スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ただいま」には遅すぎるけれど

2007年02月02日 23:03

 ワルシャワから戻ってきたのが月曜の午前中ですから、随分と間があいてしまいました。ウェブはチェックしていたんですが、正直、「スケートはおなかいっぱい」という感じで、もっぱらスケートとは全く関係ないサイトや、友人のブログ、1週間のニュースのおさらいなどに充てていました。


 そして、帰国した翌日に実家から荷物が届いたことも「プチ・スケート離れ」の原因でして、約一ヶ月遅れの紅白歌合戦、そして大晦日ではなくその前日に行われたらしいレコード大賞のビデオに見入る日が3日ほど続きました。どうでもいいけれど、アンジェラ・アキ。素敵なアーティストですね。情感溢れる歌唱はもちろん、ことばの選び方のセンスに惚れました。機会があれば是非アルバムも聴いてみたいです。


 さて、ワルシャワでの1週間は充実したものでした。現地でお話させていただいた日本から来られたファンの方々、楽しいひとときをありがとうございました。Gさん、どら焼きと柿ピーをありがとう。どら焼きはいただいた夜に全て胃袋に消えました。Aさん、黒ごまクッキー美味しかったです。


 今回は狂信的に応援するスケーターがいたわけではないので、ストレスを感じることはほとんどなく、かなり気楽に観戦することが出来ました。ヨロ選直前にフレデリックと少し話したんですが、彼自身、不思議な感じがしていたそうです。


 「自宅で友達の応援をするなんて2001年以来」
 「僕の代わりにブライアンとアルバンの応援をしてきてよ」


 っていうものでしたが、
 「ポンセロを忘れてないか?」
 と突っ込みを入れたくなっちゃって。
 まぁ・・・色々とあるんでしょうね(苦笑)


Yannick PONSERO

... 続きを読む!? >>
スポンサーサイト

キーラ・コルピの法則

2007年01月29日 04:16

 「キーラ・コルピの法則」ってあると思うんですよね。
 まあ、全然シリアスな法則じゃなくって、ウェブ運営者としての実感みたいなもの。
 何が言いたいのかというと、ですね。


 キーラ・コルピをネタにするとブログのアクセス数が増える


 ってことなんです。わはははは。


 「キーラ・コルピ」ってう人名での検索はもちろん、こんな検索方法で(移行前の)当ブログに辿り着いた方も結構いました。


 キーラ・コルピ 画像」


 ・・・可愛いもんね(笑)


 というわけで、コルピファンの方へプレゼント。
 昨日の女子FSの写真です。


キーラ・コルピ(Kiira Korpi)


 もうひとつの英語ブログのほうでも既に掲載したんですが、こっちでも。
 本当は優勝者のコストナー、2位のマイアーを・・・と思ったんですが、2人の写真(特にサラ)のはよく使うのと比べると、コルピの画像ってそう多くUpしてないよなーという思いで、ね。ついでに表彰式のときのも1枚。


2007年ヨーロッパ選手権女子シングル表彰台


 ユーロスポーツで生放送があったのかなぁ。放送を見たらしい友人から携帯にテクストメッセージが届いたんですが、こう書かれてました。


「女子フィギュアの歴史上、一番美しい表彰台だったわ」


 確かにねー。
 まあ、女の子のルックスに関わることを延々と語っては墓穴を掘ること必至なので、自重します(笑)


 正直、3番のコルピは棚ボタ的なメダルだったのは否定出来ません。
 内容も良くなかったですし、プログラムもランが多いような気がして、4分が長く感じました。今季は国内で4番と破れヨロ選出場もどうなるのかとヤキモキしたファンも多かったでしょう。けれどこの大会でフィンランド勢で1番の結果を出したことで、東京ワールドには派遣されることでしょう。個人的には第3グループの1番目という滑走順で運がなかったアリサ・ドレイの昨日の出来はもっと評価されても良かったんじゃないかな、と思いました。


 1位、2位の2人に関しては既に放送を見た方も多いと思うのでレポ的な記述は避けますが、2人ともよく頑張ったと、順位に関係なく祝福したい気持ちでした。コストナーは去年の惨敗からよくここまで復調してきたものだと感心しましたし、マイアーへは、初めての優勝争いで惜敗したことで、この先に期待するものが個人的にまたひとつ増えたような気がします。


 トーキョーWorldsを意識したコストナーの和風のFSも素晴らしかったですが、自分の昨日のハイライトはイタリア2番手のバレンティナ・マルケイでした。ループ、フリップを抜いたFSでしたが、ルッツを2回、サルコウを2回、ダブルアクセルを2回、そしてトリプルトウループを1回と、予定していたジャンプはほぼ決め、自身最高の出来とも言える演技で本人もガッツポーズを連発。跳びはねてもいましたね。スピードがあり、動きの俊敏さが魅力ではありましたが、スピードに負けてしまう癖もあったでしょうし、何よりひとつ失敗するとボロボロに崩れてしまう傾向もありました。けれどこの試合では、スピードはキープしつつ慎重さも忘れずにという感じで、精神的に安定した状態で試合に臨めたんじゃないでしょうか。前週のユニバーシアードで鈴木明子選手に次いで2位に入りメダルを獲得したことも自信になっているんでしょうね。試合の規模はどうであれ、大会で表彰台に上る上らないは、闘争心を大きく左右するものだと個人的に思います。この先が楽しみになりました。


 スケジュールは全て終わり、自分と相方は明日自宅に戻ります。
 今日はエキシビションが行われましたが、会場へは向かわず、観光に充てました。
 月曜夕方に到着し、火曜のお昼から昨日の夕方まで、ほとんど空く時間を持てませんでした。せっかく1週間ワルシャワに滞在したというのに、どこも見れないのも虚しいしという思いで、この1週間で1番の雪の降る中、まずはショパンミュージアムへ。その後旧市街地で食事をし、ホテル近くまで戻って甥・姪への土産などのショッピング。これからワルシャワ最後の夕食に出掛け、その後は再び飲みに突入でしょうか。明日のホテル出発は朝4時すぎ。酔っ払ったまま搭乗することになりそうです。


 残りの写真や土産話は帰国後にまた。
 この1週間お付き合いいただきまして、ありがとうございました。
 皆さんどうぞ良い1週間を。

欧州新女王、本日午後決定

2007年01月27日 21:29

はー。おもいっきり二日酔いです。
二日酔いで頭ガンガン、胃ムカムカの状態で書き、「さああとは写真を載っけるだけ」という段階でPCが見事にフリーズしてしまいました。というわけで簡単に昨日のリヴューを。


そもそも昨日の日程が(見る側にとっては)殺人的だったんですよね。僕はまだマシなほうで、写真を撮る相方は午後12時15分開始の女子SP第1Gから第8まで全部見た後、30分だけの休憩を挟んでアイスダンスFDに突入したわけで、カメラの充電にはかなりヒヤヒヤしたそうです。FDが終わったのが10時半頃でしたから、約10時間氷を見続けたことになります。それを考えると今日は楽なほう。既に女子FSは始まってますが、僕は途中から見学に向かいます。


さて、昨日の女子SPですが、予想どおりの3人がSPを終えて1、2、3位となりました。


カロリナ・コストナー

... 続きを読む!? >>

初メダルの重み

2007年01月26日 21:31

2007年ヨーロッパ選手権男子シングル


 表彰台の常連ジュベールは別として、2位のトマシュ・ベルナー、そして3位のケビン・バンデルペレンは嬉しいヨロ選初メダル。チェコ男子のメダルは1992年のペトル・バルナ以来でしょうか。そしてベルギー男子が最後にメダルをとったのは1947年なんだそうです。60年ぶりのメダル。隣国オランダがスピードスケート強国ということもあって、ベルギーも冬季五輪にたくさんの選手を送っている先入観があったのですが、去年トリノ五輪の開会式を見て驚いたほど、冬のスポーツはそんなに盛んじゃないみたいです。フィギュアスケートもマイナースポーツであるはずの国、昨晩のニュースは彼のメダルをどう取り上げたのか気になります。


 ベルナーは相当嬉しかったようで、会場からホテルに戻り、バーで祝杯をあげてる最中もずーっとメダルを首から外していませんでした。なんだか去年、トリノ五輪の後のステファンを思い出しますね。あの時も彼、バッグはチームの人に預けても、メダルは肌身離さずといった感じで、ジャンパーの内側に隠し持っていました。昨晩のベルナーはトイレに行く際にも首からメダル。僕が入った後ににベルナーも入ってきたんですが、並んで小用を足しながら僕は彼に「おめでとう」と声をかけ、彼は笑顔で「ありがとう」と返してくれました。今考えてみたらとんでもなくマヌケな光景だと思います。「ありがとう」と返してくれるのはいいけれど、目を離した瞬間に大事なメダルにおしっこかかってしまったら悲しいですね(笑)

... 続きを読む!? >>

本日のメイクのノリ

2007年01月26日 02:34

デロベル&シェンフェルダー


 ・・・も完璧だったような気がします。
 衣装もタンゴらしく、素晴らしく似合っていました。


 ODを終えてブルガリア組には5点の差がついてしまい、ドムニナ組との一騎打ちの展開となってきました。ODは自分、デロベルシェンフェルダー組のシャープさと色艶さは群を抜いていたと思うものの、FDの強さとなるとドムニナ組のほうが(今季は)好きなんですよねぇ。


 デンコワ組はテクニカルで伸び悩みました。
 予定していたレベルがとれなかったとのこと。
「FDでも同じスピンを入れていて、それはレベル4をとれている。今日なぜレベルが1しかとれなかったのがわからない」という話したそうです。世界選のタイトルは獲ってもヨロ選は過去2位が最高。なんとしてでも獲りたいタイトルでしょうが、厳しくなってきました。明日の巻き返しに期待します。


 これから男子SPです。
 普通、第1、第2Gは気楽に見れるもんですが、昨日のロシア勢「やっちゃった」おかげで、第2Gからしっかりチェックしなきゃ・・・ということになりました。昨日ミスの出たジュベール。驚愕のSP首位となったベルナー。日本勢、北米勢はいなくても、見所はたくさんありそうです。

プレゼントはポーランド国歌

2007年01月25日 10:19

 やっぱり地元の試合なのだから、彼らにはメダルを獲って欲しかった。
 それが達成されただけじゃなく、メダルを祝福し、長く頑張ってきた彼らを称えるかのようなファンからのポーランド国歌は、これ以上ないサプライズな贈り物だったかもしれません。


Dorota SIUDEK / Mariusz SIUDEK

... 続きを読む!? >>

トマシュの雄叫び

2007年01月25日 02:50

トマス・ベルナー


 演技終了後のリンクの上で、だけじゃなく、
 「SP1位」がわかった後のキスクラでも飛び跳ねて喜んでいました。
 新しい才能が台頭してくるのを見るのって、こっちも嬉しくなるものです。


 3位のダビドフ、4位のバンデルペレンはともに(一応)ノーミス。
 この順位・点数の差は、スピン、ステップのレベルでした。
 ステップ、スピン、ぜーんぶレベル1位じゃねぇ、ケビン。


 この後ペアSPです。
 微妙に眠いけれど、雪がしんしんと降ってきてるので逃げ場がありません。
 しっかり見ることにします。


 では後ほど!



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。