FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田選手-5ヵ月間の国際試合出場停止

2007年08月03日 01:06

 どういった処分が下されるのか、ずっと気になっていました。
「ひょっとしたら、今季は絶望的か?」
 厳罰としてはそういう処分も有り得ると思っていましたが、
「グランプリシリーズと、今季前半の国内試合の出場停止が妥当か」
 と、相方と予測していました。
 この処分に対し「良かった」とか「ほっとした」という表現は使うべきではないのでしょうが、日本選手の活躍を願う一スケートファンとしては、利己的な思いもありました。「枠」のことですけどね。


 織田選手の今回の事件は、日本のスケートファン、スポーツファンの間にとどまらず、世界中のスケートファンの間でも論議されてきました。大手スケートボード「FSU」の織田選手の事件・処分に関するスレッドの閲覧数、コメント数からも関心の高さが伺えます。


* Nobunari Oda - apprehended for DUI
http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?t=51617 
* Nobunari Oda - suspended from competitions for 5 months
http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?t=51751


 「処分が厳しすぎる」という声が予想以上に多いことに驚きました。異なった法律・文化・社会秩序を持つ人たちが集うボードなだけに、その国を基準に考えると「たかが飲酒(酒気帯び)運転」ととらえられることもあるんでしょうね。猛省している織田選手を追い込むつもりはないんですが、事件の重大性に関してのみ自分の意見を語るなら、「安全運転を心がけている中での事故より性質は悪いのでは・・・」と思っています。


 そして、独特な社会風土があること。
 これも「厳しすぎる」と処分の決定に非難の声があがっている理由のひとつだと思いました。
 個人としての責任は当然とらなければいけない。それに加えて、その個人が所属する団体の責任という点で、日本と他の国のその”程度”には大きな違いがあるのではないでしょうか。チームスポーツの一選手が何か問題を起こしたときに、当該選手の処分に留まらずチーム全体が出場を辞退したり活動を自粛することは珍しくないような気がします。


 優秀な成績を残しメディアへの露出も増えれば、賞賛の声と同時に批判の声も聞かれるようになるでしょう。自分に全く非がないところでの批判の声には確固たる姿勢を貫けばいいだけだけれど、法を破るという決定的なミスを犯してしまっては、一個人としてだけではなく、有名人としての責任を問われて然るべきでしょう。スポーツの世界で活躍する人間であれば尚更、選手を志す少年少女たちへのお手本となることも期待されます。4回転ジャンプを跳んで欲しい。世界選でメダルを獲って欲しい。それに加えて(あるいは、スケーターとしての成績よりも)子供たちのロールモデルに・・・という要求しては酷か、と思わないわけではありません。けれど、これは避けては通れないもの。そして、もっと厳しい言い方をすれば、これは「一流選手で居続けるための最低条件」だ、とも思います。「5ヶ月間の国際試合の出場停止」を含む織田選手への連盟からの決して甘くはない処分は、スケート競技・選手の母体への評価に関わるもの、と言えるのではないでしょうか。


 全日本選手権への道が閉ざされなかったことは、語弊があるかもしれませんが、織田選手本人にとってはもちろん、彼を応援するファンの人たちにも「救い」だったことと思います。厳粛に受け止め、練習と学業に打ち込んで欲しいです。全日本での滑り、待ってますよ。


※参考記事とTB先へのリンクは以下↓

... 続きを読む!? >>
スポンサーサイト

出ちゃった!-2007~08グランプリシリーズ、アサイン(前編)

2007年06月09日 08:33

 なんか、去年はもっと遅かったような気がするんだけど。
 でも、大体毎年この時期だったかもしれませんね。


 ということで、スケートのグランプリシリーズです。
 全6戦ある試合のアサイン(エントリー)が本日金曜に発表となりました。


 >> ISUのサイトに各カテゴリーの出場選手がPDFファイルでUpされてます。


 各カテゴリーの振り分けの感想をザザザっと。


■男子シングル
 個人的に一番気懸かりだったのは、高橋大輔選手と織田信成選手の振り分けられ方。高橋選手は世界選2位ということで、世界選1-3位のメンバーとはシリーズ中に顔をあわせないことが決まっていましたが、高橋選手と織田選手による「日本勢1、2同士の対戦」が回避されることをずっと願っていました。前回の記事で書いたように、2007-08シーズンのグランプリファイナルはイタリアのトリノで開催されます。シリーズ上位6位までしか出られない名誉ある試合で、日本選手がひとりでも多く滑ってくれたら嬉しいですからね。

... 続きを読む!? >>

【世界フィギュア】男子FS-今日もPBPに挑戦

2007年03月22日 17:09

 男子FS第1グループから放送が始まりました。
 普段の放送事情には必ずしも満足しているわけじゃありませんが、ワールド期間中の放送時間には大満足です。


http://www.isufs.org/results/wc2007/SEG002.HTM


 第2グループが始まる前に簡単に最初のグループについて。
 ・・・ロシアの来年の枠、どうなっちゃうんでしょう(苦笑)。
 どちらかが12位以内に入らなければ来年は1枠。
 次のグループで大体どうなるかわかります。


 さて。第2グループの選手が登場します。
 Hopp Jamal!! そして織田くん、頑張って


 以後可能な限り、PBPのスタイルで更新していきます。


--------------------------


■第2グループ
7 Jialiang WU     CHN 13 67.70
アクセルで苦戦しました。最初の2つの3アクセルで転倒。
その後4つ目のジャンプ(アクセル)もシングルになり転倒、
とアクセルだけでディダクション3と可哀想な出来でした。
スケート(ブレード)に何か問題があったんでしょうか。
ルッツ(2回)、フリップ、ループ、サルコウは意地で降りました。
T:54.48 C:50.92=102.40 (減点3) 総合170.10


8 Kristoffer BERNTSSON     SWE 15 66.09
ジャンプはほぼ完璧。盛り上がりました。
「サタデイナイト・フィーバー」などを使ったディスコメドレーですが、
正直、曲がBGMになっていたのは否めません。
足元でも曲を表現して欲しかった、と思います。
3アクセル+3トウ、3ルッツ+2トウ、3アクセル、
3ループ、3フリップ+2トウ+2ループ、3フリップ、
3サルコウ、2サルコウ。会場スタンディングオベイション。
来年は地元でのワールドですね。期待されます。
T:75.36 C:64.84=140.20 PB 総合206.29


9 Stefan LINDEMANN     GER 16 65.40
ヨロ選よりも調子をあげて頑張りました。
曲も「Yamato」と東京世界選を意識した選曲だったんでしょうか。
シーズンお疲れさま。
3フリップ、3アクセル、3アクセル+2トウ、3ルッツ、3ループ
3サルコウ、など
T:68.62 C:64.76=133.38 総合198.78


10 Karel ZELENKA     ITA 17 63.81
「アレクサンダー」より
ヨロ選から衣装を赤ベースのものに変えてきましたね。
動きも大きく、堅実にまとめましたが、ジャンプで細かいミスが目立ちました。
2アクセル、3フリップ+3トウ、2ルッツ(SO)、3サルコウ+2トウ+2ループ
3ループ、3ルッツ、3フリップ、2アクセル
T:57.43 C:58.86=116.29 総合180.10


11 Jamal OTHMAN     SUI 18 63.71
今日は動きが重かったですねぇ。
序盤の2つのジャンプで両足になったことで、
その後勢いが失われてしまったように思います。
けれど諦めずに終盤の3ルッツ、
そしてヨロ選で転倒した3サルコウからのコンボをしっかり決め、頑張りました。
ワールドでFSに進出するのは初めて。自信になった試合だったでしょう。
3ルッツ+3トウ(両足)、2アクセル、3フリップ(両足)、
3ループ(SO)、3フリップ(転倒)、3サルコウ+2トウ+2トウ、2アクセル
T:56.42 C:59.26=114.68 総合178.39


12 織田信成  JPN 14 67.17
よく追い上げました。
新しいプログラムを滑りこなすには大変な努力をしたことでしょう。
3アクセルからのトリプル3連続はお見事でした。
このグループでの滑走だったからか、コンポーネントは今季彼が得てきた評価からはかなり低いものだったと思いますが、演技としてはトップ選手の実力を十分に見せてくれたと思います。お疲れさま。
3アクセル+3トウ+3ループ、2アクセル、3サルコウ+2トウ、
2アクセル+3トウ、3ルッツ+2トウ、3フリップ、3ルッツ(お手つき)、2アクセル
T:74.63 C:68.14=142.77 総合209.94


 第3グループで滑走予定のセルゲイ・ダビドフが怪我をした、という情報が。
 骨折したとの噂もあるようですが、まだ確認がとれていないようです。


 ・・・じゃなかったみたいですね。
 快調に滑りきりました(笑)


 現在製氷中です。


■第3グループ
13 Sergei DAVYDOV     BLR 8 70.72

「骨折?棄権?」なんて噂が直前にありましたが、
そんなの有り得ない・・・ってくらいの完璧な演技でした。
ヨロ選よりも出来は良かったように思います。
彼、五輪の翌年って好調なんでしょうか。
SLC五輪の翌年も絶好調だったような覚えが・・・。
3アクセル+3トウ、3アクセル、3ルッツ+2トウ、
3フリップ+2トウ+2トウ、3ループ、3サルコウ、
3トウ、2アクセル
T:68.69 C:63.64=132.33 総合203.05


14 Yannick PONSERO     FRA 12 68.76
急遽コンテスティの代わりに呼ばれたためか調整不足気味だったと思います。
ヨロ選では挑戦した4回転を抜いての演技でしたが、序盤の3アクセルの転倒、
ダブルになったルッツでの着氷の乱れなど、集中力を欠いた演技でした。
T:60.95 C:63.92=123.87 総合192.63


15 Emanuel SANDHU     CAN 11 69.42
悪い言い方になるけれど、ジャッジも「もういい加減面倒見切れない」
とでも言ってるようなのがコンポーネントに表れたように思います。
メダリストになれるだけのものを持っていても、それを見せられなかったら、
宝の持ち腐れ。
4トウ(転倒)、3アクセル(転倒)、3ルッツ+3トウ、1アクセル、
3アクセル(ステップアウト)~2トウ、3フリップ+2トウなど
T:56.23 C:64.94=119.17 総合188.59


16 Alban PREAUBERT     FRA 10 70.06
本調子ではなかったものの、前向きな姿勢が伝わりました。
緊張からなのか体調が悪かったのか、いつものスピードとスタミナを感じられなかったのが残念です。
4トウ(ステップアウト)、3アクセル+3トウ+2トウ、3ルッツ、3アクセル(お手つき)、
3フリップ、3フリップ+2トウ、3ループ、3サルコウ
T:68.32 C:65.22=132.54 総合202.60


17 Christopher MABEE     CAN 7 71.33
カナダ勢は今日呪われてます、か?
アクセルが2回とも決まらず、不調。
諦めずに最後まで全力を尽くしたのは好印象でした。
T:59.09 C:65.96=124.05 総合195.38


18 Tomas VERNER     CZE 9 70.45
メダル・・・届いちゃうかも。
最終グループの選手に大きなプレッシャー。
4回転が2回きれいに入りました。
自身最高の出来じゃないでしょうか。最後のフリップが惜しかったけれど。
4トウ+3トウ、4トウ、3ルッツ、3サルコウ、3ルッツ+2トウ+2ループ、
3アクセル、3ループ、3フリップ(転倒)
T:84.30 C:72.50=155.80 総合226.25


 最終グループはじっくり見ます!

【世界フィギュア】男子SP

2007年03月21日 19:16

 30分ほど前に男子SPが終了しました。
 現在FSの抽選などが行われているところでしょうか。


 日本のテレビ放送事情がわからないので、ひょっとしたらネタばれになるかもしれませんが、こちらの時間で朝7時半から放送された男子SP最終2グループを視聴しての感想をパパパっと。


ブライアン・ジュベール(1位/83.64-PB)
強かったですね。
4+3のコンビネーションがしっかり入りました。
最後のジャンプ3フリップで危うく手を付きそうになりましたが、最初のコンビネーションがきれいに入ったことで、逆にプレッシャーになったかに見えました。2位に4点弱に差が出来ました。FSで引き離すか、逃げ切るか。明日の演技にも期待します。


ジェフリー・バトル(2位/79.90-PB)
自分はこの演技、初めて見ました。
個人的には(今日の)上位勢の中では一番好きでした。
3フリップ+3トウも安定してましたし、3アクセルを降りてからは彼本来に伸びやかさで会場を魅了したように思います。演技後の歓声も日本の2人に向けられるものと同じくらいでした。ピアノ曲を滑らせれば、やはりジェフリー・バトル・・・と思わされました。


高橋大輔(3位/74.51)
最初のコンビネーションの第1ジャンプ(フリップ)で体が傾き、第2がかなり詰まったカタチでの着氷。プロトコルがまだ手元にないのではっきりとはわかりませんが、多分ダウングレードされてしまったんじゃないでしょうか。しかし3アクセル、3ルッツは余裕を持って着氷。ステップも軽やかなだけじゃい重厚さを存分にアピール出来ていたように思います。演技後は納得いかない表情でしたが、3位という順位に一安心というようにも見えました。3位を守るだけじゃなく、まだ2位以上へ浮上することも可能な得点差だと思うので、明日のFSでは萎縮せずに攻めていって欲しいなと思います。


ジョニー・ウィアー(4位/74.26)
最後のジャンプ(3フリップ)でステップアウトしましたが、堅実にまとめました。しかし演技の印象はあまり良くなかったように思います。後半若干失速したように見えました。


エヴァン・ライザチェク(5位/73.49)
最初のコンビネーションに4回転を入れてきて、そこで着氷に乱れが出てしまい、コンビネーションにすることが出来ませんでした(→シークエンスで2トウへ繋げる)。しかし、果敢に4回転を組み込んだことを評価したいのと、その後のジャンプを意地で降りたことへ拍手を送りたいと思います。個人的にはクワドの着氷より、3アクセルのときのほうが怖かった・・・(苦笑)。バトルが流れるような動きを見せるなかで、ライサチェクの演技は「男っぽさ」をアピールして、好対照だったと思います。FSでも巻き返しには定評がありますから、明日の滑りにも期待が持てますね。


ステファン・ランビエール(6位/72.70)
3アクセルで転倒し、3アクセルよりは確率が良い4回転トウループで3回転になるミスを出してしまったことで、優勝争いからは一歩後退・・・という感じです。いい意味で「重さ」があったと思う反面、本来もつシャープさ、キレは残念ながら感じられませんでした。明日のFSではフラメンコで逆転を狙います。


 織田選手の14位というスタートは意外でした。最初のアクセルが抜け着氷が乱れてしまったのと、3フリップでもオーバーターンしてしまうミスが出て、テクニカルでは32点台とかなりおさえられました。スピンに関しては今回1番のスピナーだと思います。明日のFS、気負わずにのびのびと滑って欲しいです。


 観客席の様子を見ていて思ったことをひとつ。
 コールされた直後リンク中央へ向かう選手へエールを送り歓声をあげるのは選手の気持ちを高揚させる上で喜ばれる行為だと思います。しかし、歓声がおさまり、「さあ演技が始まる」という静寂の中で声援を送ることは自重するべきだと個人的に思いました。
 今日の織田選手、ファンからの声援に演技前は笑顔を見せ「余裕があるかな」と思いましたが、結果は2ミス。12月、ペテルブルグで行われたグランプリファイナルでもSPでミスを出した織田選手ですが、状況的には今回と類似するものがあったと思います。あの試合でも、声援が静まりつつある中で声をかけられ、今日と同じように笑顔を見せるも、本番では失敗してしまいました。ショーを見に行っているのではなく、これは試合です。お金を払って入場するのはショーも試合も一緒ですが、競技が終わるまでファンサービスを期待するのことは控えるべきじゃないでしょうか。

NHK杯男子-日本表彰台独占

2006年12月04日 04:42

 女子の表彰台独占はある程度予想されていたこと。
 しかし男子の表彰台独占に関しては、
 「まだ難しいんじゃないか」
 と個人的に思っていたのだけれど。

 世界各地で行われる試合の結果をリアルタイムで追うのは、
 時差の関係もあって、必ずしも出来るとは限りません。
 こちらの時間で深夜・早朝に行われるときなんて、
 「起きてようか、一旦寝ようか・・・」
 と迷ったり、翌日のことを考えて結果を追うのは諦めたり。

 NHK杯最終日、男子シングルFS。
 日本時間ではお昼の1時開始。
 こっちの時間では午前4時。
 部屋のあかりを付けたまま横になり、
 念のために午前5時に目覚ましをセット。

 けれど、必要ありませんでした。
 結局ずっと起きてたから。
 ってわけで、今日の起床時間、昼12時ちょっと前です(苦笑)

... 続きを読む!? >>


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。