スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダル確定!

2008年08月20日 11:16

 アテネほどじゃないにしても、金銀銅の数が毎日のように増えていっている日本とは違い、自分が今住んでいる国の五輪メダル事情は厳しいものがあります。国土は北海道と同じくらいとはいえ、人口は約400万人ほど(北海道はどのくらい?600万人くらい?)。

 なんだけど・・・。

 実は本日、ここから北京に行った選手のメダル獲得が確定しました。
 ボクシングの選手なんだけど、お昼頃に「メダルが決まったんだってー」と知らされたわけ。
 で、その数時間後には、別のボクサーもメダルが決まったとのこと。すげーすげー。

fighting_irish.jpg


 前回のアテネは、メダルなしに終わったここ妖精の国。
 なので、今回のボクサーのメダルは2000年シドニー五輪(陸上女子5000mの銀)以来。

 でもね、アテネ最終日に金メダルを獲ったんです。乗馬で。
 表彰式で国歌も流れたし、森進一に似てる騎手は号泣だし。
 凱旋帰国の際にもパレードあったはずですよ、どっかで。

 けど、それは一時的なものになっちゃいました。
 その数日後に違反が発覚したのです。
 当然記録取り消し。メダル剥奪。大スキャンダル。
 というのは、禁止薬物の使用が見つかったのです。

 「騎手から」じゃなくて馬から・・・。

 なんでも馬から精神安定剤のような物質が検出されたんだそうです。
 笑えない話のはずなのに、笑ったなー。かなり。
 お客さんがいっぱいいる前で上手に柵(って言うの?)を越えていかなければいけないわけで、馬だってビビっちゃうんでしょうね。
 だからといって、馬に精神安定剤って・・・(泣笑)

 北京五輪も後半。
 陸上競技で毎日ハラハラドキドキです。
 女子400mでお隣の国の選手が金を獲って大騒ぎしたり、女子100MHのロロ・ジョーンズの9台目の失敗に一緒に泣いたり、とテレビの前に居るだけで体力消耗してます。
 それでも大会前半のスケジュールと比べると、睡眠リズムは修正されつつあるかな、と。
 時差つきの観戦ってスケートで慣れてるつもりでいたけれど、現地の朝から夜までってのはさすがにキツイです。競泳の決勝が現地の午前ってのは、こっちでは真夜中2時・3時とかだったわけで、先週はフラフラでしたよ。
 しかも見たいのは競泳だけじゃなくて体操もあったし、他にも色々と。

 けど今週は、花形のイベントは現地の夕方から夜なわけで、時間が調整しやすくなったのが嬉しいです。

 体操のリューキン、綺麗でしたねー。
 娘リューキンの存在を知ったのは実は去年だったんだけど、名前を聞いたときにすぐ思いました。
 「ひょっとして、パパはソウル五輪でメダル獲った人とか?」って。
 北京の女子個人総合。
 ナスチャ・リューキンの傍にパパ・リューキンの姿が。
 そんなに老けた感じはしなかったなぁ。
 バルセロナで優勝したビタリー・シェルボは随分と横に成長しちゃったみたいで、それはそれは驚いたものだけど、ナスチャ父は、あんまり変わった感じがしませんでした。
 ソウル五輪で活躍してた選手たちって、今何してるんだろう。
 バサロで金を獲った鈴木大地さんとか。
 体操の清風高校の西川&池谷コンビも居ました。

 あの頃自分、すごく新体操が好きでした。
 ブルガリア代表で優勝候補だったビアンカ・パノバが好きだったんです。
 けれど予選で大きなミスを出して、メダルを逃しちゃってね。
 クラブの演技だったんだけど、使ったのはショパンの「別れの曲」
 去年浅田真央選手がエキシビションに使ったのもこの曲でした。
 この曲の一番ドラマティックな部分に、「クラブを2本後方に高く投げ、後転して背中を反らせてキャッチ」っていう難しい技を入れたわけだけど、痛恨のミス。
 あれからもう20年経つわけだけど、この曲を聴くと、パノバを思い出します。
 ソウルには出られなかったけれど、ソビエトのタチアナ・ドルチニーナも好きでした。
 彼女は今、川口悠子さんチームの指導に携わってますね。
 振付師としてもそのセンスの良さで定評がある方。
 競技を引退した後、指導者として活躍する姿が見られるのって嬉しいです。

 昔話って一旦始めると止めるの難しいので、このへんで。
スポンサーサイト


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。