FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタビスキーも飲酒運転

2007年08月06日 22:43

 ・・・それだけじゃなく事故。
 その事故で死傷者まで出てしまうとは・・・。


Maxim Staviiski (& Albena Denkova) アイスダンスの世界チャンピオン(2006-07年と2連覇)、デンコワ&スタビスキー組(ブルガリア)の男性マキシム・スタビスキーが5日(日曜)夜、黒海の街SozopolとTsarevoを結ぶ道路を運転中、ハンドル操作を誤って反対車線に飛び出し対向車に衝突。この事故で対向車を運転していた24歳の男性が死亡し、同乗の女性は意識不明の重体。この衝突事故に巻き込まれ(と言うんでしょうか!?)た他2人も重傷を負ったとのこと。スタビスキーの血中アルコール度数は、リミットの0.5 promileをオーバーする1.2 promileだったようです。


>> ブルガリアのニュース配信社(novite)の記事へ


 ◇◇◇◇◇


 このブログのひとつ前のエントリーは、「織田信成選手が酒気帯びでミニバイクを運転したことに対する日本スケート連盟からの処分について」でした。織田選手の事件は7月末のこと。そして今度は世界チャンピオンが飲酒運転し、しかも死傷者を出す大事故を起こすとあって、ビックリを通り越してショックです。ホント・・・。


 そして、リンク上ではもちろん、オフアイスのパートナーでもあるアルベナ・デンコワが心配というか、加害者(容疑者)と関係のある人間へ向けることばじゃないのかもしれないけれど、それでも、気の毒で、可哀想で、本当に残念です。まだアマチュアに残るかプロ転向するか完全に決めていなかった状態だったと思いますが、パートナーがこれだけ大きな事故を起こしてしまっては、今後、滑ることさえ許されない状況に追い込まれるのかもしれません。


 そしてスケーターとしてのキャリアを心配する前に、一社会人としての責任が問われます。もしスタビスキーが有罪とジャッジされれば、禁固10年の刑が言い渡される可能性がある、とのこと。有名人ということでの情状酌量は・・・。そうあってはいけないと思うけれど、「ところ変れば・・・」とよく言いますから、その余地はひょっとしたら残されていたりするんでしょうか。どちらにせよ、報じられていることが事実であれば、スタビスキーの行為が原因で人がひとり死んだわけです。皮肉なのはスタビスキーがアンチ飲酒運転を訴えていたということ。デンコワと一緒にこんなキャンペーンに参加していたようです。


If you're drunk - get off the car, I want to get there alive
(酔ったら乗るな-私はまだ死にたくない)


 酔って運転した結果、命がひとつ消えました。
 犠牲となった方のご冥福をお祈ります。


※写真は2007年1月欧州選手権にて

スポンサーサイト

リスキー・ホワイト

2007年01月23日 06:27

 ワルシャワからの便が遅れたせいで出発は定刻より40分遅れ。
 しかし気流の関係か、到着してみれば、定刻より10分早かったのでした。
 最近のヨーロッパは悪天候が続いています。僕が住むともも例外じゃなくて、強風でまともに歩けない日も結構多いんですよ。しかし、今日の僕らのフライトの時間はとってもマイルドな風。これもひとえに日頃の行いが良いからなのでしょう。


 ワルシャワには午後1時40分頃に到着。入国審査も荷物受け取りもすぐ済みタクシーでホテルへ。5年前のガイドブックはさすがに古かったようで、そこで書かれたタクシー料金の目安の倍以上かかりました。ぼったくり・・・とは思いませんよ。旅に出ると僕は、自分でも驚くくらい寛容な人間になれるのです。


 異常気象って世界中で起こっているようで、例年だと銀世界だというポーランドは、雪はなし。そして手袋なしで歩けるほど気温も氷点下にはなっていないはず。先ほど夕食を摂りに外に出て戻ってきたところなんですが、いい気分で食後の散歩を楽しめるくらいでした。


 さて、競技は明日(火曜日)からです。明日の午後2時過ぎにダンスCDが始まり、開会式を経て夜7時からペアSPが行われます。既に公式練習は3日ほど前から行われているようで、知り合いのファンの方々も早い人では先週末までにワルシャワに到着し、選手の仕上がり具合を熱心にチェックされています。この大会の良いところは、メインリンクと練習リンクが隣接していること。去年のリヨン大会は、メインとサブリンクは全く違うところに位置していたため、バスなどを使っての移動は面倒なものでした。しかし今年は練習リンクが隣接していることで、メイン会場で進行している競技中に興味のあるカテゴリーの練習が行われる場合、そちらを選択するのも容易だというメリットがあります。


 ホテル到着後会場へ向かい手続きを済ませた後まだ時間があったので、アイスダンスの公式練習を少し見学してきました。最後に見たグループが結構豪華なメンバーで、デンコワ&スタビスキー、イタリア2組、イギリス2組と、見ごたえのある練習でした。個人的にとても感心させられたのはイタリアのカッペリーニとラノッテの若手カップル。先輩のファイエラ&スカリが情熱的な演技を得意としているのに対して、若手の彼女たちは「何を滑らせても上手」という印象を持ちました。伸びやかさ、すごくいいですね。ヨロ選は初出場ですが、一気に上位に食い込むのではないかと期待しています。


 今日一番インパクトがあったのは、ブルガリア組の男性、マキシム・スタビスキー。


Albena DENKOVA / Maxim STAVISKI


 白い衣装(パンツ)はリスキーだよな、と思わされたワンショット。
 自分が撮影したわけじゃないよ、と責任逃れしつつ掲載します(笑)
 今季の彼ら、ODはすごく好きなんだけど、FDはちょっと・・・なんですよ。
 今日の練習ではドムニナ組も好調な動きを見せていました。
 同じ先生のもとでトレーニングしていたデンコワ組としては、負けられない試合ですね。



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。