スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米加中→仏露日(その2)

2007年11月15日 07:11

 「米加中→仏露日(その1)」と書いたからには続きも書くのが当たり前。
 仏大会が始まるまでに余裕を持って・・・と思っていたのに、案の定バタバタ。駆け足で男子シングル、ダンス、ペアについても触れておこうと思います。

... 続きを読む!? >>
スポンサーサイト

久々に"yoshieonda"どっと込んだ。

2007年06月13日 09:41

 自分でも呆れてたんですよ。
 彼女のファンの方々にも匙を投げられて当然でした。


 ずっと更新をお休みしていた「恩田美栄ファンサイト」
 随分と久しぶりに更新しました。


 ・・・更新というより、リニューアルになってしまいました。
 http://www.yoshieonda.com/


http://www.yoshieonda.com 4月の引退発表の後、プリンスアイスワールドの一員としてプロデビューを果たした恩田さんですが、以前から望んでいた「スケートを教えること」への意欲は現役引退後も増すばかりで、先日、インストラクターの登録も済ませたんだそうです。


 プロとして滑りながら指導者としての道を・・・。
 子供好きな彼女には天職かもしれません。


 恩田さんから「生徒募集」についてのメッセージ掲載の話をもらい、「じゃ、サイトも再構築しよう」と思い立ち、「ついでにデザインも一新しようか」とフリーのテンプレートを探し、作ってみました。上の画像はクリックすると大きくなりますよ。


 恩田さんご本人からのメッセージは:
 http://www.yoshieonda.com/oshirase01.html
 に掲載しています。
 名古屋エリアにお住まいの方、どうでしょう?


 こちらのブログに遊びに来てくれる方は、
 「Hiro(このブログの主)=恩田美栄サイトの管理人」
 という認識、たぶんお有りでしょうが、恩田ファンサイトにこられた方の間で
 「恩田サイト管理人は別にブログもやっている」
 ということは知られているのかなぁ・・・なんて思いました。


 プリンスのツアーにも全力投球。
 そしてインストラクターとしての奮闘も始まりました。
 現役時代に培ったことを生かすことが出来る機会を大切にして、頑張っていって欲しいです。

2008年4大陸選手権はソウル開催

2007年06月11日 08:01

 ISUからのプレスリリースです。
 2007-08シーズンの4大陸選手権の開催地が決定しました。



Four Continents Figure Skating Championships
February 4 - 10, 2008, Seoul, Korea



 ・・・だそうですよ!


 ISUのプレスリリース(PDFファイルです) >>


 前回の韓国開催は2005年。
 女子は村主章枝選手と恩田美栄選手の間で優勝が争われ、2選手ともほぼ完璧な演技を披露して会場を沸かせました。その試合のエキシビションには、キム・ヨナが特別出演をしたそうですが、今度の開催は、自国のヒロイン、エースとして登場するのではないでしょうか。楽しみですね。


 また、2010年(五輪シーズン)のヨーロッパ選手権の開催地も発表されました。エストニアの首都タリンで行われることが決まったようです。「きれいな街で、会場施設もよく整っている」との声も聞かれます。


 2008-09シーズンの4大陸選手権の開催地はまだ決定していませんが、カナダ・バンクーバーでの開催になるのでは、という意見が多いようです。トリノ五輪前年のヨーロッパ選手権はトリノで、SLC五輪前年の4大陸はソルトレイクシティで、それぞれ開催されました。長野五輪シーズンは、直前のNHK杯が長野で開催されました。4大陸選手権の歴史が始まったのが長野五輪翌年でしたからね。


※追記
 「プレ五輪はそのシーズンのスケートカナダ」
 という見方も強くあるみたいです。
 こちらのウェブサイトを参照ください。


 それにしても、北欧で大きなイベントが続きますねぇ。
 2008年世界選がスウェーデンのヨーテボリ。
 2009年欧州選はフィンランドのヘルシンキ。
 そして、2010年欧州選はエストニアタリン
 「バルト3国」ではあるものの、一番北欧に近いのがエストニア
 北欧のスケート界が活気づきそうですね。

出ちゃった!-2007~08グランプリシリーズ、アサイン(前編)

2007年06月09日 08:33

 なんか、去年はもっと遅かったような気がするんだけど。
 でも、大体毎年この時期だったかもしれませんね。


 ということで、スケートのグランプリシリーズです。
 全6戦ある試合のアサイン(エントリー)が本日金曜に発表となりました。


 >> ISUのサイトに各カテゴリーの出場選手がPDFファイルでUpされてます。


 各カテゴリーの振り分けの感想をザザザっと。


■男子シングル
 個人的に一番気懸かりだったのは、高橋大輔選手と織田信成選手の振り分けられ方。高橋選手は世界選2位ということで、世界選1-3位のメンバーとはシリーズ中に顔をあわせないことが決まっていましたが、高橋選手と織田選手による「日本勢1、2同士の対戦」が回避されることをずっと願っていました。前回の記事で書いたように、2007-08シーズンのグランプリファイナルはイタリアのトリノで開催されます。シリーズ上位6位までしか出られない名誉ある試合で、日本選手がひとりでも多く滑ってくれたら嬉しいですからね。

... 続きを読む!? >>

2007-08グランプリファイナル開催地は!?

2007年06月08日 08:54

 じゃじゃーん!こちらだそうです。


Italy (AussieBum)


 イッタ~リアトリ~ノで行われることが発表されました!
 >> ソース(仏語の記事。PDFファイルです)


 グランプリシリーズは計6試合。
 アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、そして日本。
 ファイナルはシリーズが行われるこの6つの国の持ち回り開催が通例となっていました。主要5-6大会のシリーズは「チャンピオンシリーズ」として1995-96年シーズンにスタート。第1回目は1996年2月、パリで開催されました。以降の開催地はこんな感じです。

... 続きを読む!? >>

3地域対抗戦-ジャパンオープン

2007年04月29日 23:27

 アメリカ、カナダって、ヨーロッパの国だったのね。
 フランス、スイス、ロシア、フィンランドって北米の国だったのね。



スポーツナビに掲載の記事より >>


■2位 北米チーム 総得点471.11


ブライアン・ジュベール(フランス) 132.76
アレクセイ・ヤグディン(ロシア) 126.43
サラ・マイヤー(スイス) 111.29
キーラ・コルピ(フィンランド) 98.63



■3位 欧州チーム 総得点458.81


ジェフリー・バトル(カナダ) 140.73
トッド・エルドリッジ(米国) 117.52
ジョアニー・ロシェット(カナダ) 107.78
キミー・マイズナー(米国) 92.78



 世界選後、ショー出演などの多忙の中来日した外国選手の皆さん
 安藤さん、浅田さん、織田くん、小塚くん、皆さんお疲れさまでした。


 久々の更新が突っ込み・・・って性格悪いね、自分(-_-;;)

恩ちゃん、現役引退へ

2007年03月31日 23:35

 やっぱり、「遂にこの日が・・・」という気持ちです。  
 明日4月1日名古屋で行われるアイスショー「名古屋フェスティバル」の中で、現役引退を発表すると先日話してくれましたが、今日公に発表されたようです。Yahoo! Japanのトップからも記事へリンクされています。


 恩田美栄


 この数年は苦しいことが多かったように思います。 
 彼女の演技を通じて色々と学ぶことも多々ありました。 
 毎年毎年、感情を揺さぶられる演技を見せてくれた彼女が、競技の世界からいなくなるというのは、やはり寂しいものです。


 しかし、2000年にシニアデビューして以来、ずっと応援してこれたことを嬉しく思います。


 本当は競技を続けたかったんじゃないかな、と思います。 
 引退を決めるにも、様々な葛藤があったんじゃないかな、とも思います。
 スポーツ選手に「引退」は付き物。 今後はプロとしてショーでまわるようですね。  
 今まで本当にありがとう。そして、お疲れさまでした。 
 新たな道での活躍を、心から願います。  


 Plutakeさんのこちらの記事にTBさせていただきました。

【世界フィギュア】世界ジュニア卒業生たちの戦い

2007年03月24日 12:01

19. Carolina KOSTNER ITA 3
20. Emily HUGHES USA 6
21. Yu-Na KIM KOR 1
22. Mao ASADA JPN 5
23. Kimmie MEISSNER USA 4
24. Miki ANDO JPN 2


 数時間後に始まる女子FS、最終グループの滑走順です。
 国名の右隣の数字は、SPを終えての順位。
 この上位6人が優勝を、メダルをかけて争います。


 コストナーから安藤選手までゆっくりと目を落としていくと、「あ・・・そういえば・・・」な事実に気づきました。
 この6選手、みんな世界ジュニアのメダリストなんですね。



  • 2003年-安藤2位、コストナー3位(優勝は日本の太田選手)

  • 2004年-安藤1位、マイズナー2位

  • 2005年-浅田1位、キム2位、ヒューズ3位、マイズナー4位

  • 2006年-キム1位、浅田2位


 昨日の女子SPの浅田選手、本当に残念でした。
 コンビネーションのループが抜けてしまった後、スパイラルでリンクを縦断する彼女の表情が泣き出してしまうかのように見えて、こちらまで悲しくなってしまいました。大本命として臨むこの試合、トップとは優勝するには厳しい点差がついてしまいましたが、悔やんでもやり直しするわけにいかないわけですから、気持ちを切り替えて、今出来ることの全てをフリーで出しきって欲しいものです。


 首位に立ったキム・ヨナの演技は素晴らしかったですね。
 去年も滑ったムーランルージュですが、「大人っぽさ」を出すんじゃなくて、この1年で「大人」の演技に変わってきたように思います。SPは得意のフリップ+トウループを入れ、ルッツを綺麗に降りるなど快調でしたが、フリーには若干課題が残されているように思います。
 初出場で初優勝を狙うのは浅田選手と一緒。
 SPを終えて金に一番近くにいるのは大本命と予想された浅田ではなく自分。
 自分自身にかけるプレッシャーと韓国国民からの期待をどうコントロールするのか、技術力だけではなく、16歳の精神力に注目したいと思います。


 安藤選手のシェラザードも見事でした。
 フリーで4回転に挑むかどうか騒がれていますが、挑戦してもしなくても、気持ちよく4分を滑りきれるといいですね。頑張って


 現在3位のコストナーはフリーでは和風の演技に挑戦します。
 1月のヨーロッパ選手権のフリーもよい出来でしたが、今日はそれ以上の出来、そして2大会ぶりのメダル獲得へエンジンがかかりました。


 上位6人の中で個人的に一番気になるマイズナーです。
 課題のSPをノーミスで乗り切ったことで気持ち的には楽になったんじゃないでしょうか。
 フリーのフラメンコは、上品な色気を感じさせる意欲作だと思います。
 SPを見る限り調子も良さそうですし、今日の出来にも期待がもてますね。


 女子フリーは午後5時半のスタート。
 後半の2つのグループは午後7時半頃でしょうか。
 その時間には起きて、テレビの前で見守りたいと思います。


 2007年世界フィギュア。競技としては最終日。
 会場へ向かわれる方々も、テレビの前で観戦の方々も、幸せな気分でメダリストを祝福出来ると嬉しいですね。

ワタシノナマエワ・・・

2007年03月21日 09:31

 ヤニック・ポンセロ・・・デス。


 ポンセロ本人は、自分がブライアンだと誤解されてると気づかずに、笑顔でこのポーズをとったんでしょうねぇ。


 ポンセロがB・ジュベールに入れ替わっちゃった一枚 >>


 男子SP、選手みんな頑張って!
 GettyImageももっと頑張って!


 

世界Jr.女子SP-午前9:15開始

2007年03月03日 01:21

 で、現在、現地時間で午後5時を過ぎたとこ。
 開始からそろそろ8時間経とうとしています(笑)


 全部で10グループですから、その間製氷は4回入るわけですよね。
 シニアのほうの世界選手権の女子SPは、午前中に前半が。お昼のダンスFDを挟んで、有力どころが出てくる後半は夜行われるとのこと。これ、どっちのほうが良いんだろう・・・。ジャッジの方々にしてみたら、間に数時間休憩をとれるのは良いことかもしれないけれど、あくまでも休憩であって、その日の夜の大仕事のことを考えたら、完璧にリラックスも出来ないでしょうし。相対的な旧採点方法であったら、東京で実施される女子SPのスケジュールは実現ならなかったかもしれません。


 ・・・にしてもさ。
 50名を超える選手数を「6.0」方式で採点したら、どうなっちゃってただろう(-_-;;)


 現在最終グループの競技が行われています。
 グループ9まで終わって、アメリカのキャロライン・ジャンが首位に。
 昨日のエントリーで書いたミライ・ナガスは2位と、アメリカ勢が好調です。
 この2人とも、PBを更新したようですしね。ほぼ完璧なSPだったようです。
 水津選手が現在3位につけていますが、3T+3Tが入ったとのこと。
 彼女もPB更新ですね。


http://www.isufs.org/results/wjc2007/SEG002.HTM


 ロシア代表のアリナ・マルティノワが大自爆したようで、個人的にものすごく残念。
 彼女の滑り、すごく好きなんですよ。気の強そうなところも魅力的。
 今日はルッツ+トウループの3+2で両足になり、3フリップでコケ、アクセルはシングルに・・・と散々な出来だったそう。彼女、転んで起き上がるときに氷を叩く(叩いてるように見える)癖があると思うんですが、今日は叩くだけに留まらず、氷を蹴るくらいだったかもしれません(^^;


Arina MARTINOVA


 さ。最終グループ。
 日本からは昨年4位の武田選手が登場します。
 頑張って!



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。