FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシンキ便り(その1)

2009年01月19日 21:56

川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ

 明日20日(火)開幕。
 まだ到着していない選手が多い女子シングルを除いて、熱のこもった練習が行われています。

 写真は、明日のペアSPに登場する川口悠子アレクサンダースミルノフ組。
 SPとFSのどちらかを選択できる今日の練習は「白鳥」のSPを。濃紺の衣装で。
 川口選手の調子は悪くなさそう。
 スミルノフ選手がソロジャンプで若干乱れていた感もありましたが、練習後半にはきれいなトリプルトウが入っていました。
 フリーで入れる大技、スロー4回転サルコウもきれいに降りていましたし、普通に滑ればサヴチェンコ&ゾルコヴィーといい勝負をするんじゃないか、と思います。

 昨晩深夜2時近くに到着しましたが、機内が暑かったせいか、あまり寒いとは感じなかったんですよね。
 けれどさすがに今朝はブルブルくる感じ。
 久しぶりの冷気に、睡眠不足の頭もかなり覚醒されました。
 今日はこのあとゆっくりして、体力温存に励みます。

 ではまた。
スポンサーサイト

先週末もナショナル

2008年12月29日 09:06

 長野での全日本。
 ロシア・タタールスタン共和国のカザンではロシア国内選。
 いい試合だったみたいですね。

 全日本はまだ一部の選手の演技しか見ていません。
 けれど、女子に関していえば、ハイライトは鈴木明子さんだったような気がします。
 ご本人も演技後、感極まった様子でしたね。
 パソコンのあまり大きくない画面で見ていた自分と相方も、演技後は涙目。
 すごかった、本当に・・・。

 ワールド代表に選ばれなかったのは本当に残念です。
 しかし、9月のドイツ、10月のフィンランドと各地へ遠征し、地道にランキングを上げていったひたむきな姿勢。
 そして、NHK杯、全日本でみせた求心力の凄まじさ。
 素晴らしいスケーターですね。
 今季一番記憶に残る演技をした選手のひとりだと思いました。

 自分が彼女の演技を生で見たのは一度だけ。
 1999年名古屋で開かれたNHK杯のエキシビションに「愛知の期待のジュニア」として特別演技を披露してくれたのを、今でもよく覚えています。

 LAへの切符はもらえなかったけれど、バンクーバーでの4大陸は決まりました。
 これも大きな舞台ですね。しかもプレ五輪的な試合ですから。
 万全の調子で、華やかな舞台でまた情熱的な滑りを見せて欲しいです。
 そして、いつか彼女の演技をライブで見られたら、と心から願っています。

----------

 ロシア国内選での川口悠子&A・スミルノフ組が大会二連覇を達成。
 SP2位から、今季一番ともいえるフリーを滑り、逆転優勝となりました。

 ロシア杯、グランプリファイナルと、ソロジャンプで乱れることが続いていましたが、この試合では随分復調してきているように感じました。特にフリーは、スロー4回転サルコウの着氷がシェイキーだった以外はほぼ完璧な内容だったと思います。リフトも3つともすごく安定感がありましたね。
 体調は万全ではなかったようで、特にスミルノフ選手は大変な状態だったようですが、頑張りました。「さすがディフェンディング・チャンピオン」と言わしめる滑りと態度だったと思います。エキシビションのアンコールではさすがにキツかったのか、ステップでコケてしまっていましたが、いいかたちで年越し出来そうですね。

 ロシア杯の結果を受けて、欧州選の代表メンバーが発表されました。
 川口&スミルノフ組は、2年続けての代表入りです。
 今年も優勝・メダル争いは熾烈になりそうですが、前年以上の結果を、と期待しています。

川口悠子(&アレクサンダー・スミルノフ組)

 ↑2008年1月、欧州選(クロアチア・ザグレブ)での川口選手。
 今度のヘルシンキは、この倍くらいの防寒着が必要かも(笑)。

回った?回ってた?

2008年03月30日 05:05

 ・・・ということ。そしてもうひとつは

 「一人コケても二人コケても、コケはコケ」

 ってことでしょうか。・・・にしても言いにくい(笑)。

 ヒトリコケテモフタリコケテモコケハコケ。
 ・・・コケコケ。・・・ケケケケケ。

 まあ、「転倒」のディダクションは二人の場合「2」ですけどね。
 けれど、その技のGOEは、一人の転倒でも二人の転倒でも「-3」だろうから。

 さて。ひとつ前の記事へ、世界選ペアFSについてのコメントをいただきました。
 ("おばちゃん"さま、ありがとうございます。)

今回のサフチェンコ・ソルコビーの演技って?
本当に皆さんが納得された一位なのでしょうか?
FSは随分グダグダに見えましたが。。。



Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY


 彼女たちに限らないと思います。ついでに言えば、
 「ペアFSがグダグダのうちに終わった」
 ・・・という感もありました(笑)。

 それで前述の「回ってた?」と「コケはコケ」になるわけですが、アリオナ&ロビン組の技術点がそんなに落とされなかったことのひとつは、男性が転倒し女性も着氷で乱れたトリプルサルコウがしっかり3回転でカウントされたこと。そして、トリプルトウループとトリプルトウループのシークエンスが同じように着氷に乱れが生じたものの「3+3(SEQ)」でカウントされた、という「要素の認定」にあったような気がします。

 確かに大きなミスでしたよね。転倒だもの。
 しかも女性も転倒に近い着氷の乱れだったし。
 けれど回ってた。認定された。
 ・・・これが大きかったかな、と。

 アリオナ・サブチェンコロビン・ゾルコヴィー組の強みは質。
 乱れが出たソロジャンプ以外の要素は高いレベルをとっただけじゃなく、GOEでもプラスがずらりと並ぶ評価を得ました。最初のスロー3回転フリップにはプラス3を出しているジャッジも複数いました。高さも飛距離もある素晴らしい実施だった、と思います。

 総合2位のダン・ジャン&ハオ・ジャン組は、2つの大きなスロージャンプ、豪快なツイストリフトで沸かせました。しかしFSだけでは3位。稼ぎどころの技術点でカナダ組に差をつけられた理由は、ソロジャンプにあったかな、と思います。予定されていたダブルアクセルからトリプルトウループのコンビネーションの第1ジャンプを女性がシングルに。そしてこのコンビネーション自体の実施も質が高いとはいえないもので、結果「1アクセル+3トウループ」と要素がダウングレードされた上、GOEでマイナスがつきました。そして、アリオナ&ロビン組と同じくトリプルサルコウも試みましたが、女性が着氷で乱れるミス。アリオナ組ほどの大きな減点にはなりませんでしたが、二人揃って大きく乱れたアリオナ組に大差をつけるまでにはなりませんでした。

 FS2位で総合3位に入ったカナダのデュベ&デビソン組も、クリーンというわけではありませんでした。大きく目立ったわけではありませんが、二つ目のスロージャンプ(3ルッツ)で女性がお手つき。かなり空中で軸が歪んだので、お手つきがあったとはいえ堪えたのは偉かったです。そして全体の流れが素晴らしかったですね。リフトの安定感。フライングキャメルから入ったSBSのコンビネーションスピンのシンクロ。デミアン・ライスの曲を大きく表現できていましたね。この彼女達のフリーですが、自分、エキシビションで披露したオリジナルのボーカル入りバージョンより好きだなぁ・・・。

Jessica DUBE / Bryce DAVISON


 SP3位FS4位で総合4位になった川口悠子アレクサンダー・スミルノフ組。
 彼女達のブログで川口選手ご本人がSPとFSの出来についてお話されています。

 白クマとウォッカの国のYuko&Sasha-反省会その1(SP) >>
 白クマとウォッカの国のYuko&Sasha-反省会その2(FS) >>

 クリーンに滑ることを目標にあげていたと思うんですが、ソロジャンプで乱れが出るなど細かなミスがいくつか見られ、順位をひとつ落とす結果となりました。すごく悔しかったです。正直「獲れてた」と思うので、ね。

Yuko KAWAGUCHI / Alexander SMIRNOV


 けれど、軽くフリーレッグタッチがあったとはいえ、ヨーロッパ選手権に続いてスロー4回転サルコウを着氷したこと、そしてコンポーネントでも高い評価を得たことは自信になったのではないでしょうか。そして「4位」という順位も、逆にもっと上を目指すためのモチベーションに変わるんじゃないか、と期待しています。FSは残念でしたが、彼女たちのSP(ロンドカプリチョーソ)は、自分の中で今大会のハイライトといえる演技でした。本当に素晴らしかったです。

 カナダはデュベ&デビソン組以外の2組も健闘しました。
 特にパートナーチェンジしたばかりのデュハメル&ブンティン組は6位入賞。
 (女性の)ラインの汚さだったり、「どんだけ続くねん」と思わず呟いた彼らのFS(トスカ)の曲の繋ぎ方だったり(SLSSだけで1分以上に感じられました・笑)課題はたくさんあると思いますが、2010年の五輪に向けいいスタートを切れたんじゃないでしょうか。男性のブンティンにとっては地元中の地元での五輪ですから、どうしても代表に選出されたいですよね。

 総合7位に入ったムホルトワ&トランコフ組は、FSで崩れてしまいました。
 最初の3トウ+2トウの予定が第1ジャンプでつまづき、続く3ツイストリフトでタイミングがずれリフトできずにノーカウントになるミス。二つ目のソロジャンプでも乱れ、後半には男性の腕の怪我を理由に演技が中断になるなど、残念な出来でした。川口組の結果とあわせ来季のワールドにはロシアは3組のペアを派遣出来ることとなりました。LAでは今回の悔しさを晴らして欲しいです。

-------------

 消化不良ではあったものの、好きな組の金メダルはやはり嬉しかったです。
 試合後ドイツ人の知人に「国歌、一緒に歌ったの?」と聞くと彼女、こう返答。

 アタシ、歌詞、最初の部分しか知らないのよー。
 でも、アリオナは全部覚えてるはずよー。
 国籍取るのに覚えなきゃいけないはずだからー。


 ひゃー。そんなんでいいのか、ドイツ人。

 私、君が代は歌えますよ。・・・たぶん。

ドライアイにうってつけの演技

2008年03月19日 21:13

 3位ですよ!しかも70点超えですよ!

 しかし当の悠子選手の第一声は「やったー」じゃなくて「疲れたー」で、エスプレッソ2-3杯ご馳走してあげたくなるようなお疲れモードでした。

川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ


 初日の昨日は、やはり世界選というべきなのか、色んなドラマがありました。
 SPでこうだとフリーではどうなっちゃうんでしょうね。

 第1滑走だったサブチェンコ&ゾルコヴィー組は、珍しく女性にミスが出ました。
 ザグレブの欧州選のSPも早い滑走順でしたが、それ以上の規模のワールドでの1番滑走は、相当プレッシャーになっていたんじゃないでしょうか。SBSのトリプルトウループで女性がステップアウト。フライングキャメルからのSBSコンビネーションスピンでも足替えのときに回転がずれ、またステップもいつもの勢いが感じられませんでした。実際彼女たちも「満足していない」ときっぱり話していましたが、「反省」という感じで「落胆」の域まで達していないように見えたので、今晩のFSには期待出来ると思います。

 首位に立ったザン&ザン組は、そつなくこなしたという感じです。
 男性の怪我が心配されましたが、ひとつひとつ丁寧に大きく実施していたと思います。
 ただ、演技の面白さ、緻密さは、サブチェンコ組、川口組のそれとは少し違う位置にいるような気がします。

 川口悠子アレクサンダー・スミルノフ組の「ロンド・カプリチョーソ」
 国際大会でSPをノーミスで滑るのは、今季初めてだったでしょうか。
 ウォームアップでスロー3ループに向かう際、フランスチームと接触しかけヒヤっとしましたが、そこで助走のコースが微妙にズレたのか、本番でもつまった感じの着氷になってしまいました。しかし、SBSの3トウループはどんぴしゃ。アクセルから入ったラッソーリフト、フライングキャメルからの足替えコンビネーションスピンではレベル4(のGOE加点つき)など、技術力の高さを見せ付けました。

 そして嬉しかったのが観客の反応でした。
 ロシア国旗の中に日本の国旗も。
 「ゆうこちゃん、頑張って!」という日本人女性ファンの声も多く聞こえました。
 そして演技後にはスタンディングオベイションするファンもいましたね。
 得点が表示され、70超の数字に、ブワーっと溢れてくるものがありました。
 ずっとリンクを見ていると目が疲れて痛みを感じるくらいにもなるんですが、この謎の液体のおかげで目の重さが一気に解消されました(笑)。スパシーバ、ユーコ&サーシャ!

 朝の練習に比べると若干硬かったかな、とは思います。
 けれど、逆をいえば、本番でこれだけ出来るのだったら、彼女たちのポテンシャルは凄まじいところにある、という印象を植え付けることにもなると思います。朝の練習では質の高い実施を心がけ不安要素を微塵も感じさせない調整ぶりで、試合で実際滑る前のアピールもいい方向に影響したのではないか、と思いました。

川口悠子&アレクサンダー・スミルノフ


 カナダのデュベ&デビソン組も、滑りのよさが際立っていました。
 安定した足元だけではなく、2人ともシングルでも試合に出るためか、ソロジャンプの質の高さも彼女たちの売りですね。今日のフリーにも期待しています。

-------------

 さて、これから女子SPです。
 キム・ユナ、浅田真央の対決。
 そしてメダル・上位争い。熾烈な試合になりそうです。

 じゃ、行ってきまーす。
 昨日今日と、信じられないくらい快晴のヨーテボリ。
 似合わないと自覚しつつ、サングラスは欠かせないHiroでした。

ロシア国内選 川口組初V!男子はS・ボロノフ

2008年01月07日 09:05

 ロシア国内選3日目はダンスFD、ペア・男子FSが行われました。
 ペアはSPで首位に立った川口悠子アレクサンダー・スミルノフ組が初優勝。男子シングルは、SP1位のセルゲイ・ボロノフがFSも高得点で1位となり、こちらも嬉しい初優勝となりました。


Sergei Voronov


セルゲイ・ボロノフ
-2007年11月GS仏大会E・ボンパール杯より


--------------


 ペアFS最終グループの2番目で登場した川口&スミルノフ組は、最初の大技スロー4回転サルコウの着氷で転倒した際に川口選手が腕(肩)を痛めたようで、次のソロジャンプへの助走の最中に演技の中断をレフリーに求めるというアクシデントがありました。これが受け入れられ、約2分の中断後に演技を再開した川口組は、3トウループから3トウループへのジャンプシークエンス、3ツイスト、スロー3ループなどを確実に決め、大きく、そして優雅に4分半の「Love Story」を演じきりました。演技が止まってしまったことで、演技後の観客の反応はSPのときほど爆発的なものにはなりませんでしたが、ハプニングに動じずしっかり滑りきった選手としての強さは見事で、あたたかな拍手が送られました。


 川口&スミルノフ組のブログが更新されましたのでリンクします。
 試合後の川口選手のコメントもアリ。


 白クマとウォッカの国のYuko&Sasha >>


 2位のムホルトワ&トランコフ組は、SBSの3サルコウで男性が転倒、女性が2回転になる大きなミスが出ましたが、その後崩れることなく滑りきったのは立派でした。このFSは昨シーズンから滑ってきただけあって、演技としての完成度は川口組を上回っている、といっても過言ではないでしょう。


 昨シーズンの川口&スミルノフ組は、世界選代表に選ばれたものの国内選は怪我のため欠場。そして組んで2シーズン目の今季はロシアチャンピオンに輝きました。レベルの高いロシア国内を制し、2週間後には初めてのヨーロッパ選手権に挑みます。ロシアチャンピオンとして誇り高く、華やかな演技で魅了してくれることでしょう。

... 続きを読む!? >>

ロシア国内選 川口組首位発進

2008年01月06日 04:23

 金曜日にサンクトペテルブルグで開幕したロシア国内選手権。2日目の今日はペアSPなどが行われ、初優勝を狙う川口悠子アレクサンダー・スミルノフ組は確実に要素をこなし首位に立ちました。


 川口&スミルノフ組の公式ブログにもレポがUpされました。
 白クマとウォッカの国のYuko&Sasha >>


Yuko Kawaguchi & Alexander Smirnov


 写真は2007年12月グランプリファイナルのSPより
 今日の川口選手はエキシビションで着る黄色い衣装で登場しました。


 地元ペテルブルグの大声援を受け第2グループの2番目に登場した川口組は、後半のソロスピンでスミルノフ選手にミスが出た以外は確実に要素を決め、66.30ポイントで首位に立ちました。GSフランス大会で3位に入ったムホルトワ&トランコフ組はSBSトリプルトウループで女性が2回転になるミスで得点はおさえられ(62.26ポイント)、2位からのスタートとなりました。


 ライバルにミスが出たとはいえ、ロシア杯で直接対決したときには離されたプログラムコンポーネントでも川口組は上回り、約4点のリードを持って明日のフリーに臨みます。昨年は川口選手の怪我のため国内選は欠場を余儀なくされましたが、今年はそのリベンジとなるでしょうか。今季取り組んでいるスローの4回転サルコウを決め、またSPとFSの合計でも目標を達成できるよう、是非頑張って欲しいです。

川口悠子、公式ブログを開設

2008年01月03日 23:51

 ロシア代表ペア、川口悠子&A・スミルノフ組が日本語のブログを開設しました。
 白クマとウォッカの国のYuko & Sasha >>


 先月末に正式にオープンし、川口選手ご自身のことばを、ペテルブルグ在住の方が代わってオンライン上にUpしていくようす。「公認」とありますが、川口選手が情報の大半を発信していくスタイルをとられるようなので、事実上の公式ブログなのだと思います。練習風景、街の風景など、川口選手が撮影する写真も楽しめる、あたたかなブログです。掲示板も設置されているので、川口選手、スミルノフ選手への応援メッセージもたくさん寄せられそうです。


Yuko Kawaguchi & Alexander Smirnov


 今週末にはロシア選手権に挑む川口&スミルノフ組。
 スケカナ、ロシア杯、GPファイナルと順調に試合をこなしてきて、この大会では優勝を狙います。この後のヨーロッパ選手権、世界選手権に繋がる充実した演技を見せて欲しいですね。

【世界フィギュア】男子SP&ペアFS-Recap

2007年03月22日 11:37

 そろそろ3日目の競技が始まります。
 今日はまずアイスダンスODが。
 そして夜には男子FSが行われ、2006-07年シーズンのチャンピオンが決まります。


 大会2日目の総括と上位選手の写真は、
 http://eoi-global.com/のほう毎日更新しています。


 昨日のSPで高橋選手は大きなミスなくまとめました。
 テクニカルで若干おさえられた感がありましたが、これは最初の3回転+3回転のコンビネーションのセカンドジャンプがダブルと判定されたようです。このコンビネーションジャンプは2位につけたジェフリー・バトルも実施した技ですが、バトルはこのコンビネーションを確実に着氷し、「3フリップ+3トウループ(基礎点9.50)」の判定を受けた上でGOEでも1点強の加点をとり、このコンビネーションだけで10.54のポイントを得ました。高橋選手もSP最初のエレメンツでこの3回転+3回転を実施しましたが、第1ジャンプでバランスを崩した結果セカンドジャンプは回転不足で着氷してしまい、これが2回転とコールされたそうです。



  • 3フリップ+3トウの基礎点は9.5。

  • 3フリップ+2トウの基礎点は6.8。


 それに着氷がシェイキーだったことでGOEでもマイナス1~2の評価となってしまい、高橋選手のこのコンビネーションでの得点は5.23にとどまり、同じ技を実施したはずのバトルとは5点以上の差がつきました。それがSPの得点に如実に表れました。


 男子シングルSPの結果はこちら


 昨夜のペアFSでも技の判定でちょっと混乱することがありました。
 ロシアの川口悠子アレクサンダー・スミルノフ組のフリーですが、実施したソロジャンプの2つがノーカウントとなり、かなりの点数をロスしました。その結果SP4位から総合9位へ順位を下げ、ロシア代表としては初の世界選はほろ苦いものとなりました。


 川口組のFSの序盤にはSBSの3トウループから3トウループへのシークエンスが予定されていました。しかし第1ジャンプの着氷に乱れが生じ、その後慌ててセカンドジャンプの3トウループを跳ぶも、これがシークエンスとして認定されませんでした。そして2人ともキレイに着氷した2回目の3トウループがノーカウントとなったばかりか、「シークエンスではなく別個のソロジャンプ要素をこの時点で2回実施した」ということで、中盤のSBS2アクセルもノーカウントになるという痛い失点となってしまいました。彼女たちと同じシークエンスを組み込み、同じように第1ジャンプで着氷に乱れたサブチェンコ&ソルコヴィー組は、そのシークエンスは諦め、後半に単独で跳ぶ予定でいた2アクセルから2トウに繋げるシークエンスに変更し、ポイントをキープしました。しかし川口組はまだこれからのペア。「これも将来のための経験のひとつ」と前向きにとらえ、来季また成長した姿を見せてくれると嬉しいものです。ロシア代表デビュー、おめでとう!


 今夜行われる男子FSでは、高橋選手は最終グループの5番目に登場。
 彼のひとり前にSP首位のブライアン・ジュベールが滑走。
 そして最終滑走は高橋選手が追いかけるSP2位のジェフリー・バトル
 地元日本の開催でどうしても「メダルが・・・」の声が高まっていますが、極力気負わず、自信を持って滑りきって欲しいものです。SPでミスが出た織田選手は14位からの挽回をはかります。彼の実力は誰もが認めるところ。気持ちよく試合を終えられるといいですね。頑張って

【世界フィギュア】初日のまとめ

2007年03月21日 07:49

 世界選のプリヴューをUpすることなく、いきなりペアSPのPBPからスタートしたワールド週間。
 ダンスCDの上位は個人的には「こんな順番かな?」と頷きました。
 ディブレイユ&ロウゾンのスムーズさ、そして漂う余裕。
 これは1番で納得でした。個人的には。
 上位5組のメダル争いも興味深いけれど、6-10位の争いも面白そう。
 今のところヨロ選の4-6位組が6-8位を占めてますが、スコアは競ってますね。
 ODやFDは大技も多いし、何が起こるかわかりません。
 金曜日の夜は誰が笑うことになるんでしょうか。


 ペアSPはレベルの高い試合でした。
 トリノ五輪銀メダルのジャン&ジャンは10位と出遅れました。
 「ディダクション2」に首を傾げたんですが、どうやら「リフトがルール違反」と判定されての減点だったそうです。普通に組み込めば基礎点が約4点のリフトがノーカウントとされた上でディダクションされてしまい、上位を狙うには痛い失点となりました。FSでの巻き返しに期待します。


 川口悠子さんのSPも衝撃的でしたね。
 テレビの前で、恥ずかしながらウルウルきてました。
 緊張した面持ちでしたが、目線は最初から強いものだったと思います。
 ロシア代表としては初のワールド。
 そして彼女自身初のワールド最終グループ。
 メダルのプレッシャーもなくはないでしょうが、彼女の復帰をずっと待っていたファンの人たちの前で、軽やかに、爽やかに滑り、それに得点・順位がついてくると「文句なし!」と満足の結果になるのではと思っています。


 英語になりますが、もうひとつのサイトのほうに、目でも楽しめるテキストを書いてますので、もし良かったら覗いてみてください。


 http://eoi-global.com/


 明日はいよいよ、男子SPです。
 高橋選手、織田選手の健闘を願っています。


 川口悠子さんへのエールが綴られたブログ記事を紹介させていただきます。
 「ペテルブルグのフィギュアスケーター」-すぱしーば様

川口悠子、ロシア代表で世界選へ

2007年02月25日 11:23

 フランスなど、まだ最終的に決まっていない国もありますが、3月の世界選の代表発表も大詰め・・・といったところかもしれません。


 まだ最終的に決定していない国のひとつにロシアがありますが、今週末、空白のままだったペア一組の代表入りが決定し、現時点で3枠中2枠が埋まりました。国内選は欠場したもののヨーロッパ選手権で2位に入ったベテラン、ペトロワ&ティホノフ組に続いて世界選出場を決めたのは、昨年11月のカップ・オブ・ロシアで3位に入賞し、センセーショナルな「ロシア代表デビュー」を果たした川口悠子選手とパートナーのアレクサンダー・スミルノフの組。


Kawaguchi/Smirnov


 川口&スマルノフ組は11月のロシア杯で3位に入り、一気に代表の有力候補に名乗り出ただけではなく、国際的に「もっと上」を狙える組として認知されました。しかし、ヨーロッパ選手権の選考会であった国内選手権を控えた練習中、スローイングジャンプの際に足首を負傷し、大事な選考会は欠場を余儀なくされました。


 足首の怪我が癒えるまでにもトレーニングは欠かさずこなしてきたそうで、今週末Tverで行われた「カップ・オブ・ロシア-ファイナル」に出場した川口組は好調な演技を披露しました。そしてロシア連盟会長のピゼーエフは大会(イベント)終了後の記者会見の中で、川口組の代表入りを明言したとのことです。


 世界選手権は2003年のワシントンDC大会以来4年ぶり(?!)ですね。
 しかも今回は、ロシア代表として臨む試合。開催地は地元Japan。


 11月のロシア杯の際、川口選手と少しお話させていただく機会があったんですが、
 「東京で開かれるんだから絶対に出たい。日本に行きたい」
 と熱っぽく話してくれたのを思い出します。
 シーズンの大事な時期に怪我をし、不安や焦りで潰されそうになってもおかしくない状況を乗り越え、掴んだ代表の座。
 ・・・ホント良かった。おめでとう!


 日本代表として初めて世界選に出たのは、2001年のバンクーバー。
 そして、ロシア代表としての初ワールドは、2007年東京。
 2010年、夢の五輪出場を実現させるための最初の一歩が日本で・・・というのは、また特別な意味を持つことでしょうね。昔から応援してきたファンの方々の声援を受け、気持ちよく滑ってくれる姿が見られること、今からとても楽しみです。



※ロシア代表選考について
 ロシアのペア代表3組目は、国内優勝のムホルトワ組の怪我から復調していれば彼らが代表に。もし無理なようであれば、欧州選代表のオベルタス&スラブノフ組が代わりに出場する、とのことです。


 男女シングルはそれぞれ2枠ありますが、男子はルタイ、女子はソコロワが代表入りを決めました。男子の残る1枠はヨロ選で不調だったドブリンとグリャーツェフの間で争われるはずでしたが、グリャーツェフは病気のためこのイベントを欠場。ドブリンは出場したものの出来は良くなかったようで、まだ最終決定に至っていないようです。今週行われる世界ジュニアに出場するボロノフの出来と、グリャーツェフ、ドブリンの練習での調整具合を考慮して決定されるとのこと。女子シングルの残る1つの枠は、ヨロ選代表のイェブレバと今週行われる世界ジュニアに出場するマルティノワの間で決まるようです。




Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。