スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3アクセル+2トウ

2008年11月28日 11:00

 Yahooからリンクされていたスポニチの記事。

真央が跳ぶ 世界初の難度Aジャンプ
11月28日7時1分配信 スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000042-spn-spo

 フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯は28日から3日間、東京・国立代々木競技場で開催される。27日は公式練習が行われ、浅田真央(18=中京大中京高)らが最終調整。フランス杯で得意のジャンプが不調だった浅田だが、フリーで女子初となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―2回転トーループのコンビネーションを跳ぶと宣言。GPファイナル(12月12~14日、韓国・高陽)進出へ意気込みを見せた。

 前日練習からジャンプに対する意気込みが伝わってきた。浅田は6種類すべてのジャンプを繰り返し跳んで、繊細な感覚を確認。午前と午後の2度の公式練習で跳んだ回数は普段の2倍近い計46回に及んだ。GPファイナル進出が懸かる大会を前に、ジャンプの練習に時間を割いた。

(中略)

 今季は、フリーで単発とコンビネーション、計2度のトリプルアクセルに挑む準備をしてきた。この日の練習では3回転半―2回転トーループの連続ジャンプ1回と単発3回を成功。「そういう方向で、できたらいい」。最終的には直前練習の状態で決めるが、この大会で挑む方針だ。

 トリプルアクセルを2度跳ぶのも、トリプルアクセルからのコンビネーションもともに、成功すれば国際大会初の快挙になる。そして何より、失いかけた自信を取り戻すことができる。2位以上なら出場が決まるGPファイナル。それよりも、自信を失いかけている浅田が復活できるかが、この大会の大きなテーマだ。

(以下略)



 上の赤字で書いたとこだけど、ホントにそうなの?
 トリプルアクセルからのコンビネーションを成功させたのって、伊藤みどりさんが最初なんだと思ってた。
 アルベールビル五輪のシーズンの演技を思い出すけれど、アメリカのトニア・ハーディングも3アクセルのコンビネーションを試合で降りてたっけ。



 ↑の動画は1991年11月のラリック杯(フランス)のもの。
 フリー直前6分間練習のときに跳んだ3アクセル+3トウループ。
 本番では3+2になっちゃったけど。



 ↑が本番の演技。
 ミスは少しあったけど、鬼のようなジャンプ構成。

 この試合の一ヶ月後のNHK杯(広島)ではSP(OP)でも3アクセル+2トウを決めたんだったね。
 五輪本番での演技より構成変える前の「ジェラシー」のほうが好きだったんだけどな。

-----

 さてさて、いよいよNHK杯ですね。
 浅田選手がボンパール杯からどれだけ精神的に復調してきてるか、楽しみにしています。
 プログラムがどうのこうの、ジャンプの確実性がどうの、とネガティブな見方もあるけれど、流されず、強気に滑って欲しいなと思います。
 観戦に行かれる方もぜひ楽しんできてくださいね。
スポンサーサイト

E・ボンパール杯、明日開幕

2007年11月16日 01:31

 フランスのストライキ、日本でも大きく報道されているみたいですね。
 出発前にも実家の母から「大丈夫なの?」と心配されましたが、思ったほどの混乱はありませんでした。
 シャルルドゴール空港から都心部へは大体電車を使うことが多かったんですが、今回は久しぶりにバス。電車が動いていないということで道路の渋滞も覚悟していましたが、思ったほどでもありませんでした。午前10時に空港に着いて、会場のベルシーに着いたのは正午を少し回った頃。朝早かったことで疲れてはいますが、疲労困憊とまでいかなかったのは幸いでした。


 午後1時からの練習を見てきましたが、注目の浅田真央選手はなかなか好調なようでした。


浅田真央


 今日は明日のSPの滑走順ではなく、国ごとに分かれての練習でしたが、どの選手もFSの曲をかけての練習でした。ハンガリーとウズベキスタンの選手は欠席しましたが、どの選手も45分間を有意義に使って調整していました。


 カナダ大会での真央選手は、FSではトリプルアクセルには挑みませんでしたが、今回は入れてくるんじゃないかと思います。ランスルー後の練習でトリプルアクセルを7-8回跳び、かなりの確率できれいに着氷出来ていたと思います。フリップとループの3+3もしっかり降りていましたし、ジャンプに不安な要素はほとんど見当たらなかったと思います。


 真央選手と優勝を争うのでは、と予想されているキミー・マイスナーは、ルッツとフリップに若干安定感を欠いていました。フリップとトウループの3+3の着氷が乱れていたことと、その後に予定している3ルッツでの転倒も2-3度見られました。まずは明日のSPをどうまとめるのか注目です。


 サラ・マイアーも好調なようです。かなり練習してきたのがその絞られた姿からわかります。
ジャンプ以上にスピン、ステップの充実ぶりが目を引きました。明日のSPもそうですが、土曜日のFSがとても楽しみです。


 今日、ブライアン・ジュベールの欠場が発表されました。
 これでファイナル進出はダメになったわけですが、まずは早く健康を取り戻して欲しいところです。深刻な病気でなければいいのだけど。


 明日は午後2時から試合が始まります(非公開のダンスCDから)。そして全ての競技が終わるのは10時20分くらい・・・かな。今季からペアとダンスのエントリー数が変わって、グループも2つだけになったので、終わる時間も少し早まりそうです。



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。