スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミー・マイスナー、コーチを替えフロリダへ

2008年02月05日 10:46

 2006年の世界チャンピオンで、昨年東京での世界選でも4位に入賞したアメリカ女子のエース、キミー・マイスナーが、長年師事してきたパム・グレゴリー氏のもとを離れ、新たな環境で6週間後の世界選での表彰台を目指すことが明らかになりました。

キミー・マイスナー

※写真は2007年11月、E・ボンパール杯(パリ)のSPより

 2週間前にセントポールで行われた全米選手権では2連覇を狙うも、フリーで3回転倒するなど大きく乱れ7位に終わりました。表彰台にあがったメンバーのうち2人がシニアの選手権に出場するには年齢が足りないこと、そして過去の実績を評価され3月の世界選代表メンバーには選出されましたが、この全米を含めここ2試合はフリーでガタガタに崩れてしまう出来で、自信はかなり揺らいでいたのではないでしょうか。

 世界選のために決断。
 それは容易な決断ではなかった。
 失った自信を取り戻し、集中し直したい。
 そのためには何かを変えなければいけない。

 マイスナーは、ボルティモアサン紙、そしてUSFSサイトのニュースの中で、コーチ変更について上記のように語っています。

 ■ボルティモアサン紙の記事
 ■USFSサイトのニュース

 トリノでのグランプリファイナルは、会心の出来でスタンディングオベーションを発生させた浅田選手の直後の滑走もあってか、序盤の2つの大技で転倒するなど気の毒な出来で、浅田選手への拍手とは違った種類の拍手が自然と沸き起ったのを覚えています。グレゴリー氏とは強い信頼関係で結ばれていたようですから、悩んだことでしょうね。

 マイスナーを新しく指導することになったのは、1996年の世界王者トッド・エルドリッジや1998年長野五輪優勝のタラ・リピンスキーなどを育てたリチャード・キャラハン氏。デトロイトを拠点にしていた彼も最新の設備が整ったフロリダのリンクへ移り、マイスナーの指導にあたるとのこと。またキャラハン氏とは長い師弟関係にあるトッド・エルドリッジもマイスナーのサポートチームに加わるようです。

 驕ることのない謙虚な姿勢に好感を持っている選手のひとりなだけに、思い入れが生じてしまってダメですね(苦笑)。このスランプを乗り越えたら、もっともっと魅力的なスケーターになれるはず。3月に最高の笑顔でシーズンを終えられることを願います。
スポンサーサイト

女子SP

2007年11月17日 10:15

 ホントはもっと落ち着いて更新したかったんですが、このまま寝てしまうと朝ギリギリまで起きれずに、明日のFSまで更新出来なくなりそうだったので、ヨッパの頭をガムで覚醒させてキーを打っています。初日はダンスCDが始まったのが午後2時。その後男女シングル、ペアのSPが行われ、今日最後の種目ダンスODが終わったのが夜10時半でした。長い一日でした。明日のほうが時間的には長く感じるけれど、途中2時間弱の休憩が入るのでね。今日は製氷が入るだけで休みらしい休みはありませんでした。


 さて、女子SPでの写真を2枚添付します。
 浅田選手、そしてキミー・マイスナー選手です。


浅田真央


 2人とも朝の公式練習ではとても軽々とした動きだったのに、本番ではともにコンビネーションジャンプ、それも第二ジャンプの回転数が足りなくなるミスが出ました。浅田選手のフリップ+ループは6分間のウォームアップでも確実に決めていただけに残念でした。明日のFSでは、このコンビネーション、そしてトリプルアクセルを成功させて「さすが浅田!」と思われる演技を披露して欲しいです。


キミー・マイスナー


 澤田亜紀選手のSPでの成績にビックリしているファンの方も多いかと思います。

... 続きを読む!? >>

ダウングレード・フェスティバル-スケアメ女子FS

2007年10月29日 22:39

 グランプリシリーズ第1戦「スケートアメリカ」が終りました。
 2日目のペア、男子フリー、最終日のフリーダンス、女子FSについてはまだ書いていませんでしたが、日本勢は高橋大輔選手がFSでは2位だったもののSPの貯金を守りきって総合優勝。スケートアメリカは2回目の金メダル。アイスダンスは今季GSデビューのリード姉弟組が9位。最後の種目女子シングルは、前日のSPで2位と出遅れた安藤美姫選手がFSで1位を獲りましたが総合では一歩及ばず2位。昨年の優勝に続いて2年連続の金メダルとはなりませんでした。


 彼女のシニアのGSデビューは2004-05シーズンのスケアメ。その大会ではSPで1位だったもののFSで崩れて総合3位。去年は優勝、そして今年は2位・・・と、スケアメのメダルは金銀銅と全て揃っちゃったんですね。ある意味「良かったね」かもしれない・・・(笑)


 昨晩の女子FSですが、最終グループの選手はほとんど大きなミス(の連発)を出さなかったように思いましたが、プロトコルを見ると、あらまあ・・・。


 ダウングレードの嵐だったみたいですね。


 >> 女子FSのプロトコル(PDF)


 SPでは最も観客を沸かせたように見えた世界ジュニア優勝のキャロライン・ジャンは、SPでもFSでも果敢に3フリップ+3トウのコンビネーションに挑んできました。しかしSPでは最初のフリップがダブル判定。FSではフリップもトウループもダブルと判定され、本来9.50の基礎点があるこのコンビネーションがダウングレードの結果3.0の基礎点しか貰えませんでした。ジャンはこのコンビネーション以外にも3つのジャンプ要素でダウングレードになったほか、2つ入れた3ルッツが2つとも「正しいエッジで踏み切っていない」と判定され、GOEでも減点されるなど、今後ジャンプの改良に苦戦するような気がします。FSで1位をとった安藤選手も最初の3+2のコンビネーションがダブル・ダブル判定。2位のキミー・マイスナーも最初の3+3のセカンドジャンプがダウングレードされ、中盤の3ループもダブル判定になりました。


 昨晩はPCでリアルタイム観戦していました。PCの画面でも明らかにわかる回転不足もあれば、プロトコル発表後に気づくダウングレードの多発(判定の厳しさ)に少し驚きました。それだけ技の実施に正確さと質の高さが求められるんでしょうね。


 安藤美姫選手のカルメン。いいプログラムになるんじゃないか、と思いました。目線というか眼力にもっと強さを出せれば、彼女が今季の目標としている(らしい?!)セクシーさも自然に演じられるようになると思います。調子は良いように見えませんでしたが、その中でも大崩れすることなく4分間まもめたのは立派。次のNHK杯までまだ時間がありますから上手く調整して欲しいですね。


 優勝のキミー・マイスナーのFSは、前日のSP「The Feeling Begins」に比べると、まだ滑り込みが足りないように見えました。SPもFSもスケートファンの間ではお馴染の曲ということで、この曲を見事に滑った他選手と比較されるリスクはあるものの、前日のSPはすごく良く構成されていたと思います。初戦を勝ったことで初のファイナル進出が近づいてきました。次のフランス大会では真央選手と対決。今後が楽しみです。


 取り急ぎ女子のリヴューでした。
 男子、ダンス、ペアのリヴューは後ほどUp出来たら、と思います。

あなたならどうする?!

2007年01月14日 02:11

いしだあゆみ-あなたならどうする 昨日からずっと鳴り止まない脳内BGM。


 あなたなーら どうするぅー♪
 あなたなーら どうするぅー♪


 いしだあゆみの名曲「あなたならどうする」


 この後「泣くの歩くの死んじゃうの」と続くのですが、泣いたり歩いたりはしても、死ぬ予定は当分ないと思うので、有名なフレーズ部分のみリピートされてます。


 前置きはほどほどに・・・。
 「何故この音楽なのか」になるんですけどね。
 スケートブログを名乗るのですからもちろんスケート関係。
 再来週開幕する大きな選手権のことに繋がります。


 しかも、ふたつ。


 EU & USA

... 続きを読む!? >>

安藤美姫、スケートアメリカ初優勝

2006年10月29日 09:25

安藤美姫「リベンジは金メダルで・・・」

 そう心に秘めていたかどうかはわかりませんけどね。
 しかし、なんと鮮やかな復活劇だったんでしょう。
 まだ映像は見ていないんですが、彼女がFSで叩き出した点数、一言。

 ・・・すごい。

 TESで70点台って、I・スルツカヤしか超えてないんだそうですね。

 レポを読む限り、この日の安藤選手は完璧に近い内容。
 スパイラルで一瞬不安定な部分があったようですが、3+3を含めた高難度のジャンプを次々に着氷して、最後はスタンディングオベイションで祝福された、とのこと。演技を見るのが本当に楽しみです。

... 続きを読む!? >>


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。