スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップ・オブ・ロシア-帰国報告

2005年11月29日 22:24

 恩ちゃん掲示板にはパパっと報告したのですが、昨晩(一応)無事に帰国しました。
 (一応)とかっこつきにしたのは理由があり、実はまだ、預けた荷物は到着していません(笑)。

 昨日のフライトスケジュールは:

●サンクト午後4時50分発アムス行き(アムス午後5時半着)
●アムス午後7時発DUB行き(DUB午後7時15分着)

 だったのね。
 あ、「サンクト-2時間-アムス-1時間-DUB」っていう時差があります。
 なんだけど、サンクト発が1時間半近く遅れたのよ。
 つまり、アムスでの乗り換え時間は全く無しに等しい状態となりまして…。
 幸運なことにアムス到着のゲートとDUB出発のゲートがそう離れていなかった(といってもダッシュで1分はかかったんだけど)ので、最後の最後の乗客としてなんとか搭乗出来ました。荷物は間に合わないと念をおされたものの、僕もSEANも今日の仕事を休むわけにはいかなかったので、乗れただけでもラッキーでした。どうぜ預けた荷物は汚れた服・下着ばっかりだったし(笑)

 サンクトの空港の合理性の無さに閉口したり、色々と憤慨することも正直多かったんですが、全て良い思い出になりそうです。恩ちゃん、フレデリック、ステファンには改めて感謝です。「ありがとう&メルシー」

 ステファンと彼のトレーナー、彼の公式サイトのCとは搭乗前にカフェで一緒でした。表彰式で貰った花と花瓶、手荷物としてしっかり持参していました。

「花瓶は僕の母へのプレゼント。こういう(悪)趣味のデザイン、僕のママが大好きだから」

 とのこと。ロシア連盟、ダバーイ!
 ちなみに東京GPF、とても楽しみにしてるとのことです。
 過去2回のJAPANはともに長野。
「スケートばっかりでそんなに思い出がない」
 とのことで、初めてのトーキョーを心待ちにしているようです。

 恩ちゃん、フレデリックについては後々濃く語らせていただくとして他の選手のことを。
 ロシア勢がメインになりますが、非常に心打たれました。
 特にプルシェンコの復活劇。感動しました。
 FSの日の感想として数日前のBLOGにも書いたかと思いますが、ここまで愛されて、その期待に応え続ける彼の姿、超一流ですね。FSのプロトコルをステファンのものと比較するとその構成には疑問も残り、事実「観客のためのFS演技」という感も拭えません。けれど、観客をものにしなければジャッジも点数を出せないだろうとも思うわけで、何を優先させた滑りなのかが伝わってくる演技だったと思います。トリノでの勝負、とても楽しみです。

 ペアはトトミアニナ&マリニンに尽きるでしょう。
 前週のボンパール杯での演技よりはるかにスピード、パワーがあり、若干のミスを気づかせないほどのカリスマがありました。素晴らしいライン、素晴らしい技術、素晴らしい表現力でした。ひとつ注文するとしたら「マキシムの後髪」でしょうか。ハサミ入れたくなります(爆)。

 ダンスは、これまたロシアン。VIVA!DIVAナフカ!
 FDの日の午前中観光に出かけていて、最終Gのみの観戦となりましたが、彼女達のカルメンを生で見れただけでモトはとれると思います。ナフカ&パートナー呼ばわりされるロマンも、存在感が増しましたね。ODの胸元のはだけ具合、ナフカの露出度に負けてなかったと思います。

 チャイトたちのボレロも強くて好きだったし、ドムニナたちのFDも不思議な魅力があって4分があっという間に過ぎてしまっていました。その下のカップルだと、フランス組(ペチャラ&ブルーザー)のODがめちゃくちゃ好きでした。踊れますね。そして美男美女だしね(笑)

 写真も良いものが結構あるので、少しずつこちらで紹介していこうと思います。
 今週はNHK杯ですが、僕とSEANはしばしこの2週間の思い出に浸らせていただきます。

スポンサーサイト

カップ・オブ・ロシア-FS終了!

2005年11月27日 08:51

 疲れた……。

 なんて言ったら恩ちゃんに怒られますね。
 彼女、今朝、4時半起きだったそうです。

 恩ちゃん、頑張りました。
 「緊張した…」と話していましたし、実際今朝の練習に比べると硬さはあったかもしれませんが、「今やれることはしっかりやった」と言えると僕は思いましたし、彼女自身、

「作って間もないなかでここまでやれたことを嬉しく思う」

 とも試合後に話していました。

 美姫ちゃんもすごく良かったです。
 ジャンプの安定感だけではなく、「しっかり仕上げてきた」感が伝わる素晴らしい演技でした。イリナのほぼ完璧な演技の後だっただけに「萎縮しちゃうかな」と心配しましたが、のびのびと彼女らしく、しっかり演じたと思います。NHK杯も頑張って。

 男子です。
 プルシェンコ、強かった。偉かったです。
 ロシアというよりサンクトペテルブルグということは地元中の地元になるんでしょうね。
 地響きのような歓声。愛国心とも違うんでしょうが、彼の存在が国宝なんだな、と感激してしまいました。演技前にコールされたとき、四方八方を眺めました。ものすごい迫力の声援、応援。プレッシャーもあるでしょうが、ここまで愛されるっていうのはやはり幸せなことなんじゃないか、と思います。演技もさすが王者と言わしめる内容のもの。納得です。おめでとう。

 その直後の南里くん。
 大歓声を楽しむ余裕もあるかなと思いましたが、後半元気がなくなってしまったように思います。シニアGSは初めてですね。今後たくさんチャンスもあるでしょうから、次に期待したいと思います。お疲れさま。

 フレデリックは、すごく良かったです。
 ひとつ転倒があったとはいえ、自己ベストに迫る得点だったということは大きな自信になることと思います。それでも本人は、

「いや、トリプル+トリプルが2回入ったのには満足しているけれど、演技にはまだ納得していない」

 と話していました。
 もっと素直になればいいのに、と思ったんだけどね(爆)。

 エリックでかなり自信喪失気味にあったもので、この大会では結果を出して欲しかったんですよ。ところがSPは再び自滅。第1Gで滑る恐怖は本人が一番わかっているはずで、今日も不安はあったと思います。でも、FSでは自分の滑りに集中することが出来たんじゃないでしょうか。来月の国内選、前向きな気持ちで挑んで欲しいなと願っています。

 ダンスODはDIVAナフカ&パートナーの独壇場。
 いやぁ、大好きです、この演技。
 ラテンのダンスって、やっぱり、エロさがなきゃダメだよね。

 ペアも面白かったですよ。
 タチアナ&マキシムの演技には、この日唯一スタオベしてしまうほどでした。
 SBSのソロスピンで若干乱れてしまうなど細かいミスはありましたが、先週のパリとは雲泥の差。素晴らしかった。トリノ、狙ってますねぇ。

 1番滑走だったカナダ組も「強い意志」が感じられる演技でした。
 FSで3種類のトリプルジャンプを入れてくるって、まだ他には居ないような気がします。3トウ、3サルコウ、そして3ルッツ。今日は男女どちらかがダブってしまうミスがありましたが、その攻めの姿勢は見事でした。カナダ国内選、楽しみですね。

 ホテルに戻り先ほどまでバーで飲んでましたが、思わぬ出来事が。
 まあ、かなり笑いのネタになったわけで、帰国後にでもオフねたとして公開したいと思います(笑)

 じゃ、おやすみなさい。

カップ・オブ・ロシア-女子FS公式練習

2005年11月26日 17:13

 朝8時からの公式練習。女子FS第2グループ。
 どの選手も調子は良さそうです。
 スザンナ・ポイキヨは去年と同じFSなんですね。
 中盤が若干替わっていたような気もしますが、大体同じ。
 昨晩のメイクには驚きましたが、今朝はすっぴんに近い状態で安心しました(爆)。

 恩ちゃん。いいプログラムですよ~。
 ファンページ掲示板に書いたことと重複しますが、調子は良さそうです。
 まだ作って間もないプログラムですが、仕上がりは上々じゃないでしょうか。

 イリナ。今朝は抑え気味の練習に終始していました。
 僕はJICでの演技を見ただけですが、このプログラム、華やかさがあって好きです。
 昨晩もものすごい歓声でしたが、今日はそれ以上でしょうね。頑張って欲しいです。

 美姫ちゃん。彼女もコンディションは良さそうです。
 キーとなる3LZ+3LPもしっかり降りていましたし、安定感がありました。
 昨日のSPも素敵でしたが、今日のFSでも魅了してくれることでしょう。

 一休みして、もう少ししたら会場に向かいます。
 SEANは観光に出かけました。僕は1時間ほど仮眠をとります。

 んじゃまた後で。

カップ・オブ・ロシア-男女シングルSP(写真)

2005年11月26日 07:38

 百聞は一見にしかず…かな。
 安藤美姫、恩田美栄、E・プルシェンコ、F・ダンビエの写真です。

安藤美姫恩田美栄

 

 

 

 

 

 

 

 

エフゲニー・プルシェンコフレデリック・ダンビエ

 

 

 

 

 

 

 

 

 安藤美姫ちゃん、素晴らしい「戦メリ」でした。
 ガッツポーズも出てましたね。まじで良かった。

 恩ちゃん、慎重になりすぎてたかも。
 「練習は良かったけれど、直前にクエスチョンマークが浮かんでしまった」
 とは記者会見でのことば。迷いが出てしまったということでしょうか。
 ルッツでステップアウト、2アクセルでも珍しくバランスを崩すなど、彼女本来の大らかさが失われてしまった感じでした。明日に期待。

 プルシェンコは良い出来でしたねぇ。
 ステファン優位かなと思ってましたが、決めるべきときに決めるのはさすが王者。朝の練習では4トウ+3ループ(!)も降りてましたが、本番は4トウ+3トウのコンボでした。

 フレデリックは2ミス。3アクセルで転倒。3ルッツでステップアウト。
 ただ、先週のパリよりは動きは良いです。
 でもねぇ…7番だもんね。第1Gと第2Gじゃ得点も変わってくるので、不運だなと思います。明日はまわりのことを気にせず、自分のやるべきことを披露して欲しい。それだけですね。

 他にも書きたいことはいっぱいあるんですが、このへんで。
 

カップ・オブ・ロシア-無事到着

2005年11月25日 06:32

 「ロシアなんか行きたくない!」
 なんて暴言吐きつつ準備してましたが、着いてみると、
 「へぇぇ。面白い」
 と思うことも多々。初日だからいろいろと新鮮に写るってのもあるんでしょうか。

 空港から市内は途中までは快調でしたが、市中心部にさしかかると渋滞で前に進めない(進まない)状況になってしまい、途中両替休憩を挟んで、着陸からホテル到着まで2時間半もかかる始末。疲れました。

 今回、ロシア人の知り合い、ロシア在住経験のある友のおかげで、無料通訳を傍におけるというのは幸運でした。そして不安な地で、公共交通機関の乗り方など教えて貰えたことで、残り4日間の滞在もスムーズに進む…かな。

 到着後、公式練習帰りのフレデリックと軽く挨拶しました。
 その後オープニングレセプションに行くため急いでいたため、ゆっくり話すのはFSの後になりそう。

 恩ちゃんとは、応援掲示板にも書いたけれど、僕らが夕食から戻ってきたところバッタリ。元気そうでした。明日頑張ってくれることでしょう。

 サンクトとDUBの時差、小さいようで大きいような。
 3時間だもんね。まだDUBは夜9時半だよ。
 今朝は3時半起きで結構バテてしまったので、早めに休むことにします。

 また明日にでもレポ入れます。
 恩ちゃん、フレデリック、美姫ちゃんなどの健闘を願ってお休みなさい。

カップ・オブ・ロシア-行ってきます!

2005年11月24日 07:46

 というわけで、行ってきます。

 ようやくパッキングが終わったところ。
 そんなに詰め込むわけじゃないのに、色々と考えてしまってダメです。
 かなり時間かかっちゃったよ。

 初ロシアということで、かーなりビビってますが、SEANは僕のビビりようを見て笑い転げてます。

 「やっぱりドラマクウィーン」

 だそうで…。
 ちなみにそう言わしめた僕の台詞は

 「もう帰ってこれなくなったら嫌…」

 でした。無事の帰還を願っていてください(苦笑)。
 とりあえず初日用のミネラルウォーターも2本詰めました。
 バナーも忘れずに入れました。

 これで朝、パスポートを忘れて出たら洒落になんないね。気をつけよ。

 んじゃまた。
 キリル文字は機内で覚えることにします。
 まあ、眺めるだけで終わりそうだけどね。



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。