スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界Jr.-高橋成美&M・トラン組に期待

2008年02月26日 02:29

 明日26日(火)にブルガリアの首都ソフィアで世界ジュニア選手権が開幕します。
 注目は多分でやはり(!?)女子シングルのアメリカ勢。長洲未来、レイチェル・フラット、キャッライン・ザンの3人娘に日本の西野選手、水津選手、ジェニー・バハマーを筆頭とするフィンランド勢、エストニアの2選手らがどこまで迫れるかが見所になるでしょう。長洲未来選手の今季のFS、可愛らしくてすごく好きです。動きもいいし大技もあるし、そして何より「全米(シニア!!)チャンピオン」という肩書きから、今回の試合には優勝候補筆頭として臨むわけですが、彼女らしい軽快な演技で魅了して欲しいなと思います。

 女子シングルと同じくらいに注目しているのはペア。
 久しぶりに日本のペアが国際舞台に羽ばたきます。

 高橋成美(なるみ)&メルビントラン組。

 渋谷教育学園幕張高校に籍を置く高橋選手は、現在カナダのモントリオールを拠点にトレーニングに励んでいるようです。ウィキの情報によると、5歳でスケートを始め、父親の転勤のため渡った中国でペアに挑戦。日本に帰国後、山田孔明選手と組んだペアで全日本ジュニアに優勝。今季(2007-08)はカナダ人のメルビントラン(Mervin Tran)選手とチームを結成し、ジュニアグランプリにも参戦。11月の全日本ジュニア(仙台)でも優勝しました。

 明日の開幕より一足先に某所にアップされた動画で彼女たちの演技を見ることが出来たんですが、ビックリしましたねー。結成して間もないペアとは思えませんでした。まだ3回転のツイストや、3回転のスロージャンプといった大技はありませんが、確実に出来る要素をこなしていく姿勢、ストレイトラインステップなどで見られた足元の確かさ、リズム感など、感心しました。そしてなにより「演技として楽しめる」というのが一番の魅力です。

 井上怜奈さん、川口悠子さんがそれぞれアメリカ、ロシア代表として活躍しています。昨シーズン終了後に引退されましたが、若松詩子さんもカナダ代表として世界選など大きな舞台で素敵な演技を見せてくれました。高橋成美選手も偉大な先輩たちに続いて、世界に通用する選手に育ってもらいたいです。

 SPの滑走順、なかなかいいんじゃないですか?
 明日頑張って欲しいです(^^)v

◇追記
 昨季今季と2シーズン続けて高橋選手が出場した全日本ジュニアを観戦されたエマさんが、世界ジュニアでの高橋&トラン組の健闘を願うエントリーをアップされました。
 トラックバックさせていただきますね(^_-)
スポンサーサイト

川口悠子、公式ブログを開設

2008年01月03日 23:51

 ロシア代表ペア、川口悠子&A・スミルノフ組が日本語のブログを開設しました。
 白クマとウォッカの国のYuko & Sasha >>


 先月末に正式にオープンし、川口選手ご自身のことばを、ペテルブルグ在住の方が代わってオンライン上にUpしていくようす。「公認」とありますが、川口選手が情報の大半を発信していくスタイルをとられるようなので、事実上の公式ブログなのだと思います。練習風景、街の風景など、川口選手が撮影する写真も楽しめる、あたたかなブログです。掲示板も設置されているので、川口選手、スミルノフ選手への応援メッセージもたくさん寄せられそうです。


Yuko Kawaguchi & Alexander Smirnov


 今週末にはロシア選手権に挑む川口&スミルノフ組。
 スケカナ、ロシア杯、GPファイナルと順調に試合をこなしてきて、この大会では優勝を狙います。この後のヨーロッパ選手権、世界選手権に繋がる充実した演技を見せて欲しいですね。

Craig Buntin

2007年05月27日 23:24

 2003-04シーズンからカナダ国内選を3連覇し、世界選手権には4回、トリノ五輪にも出場したバレリー・バルクー&クレイグ・ブンティン組の解散が発表されたのは先月下旬のこと。

Plutakeさんの記事にTBしました。

Craig Buntin


 女性の競技生活引退が理由の解散ですが、男性のブンティンは2010年のバンクーバーまで選手生活を続ける意向で、チーム解散後は新しいパートナー探しでテストを繰り返していたようです。


 マルクー&ブンティン組を自分が初めてみたのは2004年、ドルトムントで開かれた世界選手権でした。「・・らしい」とは安易に使いたくない表現だけど、「なんとなくカナダらしい」と思える、スポーティーさが印象的でした。スロージャンプが得意なようで、演技を大技で締めくくるなどスリリングさも魅力でした。東京世界選で披露したFSも好きでしたが、自分がこのカップルの演技で一番好きだったのは、2004-05シーズンに滑ったロシア民謡でのFS。力強いリフト、軽快なステップ、そしてスロージャンプ。2人の見た目のバランスも絶妙だったと思うし、もっと評価されてもいいんじゃないか、と思っていたカップルでした。

 女性マルクーは2002年まではブルーノ・マルコッテと組んで、長野で行なわれた世界選手権に出場し12位という成績を残しています。マルコッテは、エマニュエル・サンデュがトレーニングするリンクでコーチをしているようで、サンデュが出場する試合にも同行することが多いようです。マルクーはその後ブンティンと組んでグランプリシリーズの表彰台、ファイナル進出、そして世界選でもトップ5に入るまでのペアに成長しました。世界選のメダルには届かなかったものの、確実に記憶に残るペアだったと思います。


 5月も下旬。新しいパートナーもほぼ決定したとの報が入ってきました(FSUのほうにスレッドが出来ています)。クレイグ・ブンティンの新しいパートナーとされるのは、女子シングルで国際大会にも出場し、2006-07年シーズンは国内で6位に入賞したMegan Duhamelとのこと。シングルからペアに転向、ということのようですね。

 バンクーバーで生まれたクレイグ・ブンティン
 今はモントリオールを拠点にしていますが、生まれ故郷で行なわれる五輪は何が何でも出たいところでしょうね。カナダ国内には今季初の国内優勝となったデュベ&デビソンなど、いいペアが育ってきていますが、ベテランの域に入ってきたブンティンと彼の新しいパートナーの今後に期待したいものです。

趣味はGF!

2006年12月30日 22:02

 全日本の余韻にイイカンジで浸っている週末。
 試合の模様、ファンの方の感想を読むべく、のほほんとネットサーフ。
 しかし、気がついたら、全日本関連以外のページに辿りつく・・・
 というように、自分の興味には一貫性はありません。

 で、何となくISUの選手バイオのページを見てたわけです。
 シーズン中って、YouTubeで見れなかった演技を探したり、
 試合後のインタビュー、コメントを検索して読んだり、
 と、なかなか落ち着いて選手本人についてチェックする機会が減るもの。
 まあ、自分だけかもしれませんけどね。

アリオナ・サブチェンコ&ロビン・ゾルコヴィー 最近のペアのお気に入りであるドイツのサブチェンコ&ゾルコヴィー。
 最近エントリーした記事「私の2006年」の中で、
 「一番わくわくドキドキしたことは?」や「今年恋しましたか?」
 の設問があり、自分、恥ずかしくもなく、こう答えました。

 「ロビン・ゾルコヴィーのプリ△△(と演技)」
 「しました。しました。ロビンに一目惚れ」

 彼らが国際舞台に登場したのは2004-05シーズン。
 トリノで行われた欧州選に初出場し、衝撃を受け、
 念願叶って昨シーズン、リヨンの欧州選で生で見ることが出来ました。

 アリオナのフェイクタンにも萌えたけれど、
 やっぱ、ロビンでしょ。友人との会話中、彼の愛称は既に

 ロビンちゃん

 ・・・となってしまってます。
 ヲタ気質って、意図的に変えようと思っても無理みたい。

 で、アリオナ&ロビンのバイオ。
 http://www.isufs.org/bios/isufs00007498.htm

 コーチがインゴ・シュトイアーだったり、
 ケムニッツでトレーニングをしてたり、
 と、今までとそう変わったところもない情報の中、
 この記述を見つけて、吹き出しました。

Hobbies: motorcycle, sports, his girlfriend

 「趣味:ガールフレンド(恋人)」

 恋人は、あくまでも趣味なのか?
 その前に、ガールフレンドが趣味ってどういうことやねん。
 ガールフレンドと食事する-まあね。
 ガールフレンドと映画にでかける-そういうのもありね。
 ガールフレンドとサイクリング-まあ、健康的。

 けど、「趣味=ガールフレンド」とだけ記載されてたら、
 ああいう風にもこういう風にも解釈されるでしょ。
 てか、そこまで推測する自分は、かなりの”逝ってよし”なのでしょうか。
 これで、アリオナの趣味が「ボーイフレンド」だったら、
 このチーム自体、「どっかヘン・・・」ってことになるんでしょうが、
 さすがは、爽やかで清純派な彼女。
 無難に「読書と音楽鑑賞」と回答していました。
 まさか「日焼サロン通い」なんて書けないもんね。

 趣味はガールフレンド、か。一瞬ため息。
 彼をちゃんづけで呼んでる自分も
 「趣味:ロビンちゃん」
 と言いたいとこですが、相方に失笑されるし。

 てか、ブログに書いてたら意味ナシですね。
 年末ってことで許してください。

川口悠子

2006年11月28日 21:39

川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週モスクワで行われたGS第5戦、ロシア杯。
 ペアで見事3位に入賞した川口悠子さん。
 そしてお相手のアレクサンダー・スミルノフ。
 競技翌日、エキシビションが始まる前に行われた表彰式での1枚です。
 ふたりとも、さわやかな笑顔をしていますね。

... 続きを読む!? >>

プロトポポppvv?!

2006年08月11日 22:23

プロトポポフ夫妻 Poは何回か?!

 不確かだったので、2回で止めてググってみました。
 Poは2コであってたみたい。

 プロトポポフ夫妻

 フィギュアペアのリュドミラ&オレグのプロトポポフ夫妻
 1964年のインスブルッグ、68年のグルノーブルの五輪を連覇した旧ソ連の二人。女性の旧姓はベロウソワ。結婚してプロトポポフ姓になったとのこと。

... 続きを読む!? >>

「ジョン・ジマーマン」で検索Hitの理由

2006年08月03日 23:59

ジョン・ジマーマン(ラコステ) ここ1週間から10日ほどかなぁ。
「ジョン・ジマーマン + シルビア・フォンタナ」
 
のキーワードで検索して当ブログに辿りつく方が多かったんです。
「ジョン、ハンサムだもんね。僕だって萌えてたし」
 と「ジョン・ファン」の急増ぶりは深追いしなかったわけです。

 が。

 たった今、その謎が解けました。
 BBのCrossさん、ありがとう!(^^ゞ

... 続きを読む!? >>


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。