか、トリノのときより感情移入しちゃうのよ。
 ペアではペトロワ&ティホノフの「四季」でまず一滴。

 今季新しく用意した「フェリーニ」のFSがどうもイマイチで、SPで盛り上げてもFSで落ちるっていうパターンが続いてたでしょ。なので最後の世界選手権では

「ビバルディの「Four Seasons(四季)」に戻したほうがいいんじゃなーい?」

 なんて友達と話してたのね。で、もしホントにこれを滑ったら

「”四季”を4シーズン滑った!」

 ってことになるし。
 なので、「四季」にプログラム変更するって話を聞いたときには、まず笑い。
 そしてその後、「それだけ思い入れのある曲なのか」と胸がキュンとなってさ。
 優勝には届かなかったけど、今まで見てきた彼らの演技の中で、一番とも言える説得力だったと思ったよ。じーんとしました。

 男子は、そうだな、泣きまではしなかったけど、エヴァンにやられちゃって。
 ブライアンの意地にはグッとこみ上げるものがあったし。
 ステファンの神がかり的なFSにも「やばい!」と思った。

... 続きを読む!? >>

DUB→フランクフルト→カルガリー!

2006年03月19日 04:30

 …っていうのが彼女のルート。
 妹ジャクリーンが本日早朝カルガリーに向け出発しました。
 出発前日(3月17日)は聖パトリックの日でこちらは祝日でした。
 本当は街にパレードを見学に…の予定でいたんだけど、あいにくの雨・風。
 外出するのをやめたおかげで、ジャクリーンに渡す取材資料の用意も余裕で間に合いました。
 彼女は今朝6時45分の便でまずフランクフルトへ。
 そしてフランクフルトからカルガリーへの出発は午後2時。
 かなりの時間を潰さなきゃいけなかったようだけど、カナダ到着前に既にスケートモードに突入しちゃったみたい。彼女の乗る便にロシアペア、オベルタス&スラブノフも同乗だったようです。

... 続きを読む!? >>

「ご飯茶碗一杯の価値」-キャンデロロの発言

2006年03月16日 04:35

荒川選手へのコメントで謝罪=「ご飯一杯の価値」-仏テレビ局

【パリ15日時事】フランス公共テレビは15日までに、トリノ冬季五輪のフィギュアスケートの中継に際し、金メダルを獲得した荒川静香選手の演技に対して「侮辱的なコメントがあった」として平林博駐仏大使に対する謝罪文を郵送した。
 在仏日本大使館によると、仏公共テレビ局フランステレビジョンは2月23日の女子フィギュアの自由演技を中継。この中で、フランスの元スケート選手フィリップ・キャンデロロ氏が、逆転勝利を収めた荒川選手の演技について「茶わんのご飯一杯に値する」と語った。

 キャンデロロの「米」発言と文部科学相の「(スルが)コケてHAPPY」発言。
 どっちがマシか-と問われたら、うーん、どうしましょう(苦笑)。

フィリップ・キャンデロロ 「”ご飯一杯の価値”って、どれくらいなわけ?」

 と僕、まず思いました。
 その前に、この騒動の流れがわからなかった。
 この短い記事を読むだけでもキャンデロロに悪意がなかったのはなんとなく理解出来きました。けれど、どうして「お米」を使わなきゃいけなかったのかがわかりませんでした。読後複数のブログにお邪魔し、在仏の方のエントリーを読ませてもらって、この一連の流れをようやく把握出来た、という感じ。

 僕が思ったのは、「米の価値の差」なんじゃないかな、ということ。
 微笑ましい発言では決してないし、強いて言うなら苦笑い。悪意はないにしても不注意でしたね、キャンデロロ。

... 続きを読む!? >>

コーチだってドメイン

2006年03月14日 10:25

 FSUで展開されてる「マンディー・ヴォーツェルの記事(インタビュー?)」スレッド内で発見したリンク。

 http://www.ingo-steuer.de/

インゴ・シュトイアーHP ドイツペア、サヴチェンコ&ゾルコヴィー組のコーチであるインゴ・シュトイアーのHP。
 かなり立派なサイトです。
 トリノでのオフ写真の数々にはクスクス笑いました。

 で、思ったんだけどさ。

「選手のサイト以上に立派なんじゃなーい?」

 って。アリオナたち、こんなドメインでサイト持ってたっけ?
 「ドットコム」より国名の入ったドメインのほうがはるかに高いのよ(笑)。

 僕も選手の名前でドメインを2つ取得しました。
 けれど、選手と同等にコーチへも尊敬の気持ちを伝えるべきだったのかも。

 「yoshieonda.com」と平行して「machiko-yamada.jp」
 「fredericdambier.com」と同時に「annick-dumont.fr」

 …いくらなんでもやりすぎか。

 ちなみに、「シュトイアー.DE」のトリノの写真館。
 インゴのみつ編み写真に「うわーバカー」と呟きました。

サンクトが呼んでいる-来季のGS日程

2006年03月12日 23:30

 moonさんとこの掲示板で知ったんだけど。
 来季のGS。日程が発表されたみたいですね。
 プルタケさんも記事にされていたのでTBします

  • October 26 – 29, 2006 Skate America (Hartford, CT - USA)
  • November 2 – 5, 2006 Skate Canada (Victoria, BC - Canada)
  • November 9 – 12, 2006 Cup of China (To be announced)
  • November 16 – 19, 2006 Trophee Eric Bompard (Paris - France)
  • November 23 – 26, 2006 Cup of Russia (Moscow - Russia)
  • November 30 – December 3, 2006 NHK Trophy (Nagano - Japan)
  • December 14 – 17, 2006 ISU Grand Prix of Figure Skating Final (St. Petersburg, Russia)

 中国大会の場所はまだ決まってないっぽいけど、毎年北京じゃなかったの?
 アメリカ大会は東海岸。カナダは西海岸、とまあ…。
 いくら同じ北米とはいえ、この2つを連戦する選手は移動大変そう。
 ロシア大会はモスクワに戻り、ファイナルがサンクト…で開催されるとのこと。

 ほほぉぅ。サンクトかー。
 この日程見た瞬間、こう思いました。

「サンクト?行ってあげてもいいよ」

 去年初めてロシアに渡航したわけですが、出発前のビビりようには失笑されました。「恩ちゃんが出るのでしょう?フレデリックも滑るのでしょう?行きたくないわけがないじゃありませんか!」と後押ししてくれる方まで。勇気づけられましたね(笑)。

 サンクトでは計4泊だったのか。木曜日に着いて月曜午後の便で帰国。
 スケジュールの関係で観光出来たのはエルミタージュ美術館と、ホテル前にあるチャイコフスキーのお墓がある寺院のみ。チャイコフスキーの墓の前では、スワンのポーズで写真も撮りました。見学に訪れていたロシアンの小学生グループに笑われてましたね。ちなみに白鳥。お手本にしたのは3シーズン前の章枝ちゃんでした。「白鳥はまわり目を気にしなぁーい!」

 …なもんで、是非リベンジに行きたいわけです。サンクト。
 (もっと)美味しいものも食べたいし、(もっと)楽しい思いをしたい。
 「新鮮な野菜がない」とか「お肉調理しすぎ」とか「塩分キツすぎ」なんて文句を言う前に、満足出来るお店を見つけられる(見つける時間を作れる)よう、次回は頑張りたいということ。
「サンクトで良かったのは、紅茶とウォッカ(だけ)」
 と言っては失礼だ、と自分でも思ってるんですよ。

 で、一度行ったことがある街だと、少しは余裕も出てきます。
 同じ間違いはしないと、学んだことを生かす機会でもありますね。
 ルーブルは持ち帰っても意味ナシ-もアタマに叩き込まれました。

 けど、同じロシアでも、モスクワにチャレンジするにはもうちょっとかかりそう。
 サンクトでフレデリックと話したとき、彼、笑顔でこう言いました。

「サンクトペテルブルグ、いい街だよね。去年(ワールドで)行ったモスクワより人ははるかに親切だし、食べ物も悪くないし…」

 凍りついたよ、自分。
「ここでブゥたれてたら、モスクワじゃどうなっちゃうわけ?」
 と、お化け屋敷で脅かされるより恐怖を感じました。
 一切の笑みを浮かべないホテルのフロントの人って自分、初めてみたもの。

ロシア好きの方、ごめんなさいね。
悪意はありません(ないつもり)。

ブラインド・デート

2006年03月12日 08:08

 …みたいな感じのご対面。
 ネットで知り合った人と初めて会うときのことだけど。
 ちょっと身構えてしまう部分ないですか?

 大手スケートサイトFSUのメンバーでDUB在住の4人が集まろうということで、本日午後3時に「マーケット・バー」で待ち合わせ。昼間からお酒が入り、場所を移して夜8時すぎまで楽しい時間を過ごしてきました。

... 続きを読む!? >>

恩田美栄、世界選手権出場へ-荒川は辞退

2006年03月09日 19:40

a28d9d7f.jpg

 今朝、「中部日本選手権にエントリー」っていう記事をかいつまんで読んだんです。
 いやはや、カルガリー行きのこと。記事になりましたね。
 大手ニュースサイトに流れた後のファン掲示板の整理であたふたです。

 五輪金の後のシズゥ(荒川さんのこと、このブログではこう呼んでます)は過密なスケジュールのようで、気の毒に思っていました。世界選手権に出場するにしても調整する時間も確保出来なさそうな雰囲気でしたね。
「カルガリーで金の舞を再び」
 と荒川選手に期待していたファンもたくさん居るでしょうが、今日代表入りが発表された恩田のよっちゃんには是非、シズゥの分まで頑張ってきて欲しいものです。彼女も調整も大変ですね。あと2週間弱の時間を有効に使って、今回得たチャンスを無駄にせず、最後まで滑りきって欲しいですね。

 というわけで、バナーの準備です。
 「Believe」「One Of A Kind」のバナー、海を越えます(笑)

写真は2005年11月、ロシア杯(サンクトペテルブルグ)の表彰式での1枚

トリノ男子SP写真

2006年03月04日 03:33

 ほんのちょこっとなんだけど写真をUPしてみたぁー♪
 懐かしの-っていっても4・5年前だろうけど-のアイドル「ぷっちもに」のヒット曲「ちょこっとラブ」が只今脳内BGMとなっています。

 というわけで、トリノ。男子シングル。
 SPの写真から整理し始めました。
 正式にギャラリーをオープンするのは先になりそうなので、ブログのほうでまずいくつか紹介したいと思います。

トリノ男子SP-クリストファー・ベレンソントリノ男子SP-ジェフ・バトルトリノ男子SP-イワン・ディネフ

 

 

 

 

 

 

 

トリノ男子SP-ブライアン・ジュベールトリノ男子SP-フレデリック・ダンビエトリノ男子SP-ステファン・ランビエル

 

 

 

 

 

 

 

トリノ男子SP-エヴァン・ライサチェクトリノ男子SP-ジャマール・オスマントリノ男子SP-エフゲニー・プルシェンコ

 

 

 

 

 

 

 

トリノ男子SP-エマニュエル・サンデュトリノ男子SP-高橋大輔トリノ男子SP-ケビン・バンデルペレン

 

 

 

 

 

 

 

トリノ男子SP-ジョニー・ウィアー

上左から:
●クリストファー・ベレンソン(SWE)
●ジェフリー・バトル(CAN)
●イワン・ディネフ(BUL)
●ブライアン・ジュベール(FRA)
●フレデリック・ダンビエ(FRA)
●ステファン・ランビエル(SUI)
●エヴァン・ライサチェク(USA)
●ジャマール・オスマン(SUI)
●エフゲニー・プルシェンコ(RUS)
●エマニュエル・サンデュ(CAN)
●高橋大輔
●ケビン・バンデルペレン(BEL)
●ジョニー・ウィアー(USA)

 です。他にもあるんですが、まだリサイズが終わってなかったりキャプションが入ってなかったりです。あんまり遅くならないうちにまた公開したいと思います。

All Photos by Sean Gillis



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。