スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ・マイアー インタビュー(2)

2006年04月16日 12:32

So Hot She's On Fire

サラ・マイアー&アネット・ディトルト スイス女子のエース、サラ・マイアーのインタビュー続編です。飛躍の年となった2005/06シーズンを振り返っての感想、バンクーバーに向けてのことなどを話してくれました。
 <<前編はここからどうぞ

写真:友人のアネット・ディトルト(ドイツ)と


-1月のヨーロッパ選手権が行われる前に「目標は5番に入ること」と話していました。目標を立てるのは簡単、けれどそれを実現させのは難しいことだと思います。有言実行の自信はどこから生まれてきたんでしょうか。
サラ:「5番に入る」と宣言した後、本当のところ「誰も私にそんなに期待していない」と気づいていました。去年は10番でしたが、今季は練習も上手くいっていたし、シーズン前半も好調でした。なので、もし私が上手く滑れば、私の上にいく選手はそう多くいないんじゃないか、と思っていました。今季はジャンプも確率よく跳べていたし、すごく久しぶりに充実した練習が出来ていたので、とても自信がありました。この試合のメンバーの中で、私が全く出来ないエレメンツを簡単に決めてしまう選手というのはいなかったと思います。良い点数を貰いたかったし、実際高い評価を貰えました。

... 続きを読む!? >>
スポンサーサイト

サラ・マイアー インタビュー(1)

2006年04月16日 12:07

So Hot She's On Fire

サラ・マイアー(トップ) 今季は欧州選手権4位、トリノ五輪8位、3月の世界選手権では初のトップ10入りとなる6位に入賞したサラ・マイアー。怪我から復帰しスケーターとして華を咲かせ始めた彼女のカルガリーでのインタビューです。長くなったため2回にわけてこのブログで紹介します。

 5月にはジャパンオープン出場のため来日する彼女。どんな演技で魅了してくれるでしょうか。

(Interviewed by Jacqueline Z. @ EOI Global)


-フィギュアスケートの選手、アイスホッケーといわゆる「スケート一家」に育ったようですね。スケーターになるべくして生まれてきた、という感じですね。
サラ:そうかもしれません。父は元アイスホッケーの選手で今はチューリッヒにあるアイスホッケークラブの理事をしています。私の従兄弟、私のコーチのご主人もアイスホッケーの選手です。私は叔母にコーチをしてもらっていて、私の母、妹はシンクロナイズドスケートをしています。母はジャッジでもあるんですよ。けれど私がシニアの競技会に出ているので、ジャッジするのはジュニアの試合に限られています。彼女は私の所属しているクラブ(チューリッヒ)の設立者のひとりでもあります。両親がずっと氷の上にいたので私も気がついたら氷に乗っていたという感じですね。そこでフィギュアスケートをやってみようということになったわけですが、嫌いではなかったみたいです。まず子供用のレッスンを受け初めて、4歳か5歳の頃に週に一度のペースで個人レッスンも受けるようになりました。叔母の指導の下で滑ることが多かったです。

-自分に才能がある、と自覚したのはいつ頃ですか?
サラ:すごく遅かったです。母が撮影したビデオテープを見ていたときでしたが、母は「アナタには全然才能がないわ。何か違うスポーツをしたほうがいいかもしれない」と話していたんですよ。他の子供たちのほうがはるかに上手だったし、たくさん練習しようとも思っていませんでした。もし私が一生懸命練習する子供だったら母は喜んだかもしれませんが、私はそんなに練習したくなかったんです。けれど、11歳のときにスイス国内のノービス選手権で2番になって、そこで初めて「私には才能があるんじゃないか」と思いました。特にジャンプに関してはそう確信しましたね。ジャンプを習得するのがとても早かったんですよ。

... 続きを読む!? >>

インタビュー with フレデリック in Lyon

2006年02月02日 01:09

(EOI用/FDヨロ選FS) EOI GlobalのほうにリヨンでとったフレデリックのインタビューをUPしました。

インタビューを読む

 英語での記事ですが、さほど難しくはないと思います。
 希望があれば簡単に和訳しますので、このエントリーのコメント欄へその旨をお伝えください。

渡辺心・木戸章之組 インタビュー

2005年12月23日 02:11

渡辺心&木戸章之 コーイチさんのご協力により、ボンパール杯(フランス大会)終了後に渡辺心さん、木戸章之さんにインタビューさせていただくことが出来ました。EOIグローバルのほうに英語で…ということでお願いしたんですが、日本語でお話を伺ったわけで、「どうせなら日本語でも掲載しましょう」ということに。近々コーイチさんが運営される渡辺・木戸組の公式サイトにも演技中の写真入りで掲載していただく予定ですが、文字起しが終わったのが一昨日。作業遅すぎです、自分。

 コーイチさんは既に全日本に向かわれていることと思うので、まずはこのブログで、テキストだけでも紹介出来たら、と思います。インタビューは下の「>>続きを読む」をクリックしてください。

... 続きを読む!? >>


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。